奴隷でもチートを目指す

sterl

35話 なにこの二人、すごい

 ガタガタと音を鳴らし、俺達の乗る馬車が進んでいく。空は雲に覆われていて、冷たい風が肌を撫でる。

「さむっ、なんか最近風が冷たくなったな。魔法で暖められないか?」

「深き炎はささやかな温もりなり《深炎》。それだけ氷結山に近くなったってことだろ」

 ポッと、黒い炎がガンダルフの近くに灯る。続けてガンダルフがもう一度魔法を唱え、俺の隣にも黒い炎が灯った。黒色なのに春の陽気を感じる。

 それにしても、氷結山に近付くだけでこんなに寒くなるのか。先が思いやられるな。

「お前らズルいぞ。俺にも炎をくれよ」

「……」

 カズラル、お前は本当に黙ってろ。ライズなんかこっちをじっと見てるだけだぞ。……あれ、これどっちの方が良いんだ?

「仕方ねぇな。小さき光は儚き灯火なり《小火》。ライズももちろん欲しいよな。深き炎はささやかな温もりなり《深炎》」

「ありがとう……って、これ全然暖かくないじゃないか! ぬるいぞ!」

「……」

 ライズの方が良かったな。ほらカズラル、少しはライズを見習え。あとガンダルフ、グッジョブ。

「ずっと黙って聞いてたけど、俺にはなにも無しか?」

 あ、ハウンズのことを完全に忘れてた。

「その服は魔道具だろ? 温度調節系の。なら俺の魔法なんて必要無いだろ」

「チッ、やっぱ気付いてたか。お前の言う通りこの服はBランクの魔道具だ」

「Bランクだったか。Bランクの服ならゴードンかアルヴィアが作ったやつだろうけど、能力が温度調節だけならアルヴィアだろうな」

「残念、プリミルだ」

「あー、南西の平原地帯のあいつか。Bランクの魔道具作れるようになってたんだな」

 ……話に全くついていけない。カズラルを見てみると、ポカンと口を開けたまま固まっていた。ライズは相変わらず無言のままだ。

 ただこれだけは解った。この二人かなり多くのこと知ってんな。

「奴隷でもチートを目指す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く