奴隷でもチートを目指す

sterl

32話 突然の戦闘

「グルルオオッ」

「どりゃあっ」

「グルルッ!?」

「なんで素手でグリフォンと戦えんだよ! おらあっ」

「ガンダルフだからに決まってんだろ! ハッハァッ!」

「……ッ‼」

 ガンダルフが鷲の羽をもぎ取り、カズラルはハウンズから貰った剣で獅子の足を斬りつけ、俺は快楽殺人鬼の殺気で黒い剣を顕現させて鷲の頭を切り落とし、ライズは鷲の眼を見るだけで鷲の頭を爆散させていた。

「ライズ強すぎるだろ!」

「少しは殺戮に集中させろ!」

 カズラルがうるさすぎると思うのは俺だけか?

「ああっ、倒しても倒してもキリがねぇ。一体何体居やがるんだ?」

「知らん!」

 くっそ、なんでこんなに多くのグリフォンと戦うことになったんだ? 記憶を思い出しても心当たりが……


 ――前日(直属奴隷に任命されてから一週間後)のケン――


「あー、なんか美味しそうなもん無いかなー」

 できる限り食べやすそうなのがいいな。

「あ、こんな所に卵があんじゃん。しかもでかいな。お、あっちにも」

 こんなにたくさんの卵食べきれないな。よし、一番大きいの持ってくか。

「うーん、一番でかいと言ってもどれがいいかな?」

 見た感じだとこの丘一面に卵があるな。だったら丘の頂上にあるんじゃないのか?

「でかい卵、でかい卵……あった!」

 予想通りだ。丘の頂上に直径一メートルの卵があった。

「よし、持ち帰るか」

「グルオオオッ!」

「うわぁっ!」

「ゴッ」

 うわ、どうしよう。いきなり襲い掛かってきたから反射的に殴っちまった。跡形もなく砕けたぞ。ワ○パ○マ○かよ。

「……帰るか」

 もちろん持ち帰るけど。


 ――現在(グリフォン殺戮中)のケン――

 ……あった。あの卵持ち帰ったのがいけなかったのか? 跡形もなく殺したのがいけなかったのか?

「どうした? 急に顔を青ざめさせて」

「……いや、ね? うん」

「……はぁ、とっとと殺るぞ」

「おう!」

 やっぱり持つべきは信頼できる友だね。

「奴隷でもチートを目指す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く