ゴブリン転生=乙女ゲーム!?

宮藤小夜

ゴブリンだと!?

俺は・・何かの病気にかかってしまったのだろうか・・。

しかもさっきの声・・っていうか鳴き声・・俺?


いやいやいやいや、まさか。今のはあれだよ、うん。
おなかの音だよ。うん。だって俺今お腹減ってるし・・?

え?肌の色が緑なのは何故だって?それは・・うん。
誰かがペンキで俺にいたずらしたのさ☆さあ、この葉っぱでふこっかな♡


ゴシゴシ・・ゴシゴシ・・・


ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ・・ゴキッ・・・




『あ、あれ?おかしいな。取れないぞ?あはははははは・・は・・
















とれないよおおおぉぉぉおおおおおぉおぉおおおおおおおおおおぉおお!!?
ちょっとなにこれどういうこと!?声も!!俺普通にしゃべってるよねえ!?
間違ってもギイギイなんて言ってないよねえ!?


か、かかかか、かがみ!!そう!鏡・・ってこんな森の中にあるわけないじゃん!!




あああああああああああああ・・あ・・・・あ、れ?・・・この音は・・』












***





『やっぱり!川だ!』


あれは水の音だったんだ!よかった!これでかお・・が・・


『・・・・(*´ω`*)ん?』


ちがう!今のは見間違いだ!そうだよ!あ、ああありぇねぇよ!も、もう一度・・


そして彼は、川をもう一度覗きこんだ。





ーーそしてそこにうつったのはーー







緑色の肌に、つり上がった赤い目。ちっさい丸い鼻に、薄い茶色のとんがり布帽子。


そう、この姿はRPGゲームなどでお馴染みの・・



『ゴブリンじゃないかあああああああああああああああ!!!!!!!!!!』





その(鳴き)声は、森中に響き渡った。

「ゴブリン転生=乙女ゲーム!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く