比翼の鳥

風慎

第14話 蜃気楼(14)

 更に時は進んだ。
 どの位かは、もう分からないが、少なくない時間が過ぎた事は間違いない。
 だが、そんな時間も、終わりを迎えたようだ。

「……何で、来たのよ。」

 何の脈絡もなく、消えそうな声で、そう呟く彼女の表情は見えないが、きっと泣きそうな顔をしているんだろうなと、何とも無しに思う。
 それは、恐らく、大きく外れていない事は、震える彼女の肩を見れば、分かると言うものだ。
 言ってしまった。聞いてしまった。彼女の心を支配しているのは、差し詰め、そんな言葉だろうか?

 だが、聞かずにはいられなかった。
 期待せずにはいられなかった。

 そんな気持ちも、透けて見える。
 それが、痛々しく、見ていられなかった。
 だから、俺はその呪縛を解き放つ一言を、彼女に送る。

「心配だったから、だな。」

「……嘘よ。」

「いやいや、なんでさ。」

「だって……私には、心配して貰う様な、そんな資格、無いもの。」

 負い目。

 そんな一言が、俺の脳裏に浮かぶ。
 やはり、彼女は俺に対して、何かをして、その結果、何かを背負い込んだ。
 そういう事なんだろう。

 だが、今の俺には分からない。
 彼女がそこまでの事をしたと、自分自身で思っているのなら、そうなのかもしれない。
 だけど、そうじゃないかもしれない。

 だから、俺は、彼女が勝手に背負ってしまった、その負い目を背負う事にする。

「資格……ねぇ。必要なの? そんな物。」

「……。」

 彼女は黙して答えない。いや、答えられない。
 そりゃそうだ。神様だって分からないさ、そんな事。

「じゃあいいよ。資格をあげる。」

「え?」

「おっさんから、心配して貰える資格を、俺があげよう。これで何の問題も無い。そうだろ?」

「……馬鹿じゃないの?」

 思わず……と言った感じで、彼女は顔を上げて、俺を見つめる。
 その瞳は涙が溜まっていたが、今、その顔に張り付いている表情は、哀れな者に向けるそれである。

 かなり良い事を言ったつもりだったが、思いの外、酷い仕打ちが返って来た。おかしいな。
 だが、俺が浮かべているであろう不服な顔を見て、彼女は無意識にだろう。
 口の端を釣り上げ、そして、そんな自分に気付いた瞬間、自分を戒める様に、表情を引き締め、また、膝に向かって閉じこもる。

 そうしてまた、暫く、無言の時が続いたが、今度はそれ程、長く続かなかった。

「ねぇ……。」

「ん?」

「何で……心配してくれるの?」

「うーん? 何で? そうだなぁ。」

 その言葉に、俺は暫し、考え込んでしまう。
 それは、実は簡単な話で、俺側の意見としてなら、俺に似ているからとか、そもそも、心配するのに、理由なんかいらないとか言う、ちょっとカッコイイ話だったりするんだけど、それは、恐らく、彼女の望む言葉では無い。
 だから、そんな考えの上で、俺が伝えなければならない言葉を、自分の中から掘り起こす。

