話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ルームメイトが幽霊で、座敷童。

巫夏希

【第六話】 早朝の起床で問題発生

「……ん」

 あれ……もう寝てしまったのか。というか俺いつごろ寝てたんだ? というかいつの間にホテルに居るんだ? というか何故裸で寝てるし。
 最後の記憶というのも、祐希たちに勧められて酒を飲んだあたりで終わっていて……ちくしょう。頭痛がひどい。こりゃ二日酔いだな。

「う、うーん……」

 なんだ祐希も同じか。そりゃあれだけ飲めばなあ。体が火照ったのか裸になってるし……って。

「……えっ?」

 ……ちょっと待て。状況が整理出来ない。なんで俺の隣に裸になってる祐希がいるんだ?! まさかこの夜になんか一線超えたりしてねーよな?! しかも男同士!! 明らかに四つん這いして「ホモォ……」とか鳴く何かが襲いかかってくるぞ!!

「……むにゃ、どうしたんだうるさいなぁ」

 そう言って祐希はシーツで胸を抑えて起き上がる。なぜ胸を抑える。というか若干膨らんでるし。お前どういうやつ付けてるんだよ。

「……えっ、リト?」

 そうだよ、オレだよ。
 なんか俺の顔を見て顔が赤くなってるんだけど……? ナニヲシタインデス?

「……なんで俺の部屋で寝てるんだ?」

 祐希は慌てていたのか、シーツを落としてしまった。
 どうせ男だしシーツつける意味ねえよ。
 そう思っていた時期が俺にもあった。
 だが――シーツが落ちてあらわになった祐希の上半身には、確かに男のものではない膨らみがあった。
 それにどことなく……体つきが男じゃない。くびれたお腹は……まさか……。

「り、リト……」
「は、はい……? どうなさいましたか祐希サマ……?」
「リトのへんたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁい!!!!」
「理不尽っ!?」

 俺は(俺の部屋にいた)祐希にアッパーカットを喰らってしまった。
 だが、最後にこれだけは言わせてくれ……。
 カミサマ……いい胸をありがとう……。







「なんだ、お前ら喧嘩でもしたのか?」

 確実に何かを知ったような顔をした姉ちゃんを見て、俺は悟った。
 犯人はこいつだ、と。

「ルームメイトが幽霊で、座敷童。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く