話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ルームメイトが幽霊で、座敷童。

巫夏希

猫神と箱庭と悪戯心

「……もしかしてカミサマが悪戯でもしてるのかも?」

 碧さん何言ってるんですか、もしかして俺カミサマに喧嘩売らないといけないわけ?
 というか、なんでカミサマに発展しちゃうの? そーいう系のお店だけどね、確かに。

「……えっ、カミサマが?」

 彼女は本気で信じていた。いや、嘘をついている訳じゃないんだけどね? そう反応されると可愛いから、ただ言ってるだけだよ。

「そうそ、さっ、行ってみようじゃん」
「お前さっき行く気ないって……」
「ここはオカルトとコンピューターが共存している世界。悪魔みたいなのが来てもおかしくないじゃん?」
「それメガテンか?」
「さっきやってたもんだし」
「え?」
「これこれ」

 そう言って碧さんが俺のスマフォを差し出した。そこにあったのは、スマフォの画面に出された、あの画面。たしかにメガテンですね、はい。

「かっこいいっしょ~」
「そーっすね……ってまった! それ有料じゃなかった?! 勝手にDLダウンロードしてんの?! 払うの俺なんだけど!!」
「あ、あのー?」

 あ、依頼主ほったらかしてた。ごめんごめん。
 ……なので、碧さんと俺と彼女は歩いてその場所へ向かうことにした。





 高台にある彼女の家はなんでも築百数年だという。木造と漆喰が目に映るのもそれが原因だろうか?

「うっひょー懐かしい~!」
「なんだ、おまえに帰巣本能が芽生えたか」
「今の巣はあんたの家よ?」
「お前生前の記憶踏みにじってる? 踏みにじってるよね? ねえ?」

 ……とはたから見れば独り言をつぶやいているちょっと頭のおかしい人になっちゃうので、さっさと家の中に入ることにしよう。そうしよう。

「ルームメイトが幽霊で、座敷童。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く