話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ルームメイトが幽霊で、座敷童。

巫夏希

夏休みと幽霊と天岩戸

「……わかりました。それでは、なんか手掛かりってのはありますか?」
「違うのよ」
「はい?」
「場所は解ってるの。問題は……どう連れてくるか、なの」

 ちょっと待ってくれ。この女の子、何かに取り付かれてでもいるのか? 何を言ってるのかさっぱりわからないんだが。

「あー、天岩戸あまのいわと伝説ねえ」
「天岩戸?」

 俺は碧さんがなんだかつぶやいていたので、尋ねてみた。

「そうそう。須佐之男尊スサノオノミコトとか天照大神あまてらすおおみかみとかが出てくる神話のことよ。……簡単に言っちゃえば引きこもりが世界を変えたのよね」
「端折りすぎじゃないのかそれは?!」
「あ、あのー……さっきからどなたと話してらっしゃるんですか……?」
「あー、そっか」

 おれは女の子の言葉でようやく現実へと引きずり戻された。たしかにそうだ。この子は知らないんだ。
 ってなわけで、種明かしが必要だったりするのだ。

「ちょっと手をだしてみて」
「はい?」

 俺に言われて素直に差し出した手に、碧さんは悪戯をする子供のような笑顔(実際それから似たような行為をするのだが)で触れた。
 その直後だった。

「……なんですか、何もないじゃないですか……ってあわわ! 目の前に和服を着たグラマラスなお方が?!」
「はいはーい! こんちは!」

 すげえ気分たけえな。久しぶりに俺以外の人と話せたからだろうか? にしてもなんだかすげえ笑顔だな。よっぽど彼女の驚きっぷりが気に入ったのか。逃げなくていい。むしろ俺の被害が少なくなって助かる。

「……あの、その、この人は?! まさかルームメイト、彼女?!」
「そーよー」
「胸を当てるんじゃありません。違うよ。よーく足元を見てみなよ」

 そう言われて彼女は足元を見て――言葉を失った。

「え……足がない……!?」
「これでわかったろう。彼女のこと」

 そして、彼女は小さく頷いた。

「ルームメイトが幽霊で、座敷童。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く