高校ラブコメから始める社長育成計画。

すずろ

02.雷同

「――だから、りぃをくれっつってんだろ!」
「あんたに娘はやれん!」
「いや妹だろ……」
「りぃをどうする気だ。いくら可愛いからといえ、魔女にされては、兄貴として黙っておれんのだ!」
「まぁ、あながち魔女になってもらうというのは間違ってはいないのだが」
「ほれみてみ!」
「頼む! うちのバンドに新しい色を入れたいんだ!」


 ナオミはバンドのボーカルだ。
 バンド名は『RAGEレイジ RAVEレイヴ』と言ったか。
 りぃがこないだ自慢げに俺に話してきたな。
 RAGEは憤怒や渇望などを意味する英語。
 RAVEは荒れ狂うとか、うわごとを言うといった意味の英語。
 さらに『0時0分れいじ れいぶ』を文字ってるそうで、全ての始まりの時を表しているという、厨二病が好きそうなネーミングセンスだ。
 ――すなわち俺も嫌いではないわけだが。
 ちなみに結婚式フラッシュモブのアイデアを出してくれたのも、このナオミだ。
 五月の空の下、クリスマスキャロルを歌いだした衝撃は忘れない。
 アイデア力に富んでいる人間のようだ。


「しかし、いきなりっすね……」
「あっそうだよな! これ、やる! 手土産だ!」

 手に持っていた紙袋を俺の胸に突き出すナオミ。
 中を見ると菓子折りらしきものが入っている。
 こんな時間に尋ねて来たくせに、ずぼらなのか律儀なのかよくわからん女だ……

「まあ、とりあえずあがってくださいよ……」
「おう、邪魔するぞ!」
「なおたん!」

 ブーツを脱いで、上がり框へ足をかけるナオミのもとへ走り寄るりぃ。
 この夏場にブーツて……そして相変わらず金髪に毛先が赤毛、ごりごりのシルバーアクセ。異世界感ハンパねえ。
 なんか俺の頭には心配しか過らないんだが大丈夫か……?


「――つまり、りぃをバンドのボーカルとして迎えたいと……」
「そうだ。りぃと私でツインボーカルとしてやっていきたいんだ」
「しかし姐《ねえ》さんよぉ、りぃはまだ中学生ですぜ」
「だから手土産持ってきたじゃねーか! 責任者を出せ! 責任者を!」
「どこのクレーマーだよ」
「じゃあ兄貴くん、あんたも憑いてきていいぞ!」
「どこの霊だよ」
「そうだ、マネージャーにしてやろう!」
「マネージャーねー。そんな肩書きあってもなあ……」
「ふむ。肩書きが欲しいのか?」
「ああ、俺は将来、社長になる男だもんで」
「ふむ……」

 ナオミは顎に手をやり、ニヤリとほくそ笑む。
 肩書きを得るように院長から言われている俺だが、変なのはいらないぞ。

「では兄貴、あんたを我がバンドのプロデューサーにしてやろう!」
「プロデューサー……悪くない響きだ……」
「それも、エグゼクティブプロデューサーだ!」
「エグゼクティ……よくわからんが強そうな響きだ……」
「だろう? 映画とかのクレジットでいえば、『製作総指揮』だ!」
「……!」
「製作総指揮だ!」
「……!!」
「宮○駿だ!」
「やります」

 思わず了承してしまう俺。
 音楽界の○崎駿になる男か。
 悪くない……ぐふふっ。

「……兄ぃ?」
「よし、次のバンド練習から参加な!」
「りぃは、見てから考えたいの……」

 俺の裾をぎゅっと掴み、呟くりぃ。

「そ、そうだよな! すまんりぃ、勝手に決めちまって」
「兄貴くんはもう加入決定だからな!」
「ええ!?」
「もう……兄ぃったら軽いの……」

 心配そうな目で俺を見る妹をよそに、その肩書きの響きに心を奪われた俺は、エグなんとかを引き受けてしまった。
 ここのとこ色々と好奇心の向くままに動いてきたから、変な積極性が身についてしまっているのだろうか。
 これが俺の人生に、また一波乱を起こすことになるとはまだ知らなかったのだ――


「で、何をすればいいんだ?」
「そうだな……特にないけどな」
「は……?」
「しいて言うなら……予算調達や管理、人事とか物販の管理とかだな」
「ほほう。人事か! トレーナーの時みたいにうまく纏めてやるぜ! なんでも来い」

 やったるでーと意気込みながら、グーサインを天に突き立てる俺。

「なおたん、それってマネージャーさんとどう違うの?」
「りぃ、あまり突っ込むな。考える隙を与えるな」
「……わかったの」
「ん? どうした?」
「なんでもねえよ! 頼むぜ百瀬プロデューサー!」

 こうして百瀬りぃと百瀬ぴぃは、バンドの道へ足を踏み入れることとなった――

「高校ラブコメから始める社長育成計画。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ミラル ムカデ

    最後の1文めっちゃ上手い!!

    0
コメントを書く