「学校さ、楽しかったよな?」

「……。」

 意味が分からないと言う様に、彼女は顔を上げ、俺を見つめた。
 表情だけで、俺の心を抉るのは止めて頂きたい。

「楽しくなかった?」

「そんな事、無いけど、けど……。」

「楽しかったろ? 俺は楽しかった。」

 思わず口走ろうとした彼女の言葉を、俺は強制的に遮る。
 恐らく、その先を聞くのはまだ早い。今はまだ、必要ないんだ。

 俺の勢いに押されたのか、彼女は反射的に、頷いた後、しまったと言う顔をするがもう遅い。

「だろ? 春香達と飯食ったりさ、遊園地行ったりとかさ。まぁ、ジェットコースターはちょっと勘弁して欲しかったけど。」

 俺の言葉に促される様に、彼女の頭の中にも、その時の光景が浮かんでいるのだろう。
 彼女の表情は、優しく穏やかなものに変わっていた。

「ゲーセンも面白かったな。まぁ、今考えるとちょっと大人げなかったと思うけどさ。」

「お兄さん、真剣過ぎだった。」

「ゲームは常に真剣勝負です。」

 俺のそんな真面目な言葉を聞いて、何故か噴き出す彼女。
 うん、良かった。ちゃんと笑えるじゃないか。

 俺はそんな彼女を見て、安心する。

 そして、俺に見つめられていると分かったのだろう。
 ハッと表情を強張らせると、顔を背けてしまう。見ると耳は真っ赤だが、彼女は……顔を膝に埋めようとはしなかった。

「そんなさ、楽しい時間を一緒に過ごした人が、突然、行方をくらませたんだ。」

 俺のそんな言葉に、彼女は振り返って、俺の顔を見る。

「これは、心配する理由にはならないかな? 俺としては、十分すぎる理由なんだけど。」

 俺の言葉に、彼女は悲しそうな、嬉しそうな、そんな複雑な感情を混ぜこぜにした表情を浮かべ、黙って首を振る。

「そっか。ありがとう。……だから、俺は来た。君と会うために。……そして、話す為に。」

 俺のその言葉に、彼女は一瞬、怯んだように体を引く。
 しかし、すぐに何かを決断したのだろう。
 首を振ると、見つめ返す。その目の奥に、力を感じた。

 なんだ。案外、肝が座っているじゃないか。
 いや、違うかな。悩んでいながらも、既に答えは決まっていたのかもしれない。

 人が悩む時、大抵の場合は、既に答えが目の前にあることが多い。
 後は、選ぶ……つまりは、どれをその手に掴むのか。
 それだけだったりする。

 きっと、彼女は何かを選んだ。それだけなのだろう。
 そんな彼女が口を開く。

「お兄さん、ここに来ちゃったから、もうどうしようもないけど……一応、聞いておくわ。また戻って、私や皆と一緒に暮らさない?」

 先程まで、いじけていたとは思えない程、その声に迷いはなかった。
 少しだけ期待するような色が、その目には宿っている。

「いや、それはもう、無理なんじゃないかな。」

「やっぱり駄目か。そうよね。」

 だが、同時に、その問いかけは、俺が肯定するとは思っていない前提で、発せられた物だったのだろう。
 現に、俺の拒絶の言葉に、表面上落胆はしているものの、動揺も、食らいつくような必死さも見られない。

 諦め。

 まさに、それを体現しているかの様な、彼女の振る舞い。
 それに、少しだけ腹立たしく感じる一方で、そうならざるを得ない理由もあるのだろうと、何ともなしに思う。

「私ね、お兄さんの世界で、先輩やお兄さんと一緒に過ごせてね、ほんの、ほんとぉ~~に少しだけだけど、楽しかった。」

 前触れもなく口を開いた彼女は、そんな風に少し楽しそうに……そして、それ以上に、寂しそうに微笑む。

「ああ、俺も楽しかったよ。」

「そう? 結構、好き勝手やっちゃったから、結構、迷惑していると思っていたけど。実際、いつも意地悪されていたし。」

「そういうのも含めて、楽しかっただろ? 意地悪をしたのは、まぁ、謝るが……なんだか、揚羽を見ていたら、いつも、何となく虐めたくなるんだよ。これまた不思議なことにね。」

 そんな俺の言葉に、彼女は、「あー……。」と、何か納得したような、それでいて、どこか呆れたように、相槌だと思われる声を出す。

 ん? 何かあるのか?

 俺が不思議そうに彼女を見ると、何故か急に赤くなって、首を振った。

「いえ、なんでもないわ。お兄さん、それはね、私のせいでもあるのよ。正確に言えば、元の世界の、だけど。」

 ん? 何だか微妙に、分かりにくい表現だな。
 元とは、どこを指す? 俺の世界か? それとも、俺の住んでいた本当の世界か?
 そんな俺の戸惑いが伝わったのだろう。

「あ、いえ、とりあえず、お兄さんのせいじゃないから。実際、先輩も同じような感じだったし。こればっかりは、どうしようもないのよ。」

 俺が様子を見て、彼女は慌てると、立て続けに、そんな事を口にする。

「いや、そんなこと言われたら、益々、意味わからないんだが。」

 だって、虐めたくなるのは、自分のせいっていう所からして、訳がわからない。
 まぁ、確かに、そういう雰囲気を持った子がいる事はある。

 弄られ体質とでも言うのだろうか。

 そういう人は、本人が望んでいるんじゃないかと思わんばかりに、弄られる方向へと突っ込んでいく。
 思わずツッコミを入れたくなる様な事を、次々と引き起こすんだよな。
 これがまた、それを楽しんでいる節があるから、質が悪い。
 まぁ、ドMってやつか? よくわからんが。

