話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

他称改造人間になった俺

チョーカー

エピローグ3

 どうやら、俺は遺伝子ドーピングというものを受けたらしい。
 しばらく説明されたが、よく理解できていない。
 当たり前だ。説明する側が理解してないのだから・・・。
 「と言うわけだ。なにか質問はあるか?」
 そういう彼女の声が虚しい。
 いや、もしかしたら、これが彼女のやり方なのかもしれない。彼女のペースに惑わされ、俺は最大の疑問点を後回しにしてるではないか。本来なら最初に聞くべき質問を彼女にぶつけることにした。
 「俺を拐った目的というか、改造した理由というか、なんで記憶がないってわかったって・・・」
 いかん。声にしてみて始めて気づいた。 俺は完全に現状が把握できてないじゃないか。
 「いや、拐ったって私等じゃないぞ。むしろ救出わけでだ」
 ん?え?そうなのか? 確かに拐われたわりに全裸なだけで拘束されてるわけではないが。 
 「まぁ、話せば長くなるし、とりあえず自己紹介しておこうか」とそういうと彼女は身を正した。
 「私の名前は柳沢みゆき。よろしく」
 そう言うと彼女は右腕を差し出した。 その行為が握手だと気がつくまで少し間ができた。
 彼女の右腕を握り、こちらも自己紹介を返そうとして気がついた。
 俺の名前はなんだろう?
 彼女もそれに気がついたのか。「じゃ、私が名前をつけてやろうか?」と妙に軽い口調だった。
 あぁ、当たり前だが、名前があるのが当たり前だったからなぁ。 名前がなくなって名前の便利さが始めてわかった気がする。
 「頼むよ。適当に普通の呼び名でも考えてくれ」こういうのは女性のほうがセンスがありそうなイメージ。
 「名無しの権兵衛だからゴンちゃんとかどう?」
 「却下」
 マジか。初対面の男性にキツネみたいな名前を付けるセンスなのか。この柳沢さんは!?
 「せめて人間らしい名前で頼む」と哀願してみる。
 「人間らしさか。哲学だね・・・。じゃ、哲学と書いて『てつまなぶ』ってのはどう?」
 「学だけ採用でお願いします」
 まだ、名前らしさはある。
 「じゃ、学さん。コンゴトモ夜露死苦!」
 ヘラヘラニヤニヤとした彼女の表情から悪意を感じることはある。でも、悪い人ではないのだろう。
 「さて、詳しい現状を説明するには、まだ時間が必要みたいだ。また明日にして、休みなよ」
 彼女は腰を上げた。
 「そうそう。この部屋は防音だからいろいろ気にしなくてもいいよ」
 そう言い残し、部屋を後にしていった。
 なるほど・・・。 なるほど、なるほど。
 一人になって始めて、俺は、彼女がフランクな口調だったのか理解できた。
 俺は、知らず知らずの内に気を張っていたようだ。
 現実逃避だなんだと言った所で、記憶喪失で、改造人間で、見知らぬ場所で、見知らぬ人といる。
 そんな状況で平常心なんて本当は維持できてるわけもなく・・・
 きっと彼女は、それを察していて・・・
 「結局は、俺の聞きたかった事、はぐらかして出てっちゃたなぁ」
 そう言うと、俺は小さく笑った。 小さく笑って、嗚咽を漏らした。
 

「他称改造人間になった俺」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く