比翼の鳥

風慎

第42話:小さな変化

 あれから1週間が経とうとしている。

 実に、密度の濃い1週間だった。

 まず、レイリさんと失われた秘術について、桜花さんに報告に行った。
 静かに俺の説明を聞いていた桜花さんだったが、レイリさんが暴走したくだりで、激高して殴りかかって来た。
 爺さんの力とは思えない位、気合の入った拳だった。
 口の中が裂け、血だらけにはなったものの、歯が逝かなかったのは運が良かった。

 流石のレイリさんも咄嗟の事で、唖然としていて止められなかったと後で言っていた。
 俺は逆に、最初から殴られる覚悟で目の前に対峙していた。
 結界も身体強化も使わず、生身のままで、もろにその拳を食らった。
 親の立場だったら、俺も多分、殴りかかっていたと思う。それだけの事を俺はしたと自覚している。
 俺なりのケジメの付け方だった。

 流石に、口と鼻から思いっきり血を流しつつ、起き上がる俺を見て、冷静さを取り戻したのだろう。
 その後は、謝罪こそ無かったものの、淡々と話が進んだ。

 二度と、暴走はさせないと言う前提で、俺は引き続き、この現象の検証を任されることとなった。
 そんな桜花さんの心の深さと優しさを改めて感じ、俺は深々と頭を下げた。
 また、その時、この秘術を便宜上、獣化じゅうかと命名することにした。

 この日より、桜花さんが時々立ち会う形で、レイリさんの獣化検証が日課に加わった。
 主にこれは朝行われることになり、結果として、朝食に桜花さんが加わるようになった。

「レイリ!老い先短いワシに、肉を譲らんか!!」「可愛い娘に譲るのが親として当然でしょう!?」などと、肉のある日には、いつも、桜花さんとレイリさんが取り合いをするという構図が、恒常化している。
 リリーは自分の分が確保できれば、そこまでがっつく必要が無いと分かったのか、それとも、単に肉親の醜い争いに何かを感じたのか、落ち着いて食べるようになった。ただし、まるで庇護を求めるかのように、俺の隣で…ではあるが。
 結構、ちゃっかりしてますね?リリーさん。
 そんな視線を向けるも、リリーは嬉しそうに耳と尻尾をパタパタしながら、俺に笑顔を向けて来るのだ。
 俺はそんな様子にほんわかしつつ、リリーの頭を撫で、そして、それを羨ましがった、ルナが俺に飛び付き、そんな様子に気が付いた、レイリさんと桜花さんが騒動を拡大化し、朝食の最後はいつも騒ぎとなっていた。
 そして、そんな俺達の様子を、少し離れた所から、わが子達とティガが、「「「なにやってるんだか…」」」という目で見つめているのだった。

 午前中、俺はカスードさんの所で、修行と言う名の小間使いをさせられていた。
 まぁ、こちらとしても色々と、物づくりの現場を見れるし、色々な物を作る事が出来て良いのだが…。
 流石のカスードさん。人使いが荒かった。

 とりあえず、俺の力をかなり上方修正したカスードさんは、ハードルをどんどん上げて行ったのだ。

 最初は石切り場の石を、切って運ぶところから始まった。
 確かに、魔法があれば不可能じゃないんですけどね!?
 流石に、山一つ分位指定されて、どうしようかと頭を抱えた。何トンあると思ってんだよ!?
 それでも、出来なかったら負けた気がすると思った俺は、試行錯誤しながら、石材を大量に作り続けた。
 問題は、資材置き場にどう運ぶかという事だった。

 最初は1辺10m位の石材を強引に、飛ばせて運ぼうとしたのだが、流石に重すぎたらしい。
 それを浮かせるだけで、周りが台風の被害でも受けた様な状態になった。
 射出して、着弾点に緩衝魔法を張って受け止めるとかもやってみたが、「頭の上を巨大な石が飛んでいくのが恐い」と、村から苦情が殺到してやめた。
 最終的には、石の大きさを小さくして、その分、数を運ぶことで対処した。
 10m四方に切り出した石を、更に、1m四方に切り刻み、その1つ1つに風魔法で浮遊をかけ、資材置き場で元の10m四方の石に組み直すと言う魔法を作った。
 応用すれば、一連の作業を繰り返す事を効率よく行えるようになる。
 一部の人から、「石が整然と列を成して、自分で資材置き場に鎮座していく姿が恐ろしい」と、言われたが黙殺した。
 結局、資材置き場を埋め尽くすほどの石材を置いて、嫌がらせを完了すると、それをみたカスードさんが慌てふためくのを見て、留飲を下げるのだった。

