高校ラブコメから始める社長育成計画。

すずろ

03.精鋭

 そして別の日。
 今日はバンド練習見学、メンバーとの初顔合わせの日だ。
 音楽スタジオは一駅向こうにある。
 めったに降りることの無い駅だが、こないだ院長に俺の歓迎会を開いてもらった店がある駅だ。
 いわゆる呑み屋が多い駅前。
 奇抜な格好の姉ちゃんたちがウロウロしていて正直ビビる。

「おっ、来たな! おーい! こっちだ!」
「言われなくても見えてるっつーの……」

 そんな街で、特に目立っている女が俺たちに手を振っている。
 彼女がバンドのボーカル、ナオミだ。
 俺たちは――というか主に妹のりぃがそのバンドに勧誘されており、今日初めてスタジオ見学するため、この街へ来た。

「どきどきするの……」
「大丈夫、俺がついてるからよ」

 ぽんぽんと頭を撫でてやり、妹を落ち着かせる俺。

 ナオミにスタジオへ案内され、受付で見学会員登録の手続きを済ませる。
 そこへツーブロックのパーマで茶髪の顎鬚兄ちゃんと、デカい図体の男、そして細くて綺麗な銀髪の……少年? らしき人がやってきた。

「あ、こないだの美容師さん!?」
「おっ、こないだのお客さん!」

 俺は顎鬚さんを見て声を上げた。
 そう、以前エリカと一緒に行った美容院で、俺がカットしてもらった人だったのだ。
 新谷さんと言う名前の美容師さん。
 衝撃的な体験だったから、帰りに貰った名刺は今でも財布に入っている。

「そかそかー、新メンバーはエリカちゃんの友達だったかー」
「あ、加入予定なのは俺の妹で……」
「ほう、ナオミ、この子か?」
「ああ、この美少女がりぃだ。歌声聞いたら、お前らぶったまげるぞ」
「よろしくりぃちゃん。可愛いね」

 すっと手を差し出したのは銀髪美少年。
 思わず俺の後ろに隠れるりぃ。

「あらら、逃げられちゃった。シャイだね。僕はベース担当の啄木たくぼくだよ。よろしくね」
「あ、どうも、俺はこいつの兄で百瀬ゆーまと言います」
「啄木は兄貴くんと同い年だ。仲良くしてやってくれ」
「そうなんですか、よろしくです」
「うん。敬語はいいよ。よろしくねー」

 しかし美少年だな。良い人そうだし。

「ちなみにすぐ女にちょっかいかけるのが、こいつ啄木の悪い癖なんだが」

 良い人じゃなかった!
 ササっと妹を守るように両手を広げる俺。

「あは、大丈夫だよゆーまくん。メンバーとファンには絶対手を出さないから」
「は、はあ……」
「このデカくて大人しい奴がドラムの丈太じょうた
「ふぬっ」
「んで、オレが新谷ヒロ! ギター担当で一応リーダーやらせてもらってる! よろしくな!」
「ども……よろしくです。ほら、りいも」
「……よろしく……なの」

 ぺこりと頭を下げ、また俺の後ろに隠れる妹。
 やはり俺がついてきてよかった。
 一気に色んな人が出てきて、人見知りな妹にとっては困惑しているのだろう。
 そんな俺も胸がバクバクいってんだけどな。
 タバコの匂いが充満するスタジオのフロア。
 異世界へ迷い込んだ俺たちは、女魔王のようなボーカルさんと、剣士みたいなギターさん、オークのようなドラムさんに、エルフみたいなベースさんの仲間になったのだった。


「それじゃあ、いきなりだが合わせてみっか」
「おう、『哀憐あいれん』だな?」
「おっけー。打ち合わせ通りでね」
「ふぬっ」

 スタジオに入る俺たち。
 りぃのオリジナル曲を、ナオミたちが楽譜に起こして編曲してくれたらしい。
 少し音合わせをした後、早速披露してくれることになった。

「りぃもほれ、こっちで歌うんだ」
「うん……」

 十畳ぐらいの狭いスタジオ内。
 防音扉をガチッと閉め、隅っこのパイプ椅子で見学する。
 なんか俺、前にもこんな定位置に座って見学してたような。
 あれは確か、アホの才川の――ま、いいか。

