話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ルームメイトが幽霊で、座敷童。

巫夏希

巫女の憑物の除霊作業(後編)


 朝だったか夜だったかその時間は正確には解らなかった。姉ちゃんに叩き起こされた俺はまだ寝惚けていた。

「安崎さんが大変なんだよ! 急いで納屋に行くぞ!!」

 納屋は家の裏にある。納屋とはいっているが、今は只の物置に過ぎない。その言葉を聞いて俺は寒空に飛び出すためジャンパーを羽織り、外に出た。
 雪が降っていたのを覚えている。寒かったのはそのせいだろう。俺は空を見上げて……嫌な予感がした。

「大丈夫か? 納屋はもうすぐだ。寒いなら戻っていてもいいぞ?」

 それは嫌だった。安崎さんが心配だったからだ。ずっと俺たちを支えてくれた安崎さんに何が……。それを気にかけても、やっぱり安崎さんのあの姿を眺めたかった。見て、安心したかったんだ。
 納屋に着いた俺たちを待ち受けていたのは鉄の匂いだった。何故かは解らないが、それが血の匂いってのは直ぐに解った。近付いた。匂いはさらにきつくなる。納屋から……だ。
 胸の鼓動がどんどん大きくなっていくのが解った。不安からだが、この鼓動を……押さえ付けられるのは出来ないんじゃないかとも思えてきた。

「開けるよ……っ!!」

 扉を開けると更に生臭い匂いが鼻を刺激した。……たぶんこれは人の腐った匂いだろうか。

「安崎さん……?」

 納屋の奥には蠢く人影があった。姉ちゃんがまず声をかける。
 反応は、なかった。
 即ちそれは、既に神降ろしが行われたことを意味しており――。
 俺は二人目の大切な人を目の前で失った。


 ◇◇◇


「なにぼーっとしてんのよ!」

 碧さんのビンタで俺はようやく長い回想から復帰した。痛い。
 しかし、既に作戦は開始されていて……もうアルテミスの矢は発射まで僅かという刻。余裕すら生まれてしまうのも解るだろ?

「……ったく、ここまで振り回したんだからこれが終わったら神霊班のビルにゲームセンターの併設を注文するよ」
「ついにインベーダーゲームまで飽きたらず、そんなことまで?! もう碧さんオタクじゃねーか!!」
「残念ながらアニメはあんまり見てないのよ? 妖精さんとか心が交換されちゃったりとか決して逃げ出せないMMORPGとか?」
「案外見てるじゃねぇか!」
「でもまぁ、夏は嫌いかなぁ」
「もういいよ! ……ったく、とりあえずゲームセンターの用件はなし! 絶対通らねぇよ!」
「そうかしら? 案外笑い飛ばせるかもよ?」

 ――アルテミスの矢は、俺たちのそんな茶番を他所に発射準備を進めていた。



「ルームメイトが幽霊で、座敷童。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く