話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

高校ラブコメから始める社長育成計画。

すずろ

14.地球・ジ・エンドⅢ

翌日――


登校して自分の教室に向かう途中、俺は、ある男に呼び止められた。


「よう百瀬! 昨日ぶりだな!」


朝からご機嫌だな、うっとおしい。
ああ、昨日俺が褒めたヤンキーの才川か。
まだ効果続いてんのか。
単細胞め。


「そうですよね」


俺は、こくこくと頷く。


「お前が昨日さ、センスいいなってゆってくれたブレスよぉ、露店にまだ売ってたから買ってきてやったぜ!」
「は? 俺にくれんの?」


なにこいつ。
単純な奴。
俺にお揃い付けろってゆーのか?
確かにお前には似合ってると思ったけど、俺はヤンキーじゃねえぜ。
いや、まあ見た目はヤンキーぽいとかも言われるけど。
しかし、単純すぎだろ。
これだからヤンキーは単細胞とか言われるんだよ。
まあ、素直に喜んでるところを見るのは悪い気しねーけど。
良く言えば純粋な奴なのかとも思えたりするが。
ちょっと箕面と被るじゃねーか。


「あんた、箕面みたいな奴だな」


俺はいちおう褒め言葉として言ってみた。


「まじ!? そいつぁ、うれしいぜ! 箕面いいよなあ。可愛いし、健気だし、本気で叱ってくれるし、ドジなところも放っておけない感じでよお。俺とは住む世界が違うってゆーか」


かわいい?
ああ、箕面は女だったか。


「そうですよね」


俺はこくこくと頷く。
箕面は美少年ではないが美少女と言われているらしい。
俺にとって女としての外見的魅力は皆無だが、声は好きだ。
三千ヘルツぐらいの音域で、大人しい少女役でもちゃんと通る声。
トゥットゥルー。


「お前、わかるのか! だよなー、俺のことプッシュしといてくれよ! お前、仲いいんだろ!?」


俺はこくこくと頷く。
しかし、こいつよく喋るな。
こんな奴だったっけ。
会話が続かないのが俺の特技だったのだが。
二つ目の龍玉のせいなのか?
勝手に新密度あげられても、俺のほうが付いていけそうにないんだが。


そうですよね、こくこく、か。
確か『そうだよな』でも良いって言ってた。


そうして俺はまた、であろうが、であろうが、であろうが、であろうが、相槌あいづちを打ちまくった。


「百瀬、今日は真面目に授業聞いてるじゃねーか。先生嬉しいぞ」
「そうですよね」
「おお! お前もついに自分を見つめ直してくれたのか! 偉いぞ!」


いや、ほとんど聞いてなかったんだが。
今の、会話としてどうかと思うが、どうやら『そうですよね』は、相手が勝手に良いように解釈してくれる魔法の言葉のようだ。
大人に通用するのは楽でいいな、さすがドラゴムボール。
ついでに鳥とも解り合えた。
気がする。



放課後――


「ゆーま、今日はうち寄ってく?」
「そうだよな」
「寄ってく!? やったー! 見せたかったアニメがあるんだよ! これが泣けるんだよー」
「やや、今日はほれ木曜日、アイツに付き合う約束の日だからよ。行けねーわ」
「あ、そうだったね。……残念! 頑張ってるんだよね、りぃちゃん」
「そうだな。わりいな箕面、また今度」


そういって、箕面と別れた俺は帰宅する。


「ただまー」


玄関を開けると俺の胸に飛び込んでくるペット。
ではなく、百瀬りぃ。
俺の妹だ。


「兄ぃ、最近遅い。しんぱい」


チビで甘えたで軽く厨二病だが、これでももう中学三年だ。
抱きつきながら俺を見る上目使いは破壊級だが、妹ルートは無い。
完全なる血縁だからな。
可愛いが、そうゆう趣味は無い。


とはいえ、こいつのブラコンにも困ったものだ。
内気な性格でアニメ好き、俺に似たせいか、友達もいない。


そんな妹だが、夢を持っている。
俺はその夢を週二、三で手伝いしているのだ。
もともとは俺が興味本位で買ったギターを、飽きて妹にやったのが始まりだ。

「高校ラブコメから始める社長育成計画。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く