連奏恋歌〜求愛する贖罪者〜

川島晴斗

第2話:ミズヤの気持ち

 みんなそうだった。
 霧代は僕が居たから死んだ。
 サラは僕に会うためにこの世界にやって来てずっと頑張ってきた。
 この世界での両親も、シュテルロードの家も滅んだ。
 瑛彦さんや環奈さん、キトリューさんは僕が居るからこの世界に居る。

 ずっとずっと、いっぱい、たくさん、償えきれないほどの迷惑を掛けていた。

 そして、メイラも死んだ。
 最期の笑み――その意味は理解できても、まだ別の道があったのを僕は知っている。
 僕も君も罪人なんだ、一緒に罪を償って歩んでいくことだってできた。

 僕だって何度も自殺した。
 生き返るたびに地面を殴りつける日々も、過去にはあった。

 君はそんな事も叶わず、もう2度と悲しみも苦しみも、喜びも表せない。
 君は生き返らないから。

 死なない僕に何かしらの力が宿ってるのは、サラと話してなんとなく感じた。
 でも、この力で誰かを幸せに出来たことはなかった。

 僕と近くにいるとみんな不幸になる。
 僕にある力は、他人を不幸にする力だったんだ――。

「ねぇ、サラ……?」

 薄暗い自室で、僕は手探りにサラの感触を掴み、その猫を抱え上げた。
 血の付いた手だったからか、いつもと触り心地が悪かった。

「……にゃー」

 無気力な声が返ってくる。
 とても悲しくも聞こえた。

「……サラ。僕はね、君を不幸にしたくないんだ……」
「にゃーっ……」
「だって、サラは僕のことが本当に好きだもんね。わかるよ、ずっと一緒だったから。だから、僕も大好きなんだよ?」
「…………」

 サラは無言で僕の手を優しく叩く。
 戯れのつもりなんだろう。
 僕の言葉を嬉しく思ってるのが伝わってきた。

 だから、そう。
 僕を好きでいたら、ずっと一緒に居て、不幸にしてしまう。
 だから、

「サラ……」

 ――僕と、別れよう。




 ◇



 軍議室には2つの影があり、外の扉には使用中の立て掛けがあった。
 使用している2人は、本来の目的での利用ではなく、1人の少年について話していた。
 小さな少女から一方的に話を聞き終え、向かいに座る女性は頷きながら言葉を返す。

「それは複雑な心境でしょうね……。前世の記憶があるとしても、ミズヤくんのあの性格では、事の重荷に耐えられないのは明白です」

 フードを脱ぎ、メガネを外した皇后は嘆きの言霊を口から出した。
 全てを見透かしたような澄んだ瞳は、正面に座るクオンを捉えている。

「……母上、私はミズヤに何ができるでしょう?」

 おそるおそるクオンは母に尋ねる。
 母であるサトリはしばし沈黙したのち、こう答えた。

「クオン。貴方はミズヤくんにどうなって欲しいのですか?」
「そんなの、元気になって欲しいに決まってます」
「うんうん、そうですよね……。ミズヤくんは、今は呪いが掛かっている。呪いとは厄介なもので、魔法の言葉じゃないと解除できないのです」
「…………?」

 クオンが首を傾げると、サトリはクスクスと笑った。

「単なる比喩ですよ。呪いとはミズヤくんの今ある負の感情の事。これを解く魔法の言葉を、貴方自身で見つけなさい。それが貴方の成長にもなるのですから」
「…………」

 ダンッと、クオンは机を叩いた。
 いつも冷静な娘が怒る仕草に、サトリは驚いて口を開ける。
 沈黙が流れたのち、クオンは再度口を開く。

「母上……そんな遊びをしている場合ではないんですよ。もし私の言葉でミズヤがこの城を攻めたら、どうなるかわかるでしょう! それほどミズヤは精神が不安定なんですよ!!」

 クオンの怒号が響き渡る。
 小さな体なのに、その言葉は真っ当で力があった。
 実の娘に怒鳴られ、サトリの方は

「……フフッ」

 可笑しそうに笑った。

「……何が可笑しいんですか」

 クオンは訝しみながら尋ねた。
 サトリはクスクスと笑いながら、娘の問いに答える。

「いや、その……フフッ。娘に言い返されるなんて、私はダメだなぁと思ったんですよ」
「…………」

 愉快そうな母の様子に、クオンは顔をしぼませる。
 こっちが困ってるというのに――そう思ってた矢先、サトリがクオンに問い返す。

「クオン、貴方はミズヤくんのことが好きなんですか?」
「……は?」

 間抜けな声が室内に響く。
 突拍子もなく問われ、わけがわからないと言いたい声だった。

「だって、貴方が必死な様子で相談を持ちかけて来て、今も私の言葉に本気で怒っている。貴方はよほど、彼を気に入ってるのですね」
「……。気に入ってるというのは否定しません。私は、彼に命を救われてから変わった気がするんです」
「どう変わってる、と?」

 重ねられる問いに、クオンは堂々と答えた。

「いままで、私は国のことと自分の身の事ばかりを案じていました。ですが彼と共にいて、友人や家族、隣人……国という大きなものよりも個人に目を向けるようになりました。私は彼から多くを学んでいるんです。命まで救われたのに、借りばかり増える。だからこの借りを返したい、それだけです」

 キッパリと言い放つその声はどこまでも真摯で、サトリはにこやかに笑顔を浮かべて聞いていた。
 国よりも個人へ――大陸を統一する皇族の姫として、それはとても大切なもの。

(これを機に成長を、と思いましたが……親がしなくても勝手に成長しているものですね……)

 少し悔しげにそう思い、サトリはため息まじりにこう言った。

「貴方の気持ち、分かりました。ミズヤくんの事について、私が考えられる限りを教えましょう。そして、これからの事も……」
「! はいっ、お願いします!」

 高々と声を張り上げ、クオンは改めて座り直す。
 そしてじっくりと話を聞き、対策を練るのだった。

「連奏恋歌〜求愛する贖罪者〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く