奴隷でもチートを目指す

sterl

24話 任命

「今日はここで夜営だ。大丈夫だとは思うが、お前らも注意しとけよ」

 今日はここまでかー、どこだかは知らんけど。

「あ、あとあの鉱山で魔鉱石100個集めた四人はこの後俺の所に来い」

 それって、俺達の事だよな?

「何かあんのかな?」

「とりあえず行ってみるしかないだろ」

「それもそうだな」

 俺達二人と離れた場所に座っていた二人が同時に立ちあがり、奴隷王の後を追って場所の外へ出た。



 森の中の、車輪の跡が残る馬車道の脇。俺達四人は倒木の上、奴隷王は岩の上にそれぞれ腰掛けていた。

「さてと、全員揃ったかこれからお前ら四人に言っておきたい事がある。だが、その前に名前を教えてほしい」

 言っておきたい事? なんだそれは。

「俺はカズラルだ」

 魔鉱石をピッタリ100個集めたマッチョ男が最初に名乗った。カズラルか、数にキッチリしてそうな名前だな。

「俺はガンダルフだ」

「あ、俺はケン」

 続けてガンダルフも名乗ったので、俺も急いでこの世界での名前を名乗った。

「……ライズ」

 最後に、魔銀石を俺達以外で唯一見付けたマッチョ男が自分の名前を名乗った。ライズか、光ってそうな名前なのに本人はメチャクチャ暗いぞ。正直ダークとかの方が似合ってる。

「カズラルにガンダルフ、ライズに勇者奴隷のケンだな。俺の名前はハウンズだ」

 へぇー、そんな名前だったんだ。なんか意外。

「さてと、自己紹介も終わったし、言っておきたい事なんだが、お前ら四人を俺の直属奴隷にする。リーダーはケン、お前だ」

「へ?」

「奴隷でもチートを目指す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く