 次に言われたのは、道路の改善だった。
 きっと、資材置き場が使えなくて困っているからこうなったのだろう。

 今の村の道路は、只の踏み固められた土だ。
 晴れている日は砂埃が舞い、雨の日はぐしゃぐしゃになる。
 これを切り出した石を使って何とかできないかと、言われた。

 俺は、石切り場で使用した魔法陣を応用して、石畳を作る事にした。
 整地し、少し削り取ってくぼませた道に、砂利を敷き詰め、同じ大きさに切り出した石畳を敷いていった。
 村人には通知が行っていたので、事故も無くスムーズに進んでいった。
 むしろ、綺麗に敷かれていく石畳を、皆、興味深そうに眺めていたのが印象的だった。

 取り敢えず、村の東西南北と広場を結ぶ、大きな通りを石畳化した。
 カスードさんは満足そうに、次は何して貰おうかな…とか、言っていたから近いうちに、また何か押し付けられそうだ。

 そうやって、徐々に町の人の反応が、どこか慣れた様な物に変わっていく過程を見て、俺はこの前、レイリさんと話していた時に感じていた、気持ち悪さの正体に気が付く事が出来た。
 結局のところ、それは、俺の想像を超えた何かに対する嫌悪感だったのだ。
 価値観のぶつかり合いと言っても良い。

 ある意味、ありえないと思われていても、想像の範囲内の物…たとえば、空想であっても、それをそういう物として知っているなら嫌悪感は起きなかったのだ。
 魔法が良い例だ。あれは、本来ありえないものでありながらも、知っていた物だ。
 食事をとらなくてよい体なのに、他の事は何で駄目なのだ?排せつが必要ないのに、あの程度の事が駄目なのか?
 冷静に考えてみると、自分でもよく分からない部分はある。

 だが、俺の考えの及ばない角度から、いきなり出て来たものに対し、俺は拒否反応を示してしまったのだと思っていた。
 何という事は無い。俺の視野の狭さからくるものだった。それに気が付いた時、自分で自分に呆れた。
 俺の知らない違う理で動く人たちの事を、俺は自分とは違う恐ろしいもののように捉えてしまったのだ。

 そして、村人が不安に思ったりしているそれも、同じような物なのだ。
 しかし、そういう物が日常的に目に飛び込んでくるようになると、人間慣れるのも又、道理である。
 村人達は、俺の奇行に徐々に慣れ始めていた。同様に、俺も異世界の異質さを受け入れつつある。
 まだ、完全には受け入れきれてないのは分かっている。
 現に、頭で理解していても、心が着いてこない部分があるのだ。
 ただ、その発露がどこからなのか見据えていれば、おのずと受け皿は自分の中にできるのだ。
 自分が受け入れようと努力できれば、大抵の事は収まる。あくまで受け入れようと思えば…だが。

 最近、時々俺が物思いにふける姿を、レイリさん、リリー、ルナが気にしているのは分かっていた。
 近いうちに、本心でしっかりと向き合って、話してみようと俺は決意した。
 そして、そんな決心をした時、俺の心の底で、何かが音を立てたのを、遠くで聞いたような気がしたのだった。

 午後は、基本的に俺の自由時間に宛てていた。
 新しい魔法陣の構築であったが、時折、狩に出かける事もあった。

 前と違い、1日中という訳にはいかなかったが、この1週間で、精霊に有効と思われる魔法の開発に成功していた。
 主に、精神にダメージを与える魔法である。魔力を精霊力に変換し打ち出す為、威力は非常に高い。
 もっとも、我が子達にぶっ放す訳にもいかないので、空撃ちして、我が子達に見て貰った。
 感想を聞いたが、精霊に間違いなくダメージを与えるだろうと言っていた。

 俺は、我が子達からその言葉を聞いた後に、そっと2人を抱きしめて、

「こんな魔法作っちゃってごめんな…。けど、絶対にお前達や、俺を慕ってくれる精霊たちには撃たないから…。約束する。だからと言うのも変だが、許してくれ。」

 と、俺は、心の底から吐き出すように謝罪した。
 そんな俺の言葉に、「お父様…。」「父上…。」と、言葉を失ったように、我が子達は呟いた。
 俺はこの魔法の必要性を理解しつつも、この魔法の持つ意味がどうしても頭から離れなかったのだった。

 それは、我が子達だけでなく、ディーネちゃんや、関係の無い精霊たちをも害する事の出来る魔法を作っているという事実だ。
 勿論、今まで作った魔法の中には攻撃魔法もあり、それが周りの人たちを害すると言う一面を持っていることは否定しない。
 しかし、その魔法を作った時と、今の魔法を作った時の俺の心情が、全く違うのだ。
 正直、今迄作っていた魔法は、単純に俺の好奇心を満たす為の物であり、それをふるう事に躊躇いもあまり無かった。

