話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ルームメイトが幽霊で、座敷童。

巫夏希

巫女の子孫は天涯孤独

 だけど、わたしはもう天涯孤独の身だったの。お兄ちゃんが二年前に行方不明になって……それから、ね。だから、わたしはどうでもよかった。だけどお兄ちゃんの知り合いの知り合いが出雲大社の巫女――mめぐみさんだったの。それで私は出雲大社へ居候することとなった。巫女さんとしての修行を積むために。
 その間、めぐみさんはわたしに頻りに話をしてくれた。とても優しい人だったよ。でもね、ひとつだけ険しい顔をしたのさ。
 タカノオノミコト。聞いたことは……ないだろうな。史上最悪のカミサマと呼ばれているよ。それはな……何千何万ものカミサマが七日七晩かけてようやく封印したってくらいのものなんだが、彼女にはそれが封印されていた。二年前の神迎祭でも、破壊はされずそのまま封印されることとなった。まあ、カミサマを破壊出来るんならどっかのカルト宗教がばんばんやってそうなものだけど。
 ……話を戻すと、彼女はそのカミサマが暴走、霊力の放出によって死んだ。悲惨なものだ。なんてったって、血が出ないからいつ死ぬかもわからん。止める方法は一般人には知られていないし、だから血が出てないのに急に苦しみ出して死にそうな顔してるのに、助けることすらできない悪循環に陥ることだって多々ある。

「……もしかして、班長さんは見たんですか。その……瞬間を」
「祐希、確かにわたしはその場を目撃した。……とあるカミサマを封印するときのことだ。わたしが……ほんの少しだけ油断した隙に、だ。
 辛かったよ。人というのは、こんなにあっけなく死んでいくものなのか、ってね。」

 どういうことかと言えば。
 まず、倒れた。彼女はわかってたみたいで私に手で近寄るなと言った。しかしそういうわけにもいかない。私はタイガノミコトから言われていたからな。もし何かあったらめぐみさんを守れ、と。
 だから私は走ってそこへ向かったよ。でももう彼女の体は霊体に包まれ、触ることすらできなかったんだ。
 触ることもできず――消えていったんだ。
 そうさ。カミサマの暴走などの霊体による精神の移動・死亡となると、その肉体は消えてなくなってしまう。その消えた肉体は冥界と呼ばれる場所で保管される。魂……精神が帰ってくるまでな。

「ルームメイトが幽霊で、座敷童。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く