奴隷でもチートを目指す

sterl

29話 食事の事実

「おっと、お前らもう食いきったのか」

 ハウンズが、小さくなった袋を持って戻ってきた。

「なんで見た目同じなのに味がこんなに違うんだ?」

 カズラルはそんなことまで訊くのか。めんどくさいやつだな。

「生地になんかの実が混ぜ込まれてるらしい。詳しいことは知らんがな」

「その木の実はなんて名前なんだ?」

 今詳しいことは知らんって言ってただろ。よく聞け。

「木の実じゃねぇぞ」

「その実ってこれじゃないのか?」

 ガンダルフが直径一メートルはある木の実を抱えて森の中から出てきた。木の実は赤と青のマーブル模様だ。……って、ハウンズ今なんて言った? 木の実じゃない?

「ガンダルフ、どこ行ってたんだ?」

「森の中だ。で、この実だろ?」

「そうだ。よく見付けられたな」

「運良く産卵期だったみたいでな、ちょうど運搬中に出くわした」

「へ? 産卵期?」

 その実って、なんなんだ?

「知らないのか? ちょっとした魔物の一種で、クイーン・スイートビーってやつがいるんだ。この実は、そいつが産卵したグランドトレントの実の成れの果てだ」

「つまりグランドトレントの卵にクイーン・スイートビーの卵を植え付けたやつだ。ま、共生関係ってやつだな」

「グランドトレントの実は鶏の卵みたいな濃厚さと風味があって、クイーン・スイートビーの卵には砂糖みたいな甘さがある。これをそのまま使えばあの味が作れるんだ」

「「「……」」」

 マジか。

「奴隷でもチートを目指す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く