話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ルームメイトが幽霊で、座敷童。

巫夏希

日本の食卓と井戸端会議(前編)


 その頃、日本では何があったかって?

「局長、あれでいいの?」

 私が巫女服カタログを読んでいるとみずきが何かを言ってきた。

「……何が?」
「何が、って……。一つしかないでしょ。ほぼ主力メンバー引き抜いて何考えてるの?」

 あぁそれか。何も言われなかったから特段言うことはないのかと思ったよ。

「……もうお昼ですか」
「話を聞きなさい」
「食事を食べながら歓談するのもなかなかに楽しいじゃないですか」
「内容は全然ハードだけどね」

 冗談が通用しないんだもんなぁ。
 とりあえず何を作ろうかな。

「また昨日の余りとかじゃないよね」
「カレーは一日寝かせた方が美味しいのです」
「いや、だってここの昼御飯週の半分がカレーライスだよ?」
「だったらライス定食でも食べれば? ごはんにおかずのごはん、味噌汁と思わせてごはん、漬物と思わせてごはん……」
「ごめんなさい許してください」

 あっという間にみずきはギブアップを宣言した。まぁ、前例があるからね、怖がる気持ちも解るんだな。

「……まぁそんなにカレーが嫌いなら少しアレンジするのもいいよね」

 そう言って私が取り出したのはパルメザンチーズ。これを盛り付けたカレーに振り掛けて焦げ目が付くまでオーブンレンジで加熱して……。

「カレーグラタン風の出来上がり」
「おおーっ」
「あれ、大沢さんはー?」
「なんだか香ばしい匂いがすると思ったら……」

 奥の階段から降りてきた、さては寝てたな? 目を眠たそうに擦ってるから確実だろうけど。

「仕事もねーから暇なんだよ」
「瀬谷姉弟が居なくなってから、なんか暇になりましたね」
「あの一家は代々トラブルメーカーなのか?」

 大沢さんそりゃ言い過ぎ。たしかにマリナさん来てから霊体による事件が三倍近くに膨れ上がったけど。
 そもそもここはちょっち問題がある人間しか来てないイメージがあるし、そう言ってるここにいる人間すべてが一般常識を普通に逸脱出来る人間ばかりってのは普遍な事実。
 要はここに来れば一般世界で“異端”な存在がこの世界では“普通”の存在になるということ。異端が埋もれてしまうほどこの世界の澱は深い。

「さて、食うか食うか」
「いただきま〜す!」

 ……ってなに人がモノローグに浸ってる間に食事しようと! もう二年もこんなだから慣れてるけどこれはひどいよ!

「美味いから仕方ない」
「言うと思った」

 大沢さんは困るとすぐ褒めるからね。嬉しいけど。

「……でさっきの話の続きだけどさ。どうして祐希も連れてったわけ? ぶっちゃけマリナだけで充分でしょ。あいつだって一応神憑きなんだし」


「ルームメイトが幽霊で、座敷童。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く