高校ラブコメから始める社長育成計画。

すずろ

12.交錯

「兄貴! なんとかしろよ! プロデューサーだろ!」
「んなこと言われても……さっきの決意はどこいったんすか」

 今俺たちはヒロさんの美容院へ来ている。
 や、正確に言うと、ヒロさんの美容院を影から覗いている。
 一緒に音楽をやりたい、その気持ちをすぐ伝えるためにここまでやってきたのだが、ナオミ姐さんがイモりだしたのだ。
 途中までは良かったのだが、電車に乗ってこの街へ近づくにつれナヨナヨ。
 それでこうして影に隠れ、ヒロさんを待っているのだ。

「た、たのむよお、兄貴くん」

 ナオミ姐さんがうるうると涙目になっていく。
 この人、本当に泣き虫だったのかよ。

「もうすぐ出てくるんじゃないですか。明かりが消えたし」

 美容院の前までやってきた俺たち。
 結局営業時間の終わりまで隠れていた。
 本当は休憩時間にでも出てきてもらおうと思っていたのだが、イモ姐さんのお陰でこのざまだ。
 美容師さんは残って練習したりが大変だと聞いていたから、いつになるかと心配だったが、今日は残業もない様子。
 案の定ヒロさんが勝手口から現れた。

「あああ兄貴くんから声かけてくれっ!」
「はぁ……!?」
「まっ、まだ心の準備がよ! あとで出ていくから!」

 ささっと草むらに隠れるナオミ姐さん。
 もう、仕方のない人だな……
 俺はヒロさんの元へ近づく。

「ヒロさん」
「ゲッ! ゆーまか!?」

 俺が呼び止めると、ヒロさんは驚いた顔でそう叫んだ。
 似たもの夫婦かい!

「……なんでスタジオ来ないんすか!」
「そりゃ……オレはもう辞めたから」
「なんでですか! あんなにナオミ姐さんと――」
「そうだよ! オレはナオミが好きだから! だからよお……」
「ちょっ! シー!!」

 やっべー。
 いきなりそれを言うとは思わなかった。
 後ろに姐さんいるんだけどな。
 ――ガサッ。
 絶対出てくる機会を失ってるわ……
 そんなこととはつゆ知らず、ヒロさんは続ける。

「前も言っただろ。オレはあいつのことが好きなんだ」
「顔が好きって聞きました」

 ――ガサッ。
 なんか後ろで反応してるけど知ーらね。

「ああ。顔が好き。声も好き。性格も全部好きだぜ。あいつは……美しい」
「うつく……ベタ惚れっすね」
「ああ。でも、だからこそだよ。あの美しさはな……独り占めしちゃいけない。もっとたくさんの人に見てもらいたいんだよ。もっとたくさんの人に知ってもらいたいんだよ」

 その気持ちは分かる。
 俺もりぃの魅力をたくさん自慢したい。
 あの天使をお茶の間に届けたい。
 そしてみんなから褒められて崇められて……妹が幸せそうに笑ってるのを見たいって思う。

「それがナオミにとっても、幸せになれる道なんだよ。オレが邪魔しちゃいけない」
「……グラサンが言ってたやつですか」
「ああ。オレじゃあどんだけ頑張っても、あいつの魅力を最大限引き出せないんだ。オレが横にいる資格は……無いんだ」

 その時だった。
 ――ガサッ!
 俺の背後から突如現れる魔女。
 ……じゃなかった、ナオミ姐さん。

「うえっ!? はっ!? おまっ!?」
「ふ……ふざけんなっ!!」

 オロオロするヒロに向かってナオミ姐さんが怒鳴る。

「テメエに何がわかんだよ!!」
「いや、だから、オレには音の色がわかんねーって話で……」
「ちげーよ! 勝手に私の幸せを決めつけんじゃねーっつってんだ!!」
「はぁ……?」
「バカ! アホ! ボケナスのトンマ! テメエなんて大嫌いだ! 二度とその面見せんじゃねー!!」

 そう言うとナオミ姐さんはプンスカと立ち去った。
 何言ってんだか。
 コミュニケーション下手な俺でも分かるぞ。
 やっちまったなーと。

「大嫌い……だって……ぐすん」

 ヒロさんはヒロさんでガックリと肩を落としている。
 最悪だ……
 この二人、予想を遥かに超える面倒くささだ。
 こじれた。
 超ややこしくこじれました。
 まずナオミ姐さんを呼んで反省会だな……
 俺一人じゃもうだめだ。
 例の会議、開くか――

「高校ラブコメから始める社長育成計画。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く