「とにかく、そんな事は、どうでも良いの! 忘れて!」

 俺があれこれ考えていると、何故か居た堪れなくなったように、揚羽は声を荒げて、その話を打ち切った。

「まぁ、性癖は、人それぞれだしな。」

 とりあえず、触れられたくないなら、無理に触れることもないだろう。
 俺は、そう理解を示したつもりだったのだが……その言葉を聞いて、一気に真っ赤になった彼女は、そのまま涙目になって震えながら手を振り上げる。

「え? ちょ、待て……。まぁ、落ち着け。良くわからないが、俺が……。」

「せ、せせせ、性癖なんかじゃ、ないもん!! お兄さんの馬鹿ぁ!!」

 必死な俺の抵抗も虚しく、そんな彼女の叫びとともに、乾いた音が、暗闇に景気良く響いた。
 なんでまた、このパターン? 解せぬ……。

 そうして、ヘソを曲げた揚羽を宥めるまで、更に多くの時間を費やしたのだった。



「私のせいじゃないもん……。あの家系のせいだもん。あの体のせいなんだから、仕方ないじゃない。私、関係ないもん。お兄さんの馬鹿。先輩も先輩で酷いし。大体……。」

 結局、目の光を失い、ブツブツと何かを呟く揚羽に、とりあえず、平謝りし続けた結果、漸く俺の話を聞いてくれるようになったのは、体感時間で数時間後だった。

「……で、お兄さん、結局、何がしたいの?」

 何だかやさぐれてしまった揚羽の投げやりな言葉を、俺は営業スマイルを浮かべながら、受け止める。
 しかし、揚羽さんや。なんか、キャラが崩壊していますよ? まぁ、この方が饒舌だから、ある意味やりやすいが。

「うん。いや、揚羽が俺に何をしたのかなって、聞こうと思って。」

 さらっと、確信に触れてみる。
 一瞬、言葉に詰まった彼女ではあったが、まだ、くすぶった怒りの方が強いのか、強い調子で言い返してきた。

「そんなの、もう、お兄さん分かっているんでしょ? 封印なんて殆ど残ってないし。」

「うん、まぁ、恐らくは、と言う範囲でなら、そうなんだけどね。」

 実際、ずっとこびりついて離れないこの違和感も、強引に何かしたら、あっさりと吹き飛ぶような気がする。
 彼女が何をしたのかも、何となくは分っている。だが、そういう事では無いのだ。

「だったら、さっさと好きな様にすれば良いじゃない。」

 今度はむくれて、そんな言葉を吐き捨てると、そっぽを向いてしまった。
 なんか変な所で、意地っ張りだな。まぁ、そういうのも可愛いと思える俺はおかしいんだろうか?
 だが何度見ても、頬を膨らませて、目を合わせない様にする揚羽は、子供っぽいとは思うが、やはり可愛らしい。
 その意地の貼り方や、本音の透け方が、ある意味で愛おしいとも思える。

 こういうのは、女性の特権だよなぁ。
 ちなみに、同じことを男がやったら見苦しいだけだ。そう言う男女間のイメージの差は確かにある。

「いやね……出来ればそうしたくは無いんだよ。」

 だから、ここは本音でぶつかる。
 彼女も本心では、俺に封印を解いて欲しいとは思っていないはずだ。
 もしかしたら、こうやって、封印を施す事も、不本意な事なのかもしれない。
 だけど、そうしなければならなかったと、俺は考えている。
 まぁ、あくまで、何となく、そう思うだけだ。真実はわからない。
 だったら、彼女の本音を引き出すしか無いじゃないか。


 俺の言葉が意外だったのか、少しだけ顔をこちらに向けると、横目で問うてきた。
「なんで?」と、その目は伝えている事が、十分すぎるほど良く分かる。
 だから、俺は直球で、その気持を伝えた。

