奴隷でもチートを目指す

sterl

23話 平穏

「また馬車か」

「馬車だな」

 この馬車も懐かしいな。一ヶ月振りか? まさか全く同じ馬車だとは。

「奴隷達も結局は全員連れてきたんだしな」

「一ヶ月前と何も変わらないな」

 あー、平穏だー。

「お、馬車が止まったな。飯か?」

「おいお前ら、飯だ。俺が食い終わったら出発するからな」

 奴隷王がパンと皿を全ての奴隷に配り、皿に魔法で水をそそいだ。

「本当に何も変わらないなー」

「そうだなー」

 間の抜けた話をしながら、ガンダルフは懐から取り出した毒々しい模様の果実をかじり、俺は懐から取り出した味噌味のバナナの皮をパンを裂いて挟み、かぶり付いた。

「前より美味いなー」

「味噌サイコー」

 味噌バナナの皮を挟んだパンを食べ終え、水を一口飲み、ホッと息をつく。

 ガンダルフも果実とパンを食べ終え、水を飲もうとし――、

「うわあっ」

「デジャブだなー」

 ――動き出した馬車の揺れで、皿に並々と注がれた水をその身に浴びた。

「奴隷でもチートを目指す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く