 だが、この魔法は明確に精霊に対して作られた魔法だった。
 それは、我が子達やディーネちゃんをも自分の手で害する可能性を自らの手で生み出したことに他ならない。
 今迄と何ら変わらない。変わらないのに、そんな事が恐くなったのだった。
 それは恐らく、精霊という物を俺が近しい存在として受け入れ始めているからなのだろう。
 同様に、我が子達に対する気持ちが大きくなっていることの表れなのかもしれない。
 そんな事に悩む俺に、2人は笑顔で、「大丈夫ですよ!此花はお父様を信じておりますわ♪」「父上!この咲耶、父上の愛に感動しております!」と、答えてくれるのだった。
 2人の笑顔を守りたい。俺は改めてそう思っていた。
 何かの音が響いたのを、俺は感じていた。

 夕方から夜にかけては、算数講座である。
 結局、何故かレイリさんの家で、行う形に変わっていた。
 と言うのも、レイリさんとリリーが、参加を申し出たからだ。
 初回こそ来られなかったヨーゼフさんとマールさんだったが、2回目から毎日顔を出す様になった。
 1時間ほど講義をして、食事を皆で取った後、必要があれば更に講義を行う形で進んでいった。

 食事は、人数が増えた事もあって、賑やかな物へと変わっていた。
 そして、ちゃっかりティガも気配を消すように入って来ると、食事に参加するようになっていた。
 最初の頃こそ、慣れてないヨーゼフさん、マールさん、スルホにラーニャが取り乱し、主にマールさんが大参事を引き起こしていたが、最近は慣れて来たのか、ちょっと耳を立てる程度で、普通に食事を取れるようになった。
「ふわー!?私のお肉ぅうう!!」と言う叫び声で目を向けると、囲炉裏の中に落としたお肉を掴みとりそのまま食べるマールさん。灰ごと行くんですね?凄い執念だ…。
 前言撤回。マールさんは通常通り、食事の時も騒がしいです。

 ティガも2日目くらいから普通に動けるようになったらしく、レイリさん宅をあちこち移動して自分のくつろげる場所を探しているようだ。
 ちなみに、簡易的にではあるが、ティガ用の小屋を作ってみた。
 結構気に入ったらしく、日中はそこでのんびりと昼寝をしているようだった。
 何故か時々、我が子達も一緒に寝ていることがあった。仲良くなったようで何よりだ。

 算数講座も終わり、スルホとラーニャをヨーゼフさんに家まで送ってもらうと、後は寝るだけ…と思いきや、ここから先がある。
 発端はリリーの一言だった。

「ツバサ様、ルナちゃん。私…強くなりたいです…!」

 リリーは初めての算数講座が終わったあの日、そう言ってきた。
 珍しく積極的なリリーを見て驚く俺に、ルナも「ツバサ。お願い。手伝ってあげて。」と、懇願してきた。
 何かあったのは間違いない。恐らくはティガ絡みかな?と、当たりを付けるも、正直俺は迷っていた。
 リリーを戦いに参加させても良いのだろうか?と言う根本的な問題だ。
 正直言えば、俺はそんな事して欲しくは無い。レイリさんやルナにだって本音で言えば、戦ってほしくない。
 しかし、俺は最悪の事態を想定して、ルナとレイリさんには戦力になってもらうよう、お願いするつもりだった。

 それは、レイリさんには獣化、ルナには魔法と言う戦う為の力があるからだ。
 しかし、今のリリーにそれは無い。確かに、戦う力があればいざという時、生存率はグッと上がるだろうが、逆に死地へと向かわなければいけなくなる可能性も上がる。
 そんな迷いの中にいる俺に、レイリさんが後押しをした。
「ツバサ様。私からもお願い致します。」と、頭を下げて来たのだ。

 俺は、改めてリリーを見ると、心に直接問い掛けるように聞いた。

「リリー。何で力が欲しいんだい?別に戦えなくても誰もリリーを疎んじたりしないよ?」

「ツバサ様…。私は…みんなの傍に、皆の近くに居たいんです。このままでは、私は近い将来、皆から離れなくてはなりません。」

「そんな事は無いと思うけど…」と、否定する俺に、リリーは黙って首を振ると、

「ツバサ様は、いつか絶対にこの村を出て行きます。私はその傍でしっかりとツバサ様を見ていたいんです。」

 そう言うリリーの目には、決意と覚悟が見て取れた。そして、その言葉も俺に否定できる要素は無かった。
 何より、リリーが俺の近くにいるために頑張りたいと言う心を折る事は出来なかった。
 俺がもう少し鈍感系だったら、俺はリリーを自分の思う通りに、村へと縛り付けただろう。
 だが、この目を見てしまった俺に、その選択肢は取れなかった。

「分かった。やるからには徹底的にやるよ?」

 と、俺は少し脅かすように、答える。
 リリーはそんな俺の言葉に、一瞬耳がしなびかけるが、すぐにピンと戻ると、

「の、望むところです!」

 と、気合の入った声で叫んだ。
 こうして、リリーの訓練が始まったのだった。

「比翼の鳥」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く