奴隷でもチートを目指す

sterl

22話 低頭脳の阿吽の呼吸

「黒き炎は万物を滅する。故に、浄火の炎なり。この世の不純を、跡形も無く浄化せよ《黒滅・浄》」

 奴隷王が唱えると、デブ男の残骸の周りに黒い炎が現れ、デブ男を跡形も無く焼き付くした。

「手間が省けたな」

「こんな時に呑気なこと言ってんじゃねーよ。みたか? ありゃ大魔法の黒滅シリーズだ。今の俺なら使えない事もないが、あんな風に片手間には使えない」

 なぜだ、純粋に思ったことを言っただけなのに。呑気とはなんだ。呑気とは。

「さてと、《俺に付いてこい》」

 奴隷王が歩き出すと、それに合わせて俺達も動き始める。

「あいつを殺しても奴隷のままなんだな」

「そりゃな。奴隷から抜け出したいんだったらあの奴隷王を殺せってことだ。俺には全く勝てる気がしねぇ」

 そんなに強いのか、黒滅シリーズとか言う魔法は。

「まあ仕方ないか。それにしてもどこに向かってるんだ?」

「俺に解るか」

 そうだよなぁ。

「ここの道を一番よく知ってるのはお前らじゃねぇのか?」

「おっと、意外な場所から返事が」

「声に出てるぞ」

「え、声に出てた?」

 そんなつもりは一切無かったのに。

「で、この道を一番知ってるのはお前らだろ?」

「あ、えーと」

 どこだここ?

「あー、よく見たら奴隷達の野営地までの道だな」

 おお、ガンダルフ頭良いね。

「はあ、なんでお前らはそんなに頭が悪いんだ?」

「「そんなの解るか」」

 あ、ハモった。

「お前ら、息ピッタリだな」

「奴隷でもチートを目指す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く