「揚羽のことが、ちゃんと知りたかったから。」

 俺の言葉の意味が浸透しないのか、首を傾げると、暫く考え込むように停止し……。
 そのまま、徐々に真っ赤になりつつ、酸欠の鯉のように、口をパクパクと動かし始める。

「ば、ばばば……。」

「ばばば?」

「……ばっかじゃないの!? 何で、私なのよ!? お兄さんは、お姉ちゃんの事だけ考えてれば良いんでしょ!?」

 お兄さんがお姉さん? あまりの勢いに、何か一瞬、混乱してしまったが、彼女から時々漏れ伝わる、『お姉ちゃん』なる人物は、俺の中にいない。
 それも恐らくは、目の前の人物のせいである事は、想像に難くない。
 そして、突っ込んではいけない所に、自ら突っ込む辺り、この子のポンコツさが引き立って、なんだか、無性に憐れみたくなる。

「あーうん。で、そのお姉ちゃんと言うのは、誰?」

 という訳で、とりあえず、チャンスはチャンスなので、有効に活用してみる。
 やはり、聞かれたくは無い、内容だったのだろう。途端に、挙動不審になると、目を逸らしつつ、

「だ、誰だって良いでしょ……そんなの。」

 口を尖らせて、そう小さく呟くに止まった。
 なんか、やっぱり、無性に突っ込みを入れたくなる。それを何となく、当人も無意識に望んでいるのでは、思えてくるのだが……これは、俺がおかしいのか、彼女がおかしいのか……。

「うん、まぁ良いや。それは本題じゃないから。」

 そんな彼女の様子を見て、俺は、一旦、手を緩める。俺の言葉を受けて、明らかにホッとしたような表情を浮かべてしまう所が、何とも揚羽らしい。
 だが、逃がしはしないよ? だって、本題は、これからだし。

「で、揚羽は何で、俺に封印なんてものをしたの?」

 その流れから、俺は、問題の核心へと一気に切り込んだ。
 一つの質問を乗り越えて――と言うか、全く乗り越えられていない訳だが――話が済んだと、気が緩んでいたのだろう。

「そ、それは……ど、どうだって良いでしょ、そんな事。」

 分っていた事だが、返し方が先程と全く同じだ。やはり、この子、変な所で残念過ぎる。
 って言うか、それで今回も逃げられると思わない方が良いよ?

「それさっきも聞いたよ。それに、どうでも良くはないよ。凄く大事なことだから。」

 俺は真剣に思いを語り、それを揚羽にぶつける。
 流石に、自分でも、対応が拙い事は分っているようで、その視線を受け止める事無く、明後日の方向を向いて、ブツブツと何か口にしていた。

「何でよ。私は、お兄さんの記憶を封印した。それで良いじゃない。……その方が、お兄さんにだって都合が良いでしょ。」

 とりあえず、今更ではあるが、俺に何かした事を認めてくれただけでは無く、彼女が記憶の封印を行った事を、明確に暴露する。
 しかし、簡単に誘導尋問に引っ掛かったな。いや、違うか。誘導すらしていない。勝手に情報が出て来る。
 これは、隠す気がない事もそうなのだろうが、圧倒的に、会話の経験が足りない事もあるのでは無いだろうか。
 以前より見え隠れする、彼女の穴……と言うか、良く言えば、純粋さ。敢えて厳しく言うならば、幼稚さのような物が、より顕著になって来た様に思える。
 だが、今はそれが助かる。俺は、彼女から本音を引き出したいと思っているのだから。

「なるほど。君が俺の記憶の一部を封印した。そうなんだね? だけど、それも俺にとっては、あまり重要じゃないんだよね。」

 その言葉が意外だったのだろう。

「何で? 私が、お兄さんの記憶を封印して、ここに閉じ込めたんだよ? お兄さんの記憶を私が勝手に弄ったんだよ?」

 なるほど。まぁ、そういうことなんだろう。それは、客観的に見れば、それは許されざることなのかも知れない。
 記憶……そして経験と言うものは、自分を形作るうえで、土台となる、とても重要なものだ。
 それが失われるという事、それは、場合によっては、個性の変質を意味する。
 俺が俺で無くなるかもしれない。それは、本来であるならば、恐怖であろう。

