話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ルームメイトが幽霊で、座敷童。

巫夏希

巫女と兄貴の記憶違い(後編)

 たまに祐希はちくりとくることを言う。ほんとお前毒舌だな。それだけは昔から変わっちゃいねえ。お前がゴスロリコスチュームでもそれだけは変わらねえってことに、なんとなく嬉しくなった。

「……で、記憶違いってことですよね? それって別人とか考えられないんですか?」
「考えたこともあるけど、ほとんどの記憶が一致してるし。なにしろ整形したような跡も見当たらないんだよねえ」
「……不思議なこともあるんですね。もしかして双子とか?」
「可能性ないこと知ってて言ってる?」

 おいなんかちょっと班長さん怒ってるぞ、いいのか祐希。むしろそこまで仲がいいのか? ならそれはそれでいいんだが。

「……まあ、気になることはそれだけですし。何かが憑いてるとも思えませんしね。……夜の帳もすっかり落ちてしまいましたね」

 まじで、と思ってふと空を見ると本当に空が真っ暗だった。どうしよう。宿もとってないぞ。

「おい野宿か。野宿はやめろよ。野良幽霊がうろついてるからさ~」
「幽霊のくせに夜が怖いのか。そもそも野良幽霊ってなんだよ!! そっちの方が怖いわ!!」
「……別に、私の家で泊まることも大丈夫ですけど……?」

 へ?

「……いやなら別にここで雑魚寝でも構いませんけど……」
「いいです大丈夫ですマジ完璧っす!!」
「そ、そうですか? ……そう言ってもらえると嬉しいです……」

 なんだか班長さん顔を赤くしているんだが、こういうことをあまりしない人なのだろうか? と思っているとタイガノミコトってカミサマが俺に手招きした。なんだろうか。ひとまずなにか伝えたいことがあるんだろうと俺はそっちの方に向かって耳を当てた。

『……少年よ。今の巫女は、大体処女だ』
「おいタイガノミコト今なんつった!?」
『何も言ってませーん(少年今のはオフレコで頼むよ)』
「タイガノミコトが今の巫女は処女だって」
『おいこいつ無視しやがった?! 神の言葉無視しやがった!! ちくしょう、お前の家系代々女難にしてやるーっ!!』
「おいカミサマのくせに雑魚な復讐だな!!」

 ……まあ、そんなカミサマはほっておくとして。
 俺と祐希は泣いているカミサマを無視して、近くにあるという班長さんの家へと向かった。

「ルームメイトが幽霊で、座敷童。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く