シニガミヒロイン

山本正純

2人の正体と過去 後編

7月25日の早朝。椎名真紀の平穏は静かに崩壊する。
その日は、真紀がこの村にきて初めての夏休み初日だった。午後から友達と遊ぶ約束をしていた真紀は、楽しみで仕方なかった。
これから楽しい夏休みが始まる。そう思いながら伸びをした時、突然床が激しく揺れ始めた。
かなり強い揺れ。真紀は机の下に入り込み、床に丸まった。揺れは長期間に及び続き、真紀は恐怖に脅えていた。
何とか揺れが収まると、真紀の部屋のドアが開き、父親が飛び込んできた。そして彼女の父親は、真紀を抱え自宅を脱出する。
「助かったんだよね」
父親の胸の中で真紀が呟く。やはり父親の胸の中は安心する。しかし、その安心は急速に冷めていった。
不意に隣の家を見た時、真紀は思わず目を大きく見開いた。隣の家。即ち大竹里奈が住んでいた家は瓦礫で埋め尽くされていた。瓦礫の山の中から、動かない誰かの腕が見え、真紀は思わず悲鳴を上げる。
「いやぁぁぁ」
止まらない大粒の涙。体が震え、真紀は過呼吸に陥った。父親は、娘を優しく抱き避難所となった公民館へ向かう。
椎名真紀の悲劇は、これで終わらない。避難所に着くなり、真紀は友達を探した。だが、どこにも彼女たちの姿はない。嫌な予感が頭を過り、真紀は強い不安に襲われた。
その不安が現実化したのは、地震発生から数日が経過した頃だった。そこで彼女は村民たちの言葉から、驚愕の事実を知ってしまう。
あの小学校に通う小学1年生の中で、椎名真紀だけが生存したと。それは他の11人は全員死亡したことを意味していた。
『7月25日に発生した福井県を震源とした地震はマグニチュード7と推定され……』
避難所に設置されたラジオから、地震に関する情報が流れたが、椎名真紀の耳にはそれが届かなかった。
それから真紀は、東京に引っ越した。病院で震災に関するカウンセリングを受けたが、真紀の心の傷は癒されることはなかった。


震災から数年の月日が過ぎた頃、椎名真紀に異変が起きる。それは、東京で出来た友達と一緒に下校した時に起きた。
「真紀って河野君のことが好きなんでしょ」
ありふれた友達との会話。真紀は両手を振り、友達の憶測を否定する。
「そんなんじゃ……」
その直後、真紀の体に悪寒が走った。
『いいな。恋ができて』
どこからか、小倉明美の声が聞こえた気がした。
『私だって恋がしたかったのに』
今度は島田夏海の声。
『恋って楽しい?』
あの村の友達の声が、次々に幻聴という形で聞こえ、椎名真紀は友達の前で声を荒げる。
「やめて!」
その日から椎名真紀は悪夢を見始めた。暗い闇の中から、あの村の友達が自分を暗闇の中へ引きずりこむ夢。
何度も繰り返される悪夢の刹那、椎名真紀は察した。
椎名真紀の友達は無念を抱いて、突然命を絶たれた。
彼女たちの無念の声を消し去るためには、あの娘たちがやりたかった恋を経験させるしかない。
何度も考えた結果、このような結論に真紀は行きついた。だが、どうすればいいのかが真紀には分からない。


そんな時、家庭教師の岩田克明が、思いがけないヒントを与えた。本人はそのつもりはなかったことだが、そのヒントは何気ない会話に隠されていた。
「真紀ちゃんはゲームとかするのかい?」
岩田克明からの問いに椎名真紀は笑顔で首を横に振る。
「あまりやったことがないよ。岩田さんはゲームするの?」
「ああ。恋愛シミュレーションゲームしかやらないけどな」
「恋愛シミュレーションゲーム」
小学5年生の真紀にとって聞き慣れないジャンルのゲーム。それを聞いた時、真紀は悪魔の声を聞いた。
『その恋愛シミュレーションゲームって奴で、あの娘たちの恋愛をシミュレーションすればいいじゃない』
椎名真紀は、その悪魔のような閃きに従うことしかできなかった。こうして椎名真紀は暗い闇の中へ落ちた。
翌日から椎名真紀は変わった。瞳が暗く濁り、何をしても楽しく感じなくなった。やがて小学校時代の友達たちは、真紀の元を離れていき、彼女は独りになる。それでも真紀は、気にせず徐々に暗い闇の中へ静かに落ちていった。
そして気が付いた頃には、椎名真紀は暗部と呼ばれる裏社会の住人となっていた。才能と悪魔のような閃きを武器に、彼女はある組織のボスへ上り詰め、莫大な資金と仲間を手に入れた。