「ワンツースリー……」

 ダダッダダッ。
 ドラムのカウントの後、激しくギターとベースが揃ってカッティング。
 ちらっとギターをかじったことのある俺から言わせてもらうと、プロが弾いてるDVDでも見てるような卓越した指さばきだ。上手い。
 ズッズッタンツカ――迫力のあるドラム。
 これがスタジオ練習か。耳が痛てーぜ。爆音だな。


「……」


 RAGERAVEによる哀憐。
 りぃの作ったその曲は、バンドのアレンジによって凄まじいものになっていた。
 例えるならそうだな……もともと吹雪のような曲に、さらに曇天の雷が加わり、動物たちが一斉に逃げ出す破壊の詠唱になった、と言ったような感じか。
 身体中に突き刺さるような曲だった。


「どうだっ!?」
「すごいの……」
「ああ……」
「おお! 良かった良かった! 嬉しいなあみんな!」
「ふぬっ!」

 りぃも目をキラキラと光らせている。
 生で聴いたからっていう装飾はあるだろうけれども、普通に売れんじゃねーか?

「これ、CDにしたら売れんじゃねーっすか?」
「だろお!? 私たちはこの曲を引っ提げて、今度のロックフェスに参戦すんだよ!」
「ロックフェス?」
「ああ、予選を勝ち抜けば海岸の野外ステージでライブできんだよ」
「あ、それ知ってるかも」
「テレビで見たことあるの……」
「そうだろうな! どうだ? わくわくしねーか?」
「あのステージに妹が立つ……?」
「ああ、見てみたいだろう?」

 りぃが海辺のステージで歌う……だと!?
 ……可愛いだろうなあ。
 りぃは地上に降り立った天使だからなあ。
 一人でも多くの人に聴いてもらいたい。
 俺はそんな可愛い妹の兄貴だからな。
 悪いなみんな、帰ったら家では独り占めできんだぜ。

「ぐへへ」
「にぃ……?」

 おっと、夏香みたいな変態声が出てしまったわ。

「そりゃ、見てみたいさ。りぃの歌声を、歌う姿を。お茶の間の皆さんに見てもらいたいぞ!」
「よし! 兄貴の許可も出たが、りぃはどうなんだ?」

 ナオミはりぃに問いかける。
 そうだ、こればっかりは、りぃ自身がやりたいかどうかだ。
 妹の気持ちを尊重してやりたい。
 今のストリートライブでも十分頑張ってるし、楽しそうにやっている。
 俺はその姿を見るだけでもかなり満足していた。
 だから、無理にバンドに入ってもらいたいわけではないし、ここからはりぃのやりたいようにやらせたい。

「兄ちゃんはりぃの味方だからな、りぃが決めたらいい」

「…………たい」
「ん?」

「うたい……たいの!」

「よっしゃあ! 決まりだな!!」
「あは、よろしくね、りぃちゃん」
「よろしくなー!」
「ふぬっ」

 こうして俺たちは正式にバンドに加入することとなった。
 りぃはボーカル、俺はあくまで保護者として――じゃなかった、エグゼクティブプロデューサーとして。
 バイトにトレーナーにと、さらに忙しい毎日になるが、りぃが幸せなら俺も幸せ。
 りぃより大事なものなんか無いからな。
 ま……最近は同じぐらい大切なものが増えていってるけど。
 何とは言わねーぞ、恥ずいから。

「よし! 兄貴くんも手伝え! さっそくフェスに合わせてスケジュール組んでくぞ! まずは――」

 無邪気な笑顔で語り出すナオミ。表情の豊かな人だ。感情が全身に表れるタイプというのか。アーティストって感じだ。
 そして、ロックフェスの予選か。
 なんかこないだの陸上の大会みたいだな。

「しっかりプロデュースしてくれよ! 百瀬P!」
「いや……俺……やっぱただのマネージャーからにしてくれませんかね……」

 プロデューサーという大義名分のプレッシャーを、今更ながら感じ始める俺だった――

「高校ラブコメから始める社長育成計画。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く