「うーん……まぁ、確かに、あまり良くない事だね。じゃ、今後は自重する様に。それで良いんじゃない?」

 だが、俺はそんな軽い言葉で、その事を流す。

「え? ちょっと、待ってよ。何よそれ……。」

 だが、そんな俺のあっさりとした物言いに、戸惑う彼女。
 そう、きっと彼女の中では、その事実は、途方も無い大罪として、心に刻まれているのだろう。
 だからこそ、あんなに頑なに知られまいとしていたのだろうし、そういう努力をしてきたはずだ。

 だが、実は、罪の意識と言うものは、幻想である事も多い。
 迷惑をかけてしまったと思う一方で、実際には、迷惑をかけられた方が、あまり気にしていない事なんて、往々にしてある。
 今回の場合は、揚羽の感覚の方が一般よりなのだろうが……そこはそれ。
 俺は、それ程、その事実については気にしていない。
 だが、俺のそんな感覚が理解できないのだろう。混乱した様に、揚羽は、捲し立てる。

「何で? 怒らないの? 私、酷い事したんだよ? お兄さんに嫌われるって思って、言えなかったんだよ? これじゃあ、私……馬鹿みたいじゃない!」

 うん、そうなんだよ。君は一人で、空回りしていただけなんだよ。
 混乱している彼女に、そんな事を言う訳にも行かないので、俺は、少し苦笑すると、話を転換する為、少し茶化してみる事にした。

「おや、俺に嫌われたくないって思ってくれていたんだ?」

 そんな言葉を受けて、一瞬にして顔に赤みを宿す。
 わっかりやすいなぁ……。そこが良いんだけど。

「そ、それは……うぅ……そ、そう、だって、そうしないと、お兄さんを閉じ込めておけないでしょ! そう、だからよ!」

 また、苦し紛れなのか、良く分からない言葉が飛び出す。
 だが、目の前の彼女は、「そう、だから、仕方ないのよ!」と、無い胸を突き出すように、自慢げにしている。
 いや、揚羽さんよ、意味わからんのだが。

 しかし、どうやらその言葉を発した目の前の彼女の中では、矛盾もなければ、おかしなところは無いと言う態度である。

 ふむ、それでは、逆に、彼女の言葉がそのまま真実だとしよう。
 だとすれば、今の流れだと、俺に嫌われると、俺を閉じ込めておけない。
 そういう風に聞こえる。

 記憶を封じた理由は、まだはっきりしないものの、記憶が戻ると、俺に嫌われる。
 嫌われてしまうと、俺を閉じ込めておけない。

 俺が閉じ込められているのは、何処だ?
 俺が、今いる、この場所か? いや、今までのやり取りから考えれば、春香達とも過ごした、あの日常に良く似た、違う世界も含むのだろう。
 最初に、あの日常に戻ろうと提案して来たことからも、それは分かる。

 じゃあ、この場所は? ここは、一体……どこだ?

 今までの違和感と、揚羽とのやり取り。この空間と、彼女の存在。
 それらの情報をつなぎ合わせ、俺は一つの推測を得る。

「ああ、そうか……ここ、俺の中か。」

「えっ……。」

 思わずボソリと呟いた俺の声を聞いて、揚羽は、勝ち誇った顔から一転して、青ざめる。
 そして、俺の頭を凝視すると、焦ったように、俺の頭を両手で鷲掴みにした。

「うぉおい!?」

 思わず出た俺の抗議のような声も、彼女は無視すると、焦ったように声を荒らげる。

「え? 何で? お兄さんの封印、まだ完全には……解けてない。ちょっと、どうしてよ!? 何であの世界の記憶もなしに、そんな事、わかっちゃうのよ! 意味わからない!!」

 今度は八つ当たりのように、上下に激しく揺さぶられる。

 いやいや、俺を揺さぶったって、答えは出ないだろうに。
 しかし、この態度、まるで自信のあったクイズをあっさり解かれた子供のようだ。
 まぁ、あながち、この比喩も間違いではないのだろうな。余程、悔しかったのだろう。俺の揺れる視界の前に映る、彼女の表情は、半分泣きそうな物である。
 そんな彼女の顔を見て、可哀想にと思う一方で、何故か楽しんでいる自分もいる。
 うむ、なんだか、彼女をいじめるのが癖になりそうだ。変だな、そんな趣味無いんだけどなぁ。

 そうして、俺は暫くの間、癇癪かんしゃくをおこした、揚羽に付き合うのだった。

「比翼の鳥」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く