椎名真紀の過去を聞き、赤城恵一の頭に血が昇った。
「お前は自分の悪夢を終わらせるために、多くの人間を殺してきた。それが分かっているのか!」
当たり前のように、恵一の怒りは椎名真紀には届かない。
「仕方ないでしょ。これしかあの娘たちがやりたかったことを再現できなかったんだから。あの娘達の肉体は二度と再生できない。だから私は、あの娘達の意識をプログラムとして再生したの。突然未来を奪われた無念の声なんて、聴きたくない。だから私は、あの娘たちの恋を……」
「そんなの私は望まない!」
狂ったようにペラペラと目的を話すラブの声を遮り、1人の少女が姿を見せる。
「島田さん」
強い意志を持ち発言した島田夏海と顔を合わせた恵一が驚きの声を出した。夏海は哀しそうな瞳で無理に笑ってみせた。
「やっぱり本当だったんだね。10年前、私は死んでいたってこと。椎名さんの言ったことは間違っていなかった。それが真実なら、私は赤城君を助ける」
「何をするつもりだ」
「説得」
短く答えた夏海は覚悟を決め、真っ直ぐ友達と向き合った。
「全て椎名さんから聞いたよ。多くの人の命を犠牲にして、私達に恋愛をさせようとしたってこと。でも、それを私達は望まない。多くの人間の命が犠牲になって創られた偽物の世界なんて必要ない。10年前亡くなった本物の私があなたのやろうとしていることを知ったら、絶対に止めさせると思う。これ以上罪を重ねないで。今からでも遅くないから自首してほしいって」
夏海は自分の思いをぶつけて説得した。だが、ラブは奇妙な笑い声を出し、予想外なことを口にする。
「多くの人間の命が犠牲になって創られた偽物の世界なんて必要ない。予想通りな答えですね。それなら、デスゲームに負けて哀れな最期を遂げた人たちを全員生き返らせてあげると言ったらどうします?」
島田夏海は言葉を詰まらせた。恵一と美緒はラブが言っていることの意味が分からず、困惑してしまう。
「生き返らせるだと? 一度死んだ人間は生き返らないんだ。こんなことができるはずがない」
恵一の正論を聞き、ラブはニヤっと笑う。
「そう。だからこの世界で永遠に生き続けるんですよ。一部の関係者しか知らない話だけど、最終フェーズに突入したら犠牲者全員生き返らせて、この世界で永遠に暮らしてもらうんです。NPCとして生まれ変わり、デスゲームに関する記憶や、ここが仮想空間であるという事実を忘却した存在として幸せに暮らす。その中であなたは自由に恋愛をすればいい」
説明しながら、ラブは夏海を指差した。それからラブは茫然と立ち尽くす彼女に近づき、耳元で囁いた。
「あなたのワガママで、これまで犠牲になった多くの人間が再び暮らす世界が奪われる。そんな酷いこと優しい夏海ちゃんならできないよね?」
この一言で夏海は崩れ落ちた。彼女の瞳からは涙が流れる。一方でラブは勝ち誇り、両手を叩く。
「はい。説得失敗。ゲーム続行……」
「違うな。お前のやろうとしていることは、自己満足だ」
絶望を打ち砕くような怒りの声を恵一が出す。それに対し、ラブは首を傾げた。
「自己満足? これの何がいけないんですか? 私はゲームに負けて無残に死んでいった人たちを救済しようとしているんですよ? 10年前の震災で亡くなった友達と同じように」
「10年前の震災で友達を失ったんなら、分かるはずだ。突然死んだ人の家族や友人の気持ちが。このやり方だと、多くの人間が10年前のお前の気持ちを体験することになる。そんなことを彼女たちは望まないはずだ。その証拠に、島田さんはラブを説得しようとした。この意味が分かるか?」
そう問われ、ラブの失われつつあった良心が微かに蘇り、大粒の涙を流した。
諦めたのだろうと夏海はホッとする。だがそれは間違いで、本物の椎名真紀はスーツのポケットから拳銃を取り出し、自身の頭に近づける。
「私が死なないとシニガミヒロインのコンピュータは停まらないの。これで犠牲になろうとした多くの人間の命が救われる。私はこの世界で死んでも、昏睡状態にならずに自由な行動ができるんだけどね」
「それで現実世界に戻ったら、本当に自殺するつもりか?」
恵一の推測に続き、友達の過去を知りショックを受け黙り込んでいた美緒が訴える。
「真紀。死んだらダメ。ちゃんと罪を償って」
友達の説得を聞き、椎名真紀がイタズラに笑う。
「赤城君の答えによってね。最初に椎名真紀のことを思い出した時、多分何かの出来事と一緒に思い出したんだと思うけど、それってどんな記憶だったの?」
「夕暮れ時に学校の校舎、真紀が哀しそうな顔で窓の外に映る景色を見ていたんだ。それが真紀を最初に思い出した時に蘇った記憶だ」
「その日のことを思い出すなんて。赤城君の心に刻み込まれていたのは、東郷深雪じゃなくて椎名真紀だったんだね」
椎名真紀は涙を流しながら、恵一の元へ歩み寄り、彼の耳元で囁いた。
「ありがとう」
次の瞬間、銃声が響く。真紀の頭を銃弾が撃ち抜いた。真紀の頭蓋骨が銃弾で撃ち砕かれ、周囲に血痕が飛び散る。

「シニガミヒロイン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く