奴隷でもチートを目指す

sterl

34話 否定

「ラストォ!」

「グガッ」

 ガンダルフが肘でグリフォンの首を打ち、グリフォンは沈黙した。

「ようやく終わったな」

 カズラルが地面に倒れ込みながら言った。

「あー、流石にこれは疲れた」

 ガンダルフが地面に座りながら言った。

「……」

 ライズは直立不動のまま動かない。

「邪滅はキツかった、こりゃしばらく使えねぇな」

 ハウンズが、ポーチから取り出した瓶入りの青色の水を呷り、言った。

「スッキリしたあー。たまにこんなのがあってもいいな」

「「「よくねぇよ!」」」

 俺の言葉は即座に否定される。なぜだ、ストレスなんて無くなるのに。

「ライズもそう思うよね? ねぇ?」

「……」

 ライズ無言のまま、ゆっくりと首を……左右に動かした。

「なんでだよ!」

「いや、当たり前だからな」

 うう、ガンダルフまでそんなこと言うなんて。俺が何か間違ってるとでも言うのか?

「なぜだ、なぜ否定するんだ!?」

「だから当たり前だってガンダルフが言っただろ」

 カズラルは黙ってろ。

「奴隷でもチートを目指す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く