話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ルームメイトが幽霊で、座敷童。

巫夏希

祐希の過去の独白談義

 祐希という人間について少し語らねばならないだろう。
 俺が小さいとき、あいつはいつも俺に付いていたらしい。
 なんというか、昔は物静かな男だった。だが、その端正な顔立ちと艶のある黒髪はどことなく女性より女性らしかった(というと全国の女性からフルボッコされそうだ)。

「……なあ、祐希」
「どうした、リト?」

 俺は一度祐希に尋ねたことがある。どうしてそんな感じなのか、と。

「まあ、語ることもないと思ったんだけど?」
「俺が気になるんだ、教えてくれ」
「……仕方ないね」

 祐希はそう言うと読んでいた文庫本に栞を挟み、閉じた。

「僕はカミツキなんだよ」
「カミツキ? なんだそれは?」
「まだリトは十五歳の誕生日を迎えていないんだっけ。そうだね、三月生まれだから中学を卒業するかしないかあたりかな? まあ、いいや。僕みたいにカミツキの家系にいる人間は十五歳になって、カミツキの儀式を受けなきゃいけないんだ」
「……儀式?」
「儀式ったって、そんな大変なもんじゃないさ。代々仕えていたカミと盟約を刻む……ただそれだけ。だけどね、それにはちょっと弊害があるんだ」
「弊害?」
「カミツキ以外の人間と長く触れ合ってはいけない」

 俺は、その言葉が理解できなかった。
 だからこそ、あの時の祐希は俺を鼻で笑った。

「……まだ君にはわからないよ。たぶん、なってからじゃないと。……カミツキはカミが憑くから、向こうの世界と関わる。向こうの世界と関わった人間がこっちの世界に住む人間と長く触れ合うと干渉を起こしてこっちの世界にいる人間が向こうの世界に引っ張られてしまうんだ」
「……どういうことだ?」

 俺の頭脳はお前の話がわかるほど良くねえ、と付け足して俺は訊ねた。
 祐希は軽く息を吐いて、呟く。

「ちょっと難しかったかもしれないね。それは詫びるよ。だけどね、それは守らなくちゃいけないことだ。だから、僕は中学を卒業したらこの街から消えるつもりだ。みんなを……あっちの世界へは行かせたくないからね」

 それは、祐希の精一杯の思いやり。
 そして、それを理解できないクラスメイト。
 だから、祐希は頑なに人との関わりを拒んできた、というのか。

「……なら、俺もカミツキなのか?」
「うん、言ったじゃないか。……あっ、でもね、カミツキの儀式が成功したら、の話だよ? カミツキの儀式が失敗したら、それは意味がないからね。人と関わっても、そもそも向こうの世界と関わっていないんだから。それでも、向こうの世界に関わる何かが憑くことはあるかもしれないね。……例えば、幽霊、とか?」

 俺はまだそのとき、祐希の台詞を理解していなかった。
 だが、中学を卒業すると同時に祐希はこの街を離れた。そして、俺は祐希の言葉が本当だったと悟った。

「ルームメイトが幽霊で、座敷童。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く