話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

白と蒼の炎

それぞれの思い

「もう良い」
 空から降り注ぐような銀の声が辺りに響いた。
 すると、鬼たちの動きがピタリと止まった。
 それは一瞬のことで、ルカも、ハクもアオも何事かと銀を見た。
 訓練された軍隊のように、鬼たちは銀の指示に従って引き上げていく。変わりに銀がゆったりとした足取りで歩き出した。
「いくら出来損ないのものでも、これ以上我が一族を虎の餌にしてやるわけにはいかぬ」
 深い念のこもる目がハクとアオを睨み、それに反するように口元は優雅に美しく微笑んでいる。
 ハクもアオも銀の気迫が十分伝わっているらしく、うなりながら数歩下がり体勢を整えた。
 血みどろになった二頭の虎の体力が、激しく消耗しているのは見て取れる。
 どれほど強くともやはりあの数の鬼を相手するのは楽じゃない。
 銀はおもむろに左手にはめていた指輪を外し、手のひらに乗せた。
 金色の派手な装飾が施されたその指輪を眺め、ルカには聞き取れなかったが何か呟いた。
 すると、手の中でその指輪が輝きだし、一瞬にして刀が出現した。
 ルカの知る日本刀よりも長い刀は、鋭い光と同時に闇も放ち、見ているだけで心が揺さぶられる。おぞましく、豪華絢爛で、儚く、妖艶で、古の闇をその刀身に携えている。
「これは我のみが持つことを許された刀。すべてのものを斬ることが出来、また斬られたものは一生元に戻ることはない…巫女よ、意味が分かるか?」
 刀の輝きを楽しむように眺めながら銀はルカに問う。
「…斬られたら、大変ってことでしょ」
「そう。人間はもちろんのこと、鬼、妖、もしかしたら神すらも斬れるやもしれん。もちろん、そこの虎も…。そしてこの刀で出来た傷は治らぬ。どんな薬も力も効かず癒えることはない」
 喉の奥で銀は笑う。残忍さと麗美さを併せ持った笑顔は作り物のようだ。1ミリの狂いもなく設計された完璧な笑顔。
 それが逆にルカの全身を震わせた。
 銀は他の鬼の非ではない。ただそこに立っているだけなのに圧倒的な力を感じる。
 何もかもを凌駕したものが持つ余裕と自信。
 赤い瞳はルカに問いかける。
 お前の守り手が死ぬぞ、と。
 脅しやはったりなんじゃかじゃない。その証拠に、ハクもアオも身動ぎせず銀を威嚇するだけだ。
 せめて傷ついていなければ違ったかもしれない。
 でもそんなことを考えても状況は変わらない。ルカは震える足にグッと力を入れて数歩前に出た。
「どうした?」
「私が、あなたのものになればいいんでしょう?」
 声が震える。
「我のものになる意味が分かっているのか?」
「お嫁になるってことでしょ?」
 視界が涙で滲む。
「我と契りを交わす、この意味を納得したと思っても構わないのだな?我とて愛しいお前には優しくしてやりたいとは思うのでな」
「さっきあなたが言ったじゃない。鬼になるって。私そこまでバカじゃないよ?」
 嗚咽が漏れる。
 嫌だ、嫌だ、嫌だ!
 言葉と気持ちが真逆で、自分の言ったことも分からなくなりそうだ。
 気を失いそうなほどの恐怖と絶望の中、ルカは銀に提案する。
 自分が輿入れするから、これ以上はなにもしないでくれと。復讐も、ハクとアオにも一切なにもしないで欲しいと。
 涙に濡れた虹色の瞳は銀の赤い瞳負けず劣らず美しかった。世界の全ての色が写りこんだかのような色に、銀はしばし見いった。
 かつての巫女たちも同じ瞳で自分を見ていたと。
 でもそれは今のルカのような恐怖も、絶望も悲しみも持っていない。鬼である自分を純粋に愛してくれていた瞳だった。
「よかろう。約束しよう」
「ホントに?」
「鬼は嘘はつかぬ」
 銀は刀を鞘に納めながら小さく答えた。
『巫女よ、なぜ』
 ことのなり行きを見ていたハクが問いかける。アオも同意するようにルカを見た。
「これが、最善だと思うから。私はあなたたちに死んでほしくない…私の大好きな、織…麻貴ちゃんに死んでほしくないの」
 ポロポロと幼子のようにルカは泣いた。望まないことだけど、それでも二頭を守りたかった。
 生まれたときから一緒だった、織も麻貴も、殺されたくない。ただそれだけ。
『では巫女の心はなぜ泣いている?なぜ、憂う』
『我もハクも巫女の心の声が聞こえる。巫女の憂いは一層濃く暗い』
「ハク…アオ…」
『先程も言ったが、我らは巫女の憂いを払う。それだけは譲れぬ』
 アオはルカに近づき、そっと頭を下げた。
 それは騎士がお姫様に誓いをたてるかのごとく。
『巫女よ。そなたは優しい。我らの身を案じるからこその言葉、感謝してもしきれぬ。だが我らのことは駒と思ってくれればよい。そなたのためだけに我らは生まれてくる。それが我ら巫女の虎なのだから」
 そこまで言うとアオは身を翻した。
『ハクよ、巫女は任せた』
 その言葉を残し、銀に向かって飛びかかった。
 

「白と蒼の炎」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く