連奏恋歌〜求愛する贖罪者〜

川島晴斗

第4話:決断

 クオンとその近衛3人は、東方の貴族邸に邪魔していた。
 赤い絨毯が一面に敷かれ、黄金に輝くシャンデリアの吊るされた室内にて、一行はソファーに座って貴族を待っていた。

「ニャッ!」
〈だから、私も大変なのよ。そろそろ婚約しろって、お母様が煩くて敵わないわ〉
「サラも大変なんだねぇ〜っ」

 その中でミズヤはボードを両手で持ち、腰に猫を座らせて会話を楽しんでいた。
 昨日はトメスタスやラナの恋愛事情を聴いたせいか、周りの人の恋模様を気にするミズヤであった。

「ケイクくんは……いいや。ヘリリアさんは好きな人とか居るの〜?」
「えっ……。わっ、私は……いっ、いないですよっっっ!!!」
「そうなのにゃー? 恋ってあんまりしないんたねーっ」
「…………」

 1人納得するミズヤを、クオンがうるさわしそうに見ていた。
 ヘリリアも思い人は居るが、本当のことを言わないあたり、クオンは歯がゆい気持ちになっている。

「サラは僕が好きだもんねーっ♪ 僕もサラだーい好き♪」
「にゃぁぁぁあっ……」

 ミズヤがサラをぎゅっと抱きしめると、ふにゃふにゃになった鳴き声が出た。
 さすがは12年間好きなだけあり、未だサラはミズヤにゾッコンなのだ。
 顔から湯気の出たサラを抱えながら、ミズヤは貴族を待つクオンにも尋ねる。

「クオンは好きな人居る〜?」
「私はみんなが好きですよ」
「あら〜っ、クオンはいいねこさんだねーっ♪」
「…………」

 ほわほわしたミズヤに、「何だコイツ」的な目を向けるクオンなのであった。



 ◇



 クオン達が出張に出てから、また私は考えた。
 私は、こんななりでも長女だった。
 ワガママも言えず、国のために奉仕するための命。
 自分自身を人柱にする事でしか存在価値を見出せない。

 でも、クオンは違うのだ。
 親愛なる妹は国に仕えることを喜び、他人の幸せを望んで動いている。
 私とは違った。
 自分の欲望を考える私とは。

 みんな、欲にまみれている。
 私の親が戦争など起こさなければバスレノスは平和だった。
 キュールは国を取り戻そうとしなければ、これまで多くの者が死ぬことはなかった。
 私が神楽器を求めなければ――

 …………。
 ……魔王よ、お前の望みはわからない。
 人を殺す魔物を生み出し続けるその意味も、人々に神楽器を与える意味も知らん。
 ただ、私に接触した目的ぐらいはわかる。

 ……バスレノス、か。

「……そうだな」

 私は自室でポツリと呟いた。
 その言葉は虚空に飲まれ、誰にも聞かれることなく消えていった――。



 ◇



「わーい! 温泉温泉〜っ! ざぶざぶざぶざぶ〜っ!」
「おい、煩いぞ。静かに入れ」

 一方、ミズヤ達は貴族邸にて温泉に浸かっていた。
 両手で水面を叩いて遊ぶミズヤに、ケイクは鬱陶しそうに眉間へシワを寄せる。
 ちなみに、サラはクオンに連れられて女湯に向かっていた。

「僕、温泉入るの初めてかも……。いやー、月が綺麗ですにゃーっ」
「貴族で屋敷に温泉があるのは、ここだけなのは確かだ。俺もそんなに入ったことはないし、はしゃぐ気持ちはわかる。しかしな……」
「ほっこりしますにゃーっ……」
「…………」

 暴れていたミズヤも段々温泉の色気に飲まれ、大人しくなっていった。
 頬を赤くし、真っ暗な夜空を少年2人で眺めている。

「……なぁ、ミズヤ」
「んー? どうしたのー?」

 湯煎に浸かりながら、ケイクはミズヤに聞く。
 しかし、ミズヤが反応してから少しの間、ケイクは黙ってしまった。
 ミズヤが首をかしげる頃、漸くケイクが問う。

「俺はな、神楽器が無ければお前なんて雑魚だと、最初は思っていたんだ。でも違った。俺はお前に歯が立たん。同い年で、俺よりも訓練を受けた日の少ないお前に、俺は勝てない」
「僕は魔物で実践積んでたからねぇ……。僕の戦い方は型がないし、ケイクくんは僕とやりにくいかもねぇ〜っ」
「魔法も、お前の方が強い。実力ってのは、7色使えるとか使えないとかじゃないんだな……」
「フォッフォッフォ、ケイクねこさんは僕に勝ちたいようですにゃーっ」
「……そのうち負かしてやるからな、覚えてろ」
「うむうむ、ねこさんはいつでも挑戦を待ってるのです」

 頬を緩めながらミズヤは強気にそう言うと、それから2人は無言で温泉を堪能するのだった。
 少しは 親睦を深める少年兵達であった。



 ◇



 その隣にある女湯では、すぐに逆上のぼせたヘリリアが消え、クオンとサラが2人で湯煎に浸かっていた。
 サラのボードが白いお湯に浮き、文字が書かれている。

〈ミズヤと入りたかったわ……〉
「貴女は仮にも女性なのですから、安易に混浴などと考えない方がよろしいのでは……?」
〈ミズヤが5歳の頃から一緒に入ってるわ。アソコの長さだって知ってるのよ?〉
「あそこ……?」

 急にボードの文字が消え、クオンははてなを浮かべるのだった。
 サラは急に話題を変え、ペチペチと肉球でクオンの腕を叩く。

〈クオンは素直で良い子よね。ミズヤには劣るけど〉
「ミズヤは素直過ぎて逆に面倒があるじゃないですか。よく泣きますし」
〈でも、人一倍優しいわ。ふふん、欲しいって言われてもあげないから〉
「……まぁ、欲しくはありますね。主に戦闘面で」

 クオンが素直な感想を言うと、サラはバシャバシャと水面を叩いて暴れた。
 急に怒り出したサラに、クオンは少し距離を取る。

「ニァァーッ!! ニャニャーッ!!!! フシャァァア一!!!!」
「なっ、なんですか……」

 意思疎通の手段であるボードに目をやると、クオンは理由を察する。

〈ミズヤは戦いなんて望んでない!! レジスタンスを駆逐したらさっさとこっちに返してもらうわ!!!〉
「……。そうですよね……」

 クオンはサラの言葉に、改めて諭された。
 争いなんて誰も望んでいない。
 ましてやミズヤなんて、中身はてんで子供で、戦場に立たせたいなんて誰が思うものか。

「早く終わらせて、みんなで平和に暮らしたいですね……」
「ニャッ!」

 お湯をかき分けて泳ぎ、サラはクオンの胸元へ飛び込むのだった。
 すると、またボードの文字が変わる。

〈……アンタ、胸デカくない?〉
「普通ですけど……」
〈そう……〉
「……?」

 なぜか落ち込んだ様子のサラを見ながら、クオンはその小さな毛むくじゃらの体を抱きしめる。
 女湯では小さな女の子が2人、夜空を見上げるのだった。

「連奏恋歌〜求愛する贖罪者〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く