奴隷でもチートを目指す

sterl

13話 新たな日常 成果報告

「魔鉱石4個に魔銀石1個ですか、お前達はどこで採掘しているのか、非常に気になりますねぇ」

「俺達はお前の支配から逃れるために努力してんだよ。な、ケン?」

「ああ。俺は、俺達はお前の支配から逃れて見せる。それがどんな険しい道でも」

 そして……、その道の最後には、殺す。

「ふんっ、まあいいですよ。お前達ならできるかもしれないですしねぇ? ま、せいぜい頑張ることです」

「行くか」

「おう」

 この調子で行けば、20日で条件達成だ。それまで、今あるスキルを研いて、監視から少しずつ殺していこう。幸運にも、監視を殺すなと言う命令はされてないからな。

「おい、ケン。お前、恐いこと考えてないか?」

「な、なぜ解った!?」

 まさか、心を読む能力を持ってるんじゃないか?

「いや、顔に出てるからな。もう少し自重した方がいいぞ」

「……そうだったのか」

 と言っても感情隠すの昔から苦手だからなぁ。

「……まあいいけどよ。それにしても、あんなんにならなくて良かったな」

 ガンダルフの視線の先には、監視に連れ去られる男の姿があった。って、あいつマッチョ2号じゃないか?「もう嫌だあ"ぁ」とか言ってるな。可哀想だ。

「……行くか」

「そうだな」

「奴隷でもチートを目指す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く