奴隷でもチートを目指す

sterl

31話 勇者奴隷の思考

「……」

「と、とりあえず寝ようぜ。ライズも寝てるし」

 おお、カズラルにしてはまともな事を言った。

「おやすみー」

「おう、おやすみ」

「それじゃ、俺も寝る」

 ……。

「お前ら寝付くの早ぇな。そんじゃ、俺も寝るか」

 …………。

 ………………。

 ……………………。

『熟練度が一定に達しました。安眠が熟睡に進化しました』

「うわっ! ……通達か」

 あー、こうやって起こされるなら悪夢とかだろ。テンプレ外しすぎだろ。

「今の声で誰も起きないのか」

 ある意味スゲーな。俺だったら間違いなく起きるぞ。

「あー、寝る気に成れないなー」

 そこら辺ぶらぶらするか。

「それにしても、なんで俺がこの世界に来たのかな?」

 勇者召喚されたと思って舞い上がって、召喚されたらされたですぐに奴隷だもんな。今まで考えたこと無かった。本来なら一番気になる所なのに。

「普通に考えれば、俺が勇者召喚の条件にピッタリだったとかだけど……。そう考えると条件ってなんなんだ?」

 例えば、生き物を殺すことを忌避せず、逆に喜んで殺せるからか? よくミミズとかネズミを焼き殺してたし。

 だけど、それだけだとただの快楽殺人鬼にしかならないんだよな。実際に快楽殺人鬼のスキル持ってるけど。

「あ、トレントだ」

 赤紫色でなんか気持ち悪いな。とりあえず殴ろう。

「ギシイイッ」

『熟練度が一定に達しました。腕力を修得しました』

 あ、あと気になるといえばこのスキルもそうだよな。

 どんな原理で手に入れてるのか解らないし、手に入れたらそれだけで強くなれるし。強くなるで言ったらレベルもそうだし。

「あー、考えても仕方ないか。戻って寝よう」

 ファンタジー世界なんだから、これはこういうもんなんだ。

「奴隷でもチートを目指す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く