話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

白と蒼の炎

そして、穏かな日常

 見慣れた自分の部屋。
 時計は朝の五時になろうとしていた。
 もう朝日は昇りつつあり、カーテン越しに明るくなっているのが分かる。
 ルカはベッドの上で寝返りを打った。寝ていたはずなのに、とてつもない倦怠感が身体を包んでいる。
 指すらも動かすのが億劫なほど、疲弊していた。
「私…なんで、泣いているの?」
 自分の顔に触れて、涙の跡を確認したルカは困惑した。
 怖い夢でも見ていたのだろうか?それにしても何も覚えていない。懸命に思い出そうとするが、それはするりとルカから逃げる。
 恐怖と怒りと悲しみと、そんな感情がうっすらと思い出せる、でも肝心なことは何一つ出てこない。
 寝転んだまま大きく伸びをしたルカはゆっくりと起き上がった。
 大きな鏡に自分が映る。寝癖のついた栗色の髪がピョンとはねている。手ぐしでさっと整えると癖のない髪はすぐに綺麗になった。
 ルカはしばらく自分の姿を眺める。
 私って、こんなんだったっけ?
 でもなぜそんな風に思ったかは分からない。どこからどう見ても、咲谷ルカの姿なのに。
「なんか、眠くなくなったなぁ」
 窓を開けて外に出る。夏の太陽がもう既に気温を上げようとしていた。
 ベランダでぼんやり空を見上げていると、向かい側の窓が開いた。
「あ…」
 ルカと織は同時に小さく声を上げ見つめ合った。
「…おはよう。織も起きたの?早いね」
「お前こそ。夏休みなのにこんな時間に起きてるなんか珍しいな」
 二人は互いのベランダの手すりにもたれかかり顔を見合わせた。
「なんとなく、目が覚めっちゃった」
「…オレも」
「織も?」
「うん。なんか夢見てたような気がするけどな」
 眼鏡のレンズ越しの織の目がふと細められる。その顔が誰かに似ていた。
 そう思った時、ルカは大粒の涙をこぼした。
「ルカ?」
 突然泣き出した幼馴染に、織は珍しいほど驚いた顔になり言葉に詰まる。
 そんな織の前でルカは子供のように声を上げて泣いた。
 なぜ涙が出たのかはルカ自身分からない、ただどうしようもなく悲しかった。どこか自分の身を削られてしまったような感じがした。
 後から後から涙は溢れる、そしてルカはぼんやり考えた。
 夢の中でも泣いていたような気がすると。誰かのために泣いたような…。
 涙も拭わず泣き続けるルカを、温かいものが包んだ。
 驚いて見上げると、そこには織がいた。
 自分のベランダから、飛び越えてきた織がルカを抱きしめていのだ。
「泣くな」
 苦しそうに大きくため息をついた織の顔は泣きそうだった。
「お前がなんで泣いてるのか知らないけど、…オレも今日は泣きたい気分なんだ。だから、お前が泣いたらオレも泣きたくなるじゃん」
 織の声が震えてる。明らかな涙声の織は、ルカから顔を背けるようにして小声でそう言った。
「織も?なんで…」
「そんなこと知るか…幼馴染だからじゃねぇの?」
 ルカの髪に頬を埋め織は呟いた。
 そっけなく言った織の言葉とは裏腹に抱きしめる腕は、すがり付いてくるようなもろさも感じられて、ルカはますます泣いた。
 朝の光はいつもと同じだ。織の身体越しに見える家も道路も見慣れたものだ。
 でも、何かが足りない。
 とても大切な何かが。
 それが、たまらなく悲しかった。







「おい早くしろよ」
 待たされてイライラしている織の声が玄関から聞こえる。
「お待たせー。ほら、早く行こ」
「早くって…お前なぁ」
 文句を言おうとした織の横を、クツを履いたルカはさっさとすり抜ける。
 今日から新学期が始まる。
 そんな日でもルカはしっかりと寝坊をして織を待たせた。
 それに対して悪びれる様子もなく、待たせていた織に笑う。
「遅刻するよ!」
「お前が言うな!!」 
 織の声があたりに響く。織に追いかけられるようにしてルカは走り出した。
「オレに敵うと思うなよ」
 にやっと笑った織は本気で走り出した。陸上部の織にルカが勝てるはずもなく、あっさりと追い抜かされてしまう。
「織ずるいっ!」
 ルカは風に翻るスカートも気にせず織を追いかけた。
 その時、誰かがクスッと笑った気がしてルカは立ち止まる。
 振り返るが、そこには誰もいない。でも、確かに誰かが笑ったのを聞いた。
 それは懐かしく感じるものでルカの心を揺さぶった。ふと感情がこみ上げてきそうで目元が熱くなる。
 まだまだ夏を含んだ風がルカの髪を撫でて通り過ぎていく。時間が止まったかのようにルカはそこに立ち尽くした。
「おい、ルカ?」
 先に行っていた織が戻ってきてルカの顔を覗き込んだ。
 我に返ったルカは目を潤ませながら織に笑いかけて「なんでもない」と告げた。
「朝からぼんやりし過ぎだ。って、さっき起きたところだから仕方ないか」
 意地悪な笑顔を浮かべ織はルカを見下ろした。
「織の意地悪も朝から好調みたいだね」
 ぷっと頬を膨らませたルカに織は思わず噴き出した。そして、ルカの手を握って走り出す。
「ちょっ!織!」
「オレは皆勤かかってるから遅刻するわけには行かないんだよ。思い切り走れ!」
 どう見ても引きずられているルカは、せめてコケまいと思って必死で織について行った。
 成長してからこんな風に手を繋ぐのことはなかったかもしれない。そう考えるとどうしても顔が赤くなる。
 そんなルカに、また声が聞こえた。



 気をつけて行っておいでと。



                                    終

「白と蒼の炎」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く