奴隷でもチートを目指す

sterl

21話 十字断罪

「さてと、100個以上の魔鉱石を集められたのは4人ですか。優秀な奴隷ばかりですねぇ」

 今、森の中の小屋の前にいる。いや、小屋と言うよりログハウスか? とにかく豪華だ。

 ここには、俺とガンダルフ、魔銀石を手に入れていたマッチョと魔鉱石だけをキッチリ100個集めたマッチョがいた。いや、デブ男も居た。マッチョに気をとられ過ぎた。

「おっと、奴隷王が来たみたいです」

 遠くから馬車の車輪の音が聞こえた。ちょうど一ヶ月前、一日中聞いていた音だ。もう懐かしく感じるな。

「よう、なんかおかしい事とかはねぇよな」

 一ヶ月ぶりだなぁ、久々に見た。盗賊風男こと奴隷王だ。

「おかしい事……有りますねぇ」

 絶対これ監視消えた事だな。そりゃだったの一ヶ月で30人も消えたらな。

「そうか、大体解った。勇者奴隷もいい感じに成長したじゃねぇか。俺の予想通りだ」

 ん? 予想通り? なんの事だ?

「で、こっちの3人は条件をクリアしたやつらか?」

「ええ。こいつは100個、こいつは102個、こいつは114個です」

「そうか。じゃ、今まで世話になったな」

「……? 今まで? なんのことでしょう?」

 奴隷王は俺とガンダルフをニヤけながら見た、気がした。

「《お前らの貸し出しを解除する》」

 来たっ! この時この言葉を待ってたんだ!

「どぅおうりゃぁ!」

 ガンダルフがデブ男の股間を蹴りあげる。

「せいやっ!」

 空中に浮かんだデブ男に対し、すぐさまジャンプして踵落としを喰らわせる。後頭部に向けてだ。

「跋扈する亡者の魂は地縛の魂。宿りし力は縛りの力《怨霊地縛》!」

 落ちていくデブ男の周りに、黒い瘴気を放つ穴が5ヶ所開いた開いた。穴からは、黒い瘴気と共に黒い腕のような物がいくつも現れ、デブ男の両腕、両足、胴体の5ヶ所を縛った。夢に出てきそうだ。おもに悪夢で。

「ぐはっ、これは、一体……?」

 完全に身動きの取れなくなったデブ男は、呻くことしかできない。

「「黙れ、そして死ね」」

 意思力に快楽殺人鬼の殺気を注ぎ込み、デブ男の頭上に漆黒の刃を顕現させた。

 ガンダルフが、黒い腕の力を強め、胴体を引きちぎった。

 黒い刃は、デブ男に何かを言わせる間もなく縦一直線に切り裂いた。

 後に残ったのは、十字に裂かれ、体を四等分されたデブ男と、ポカンと口を開け、目が点になっているマッチョ計2名。

 そして、満足気にうなずく奴隷王だけだった。

「……予想以上だ」

「奴隷でもチートを目指す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く