話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ルームメイトが幽霊で、座敷童。

巫夏希

神憑きと勢力の比例関係(後編)


「……おい、大丈夫か」
「え、えーと……あれ?」

 そこに広がっていた光景は、呆気ないものだった。何もないのだ。ヒギツネノミコトも、神治ってやつも、俺の隣にいたみずきさんも……。
 そして、場所も違っていた。今までいたのは、森の奥の小さな広場だと思ったのに、今居るのは救護室だ。……これはいったいどういうことなんだ?

「いやぁ、全く驚いたよ。あの口論のあと、急にリトが倒れちゃって、熱中症か何かかと思って救急手当てをしてるうちに、ヒギツネノミコトが封印されてるんだもん」

 祐希から言われた言葉に俺は完全に言葉を失った。……つまり、あれは、夢?

「……そーいえば、姉ちゃん」
「副班長と呼べ」

 ベッドの隣に恥ずかしげに(こんなことをあんまりしないからだと思う)ちょこんと立っていた姉ちゃんに尋ねると、そう答えられたが、構わず俺は話を進める。

「出雲大社に行きたいんだけど」
「……、それはなぜだ?」

 明らかに姉ちゃんの目の色が変わった。さらに俺は続ける。

「古屋さんって人に来いって」
「……班長がお前に?」

 その言葉に迷わず俺は頷いた。その内容に驚いていたのは姉ちゃんだけではなかったようだった。

「……班長が能力を使って、封印したんなら全てが巧くいく! なるほど、班長が来てくれたんだ!」
「待て、祐希」

 楽しくなりすぎた(?)のか、前へ前へしゃしゃり出る祐希を姉ちゃんが制止した。

「……仮にヒギツネノミコトを封印したのが“彼女”だとしよう。……だが、よく解らんのはこっからだ。何故彼女はお前を出雲大社に呼び寄せる必要がある?」
「そんなこと、俺が知るわけないじゃん」
「…………ま、そうだよな」
「え?」
「それに班長命令だ。私が止める訳にも行かないしな。行ってこい、リト。班長が何を言いたいのか……私にも解らないが、それでも行く価値は十分にある。何を伝えたいか、ちゃんと聞いてこい」
「……解った」

 俺は姉ちゃんの言葉にしっかりと頷いた。
 起き上がり、ふと窓を見ると――しとしとと雨が降っていた。


第二話


「ルームメイトが幽霊で、座敷童。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く