奴隷でもチートを目指す

sterl

3話 絶望の始まり ――3日前――

 カーンカーンと、俺が慣れない手付きでツルハシを振るう度に軽快な音が鳴り響く。だが、そんな音でさえ今の俺の心を蝕む。

「こんなはずじゃ、こんなはずじゃ無かったのに……」

「おい! 手が止まってるぞ!」

 そんな声と共に、俺の剥き出しの背中に鞭が振るわれる。

『熟練度が一定に達しました。鈍感が痛覚耐性に進化しました』

 この世界に来て3日経った。痛みにももう慣れた。ああ、神様。おかしいよ。なんで俺がこんなことになったんだよ……。俺は勇者になって、この世界で無双するはずだったのに……。どうしてこんなことに……。


 ――3日前――


「《ここで待ってろ》はぁ、一々奴隷命令しなきゃいけないのもめんどくせーなー。まあ仕方ない。勇者は変な能力持ってるって話だしなあ。はぁ……」

 鉄格子の扉が閉められ、俺をここまで連れてきた盗賊風男の足音が遠ざかっていく。

「……何がどうなってんの?」

 ここって間違いなく牢屋だよな? なんで俺こんな所に居んの?

「よし、とりあえず記憶を整理しよう」

 ええっと、勇者召喚されて、儀式してそうな部屋に着いた。ここまでは良い。よくある話だ。いや、無いけど。

 問題はここからだ。俺を召喚したと思われる王女と、序盤に勇者に倒されるべき外見の盗賊風男が居た。ここまではまだ良い。盗賊風男が王女の直属兵士の可能性がある。
 だけど、最初盗賊風男は俺になんて言った?「おお、こいつはなかなか使えそうだ」だったはずだ。勇者である俺にだ。あの時は流したけど、間違いない。盗賊風男は俺を道具としてしか見てなかった。
 その次に、王女は盗賊風男に訊いていた。これで国民だけは解放してくれるとかそんな内容だったはずだ。つまり、何かと引き換えに国民の解放を望んでいる。この場合は、俺の召喚かな?
 で、その後盗賊風男はそれを否定し、そもそも言った通りじゃないとか王女に言ってから。俺に変な言葉を言った。いや、唱えたかな?
 何かをぶつぶつ唱えてから、言った言葉。確か奴隷契約とかだったはずだ。つまり、あの時俺を奴隷にしたのか?いやいやそんなはずない。だって俺にはなんの変化も無い……。

「あった」

 なにこの両手の手の甲に出来てる入墨みたいなやつ。いつからあんの? 魔方陣的な模様を常に手の甲に刻んで無いといけないの? 何それ、嫌だよそんなの。

 とりあえず部屋……牢屋の中から出るか。

「……体が動かない」

 そういえば盗賊風男がここで待ってろとか言ってたな。そのせいか? さっきから盗賊風男の命令になぜか逆らえないし。

 ……もしかして、俺って本当に奴隷にされた? 俺って巻き込まれただけだよね?

 あれ? 勇者召喚されて奴隷? 勇者ライフじゃなく奴隷ライフなのか?

 ……マジで?

「奴隷でもチートを目指す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く