連奏恋歌〜求愛する贖罪者〜

川島晴斗

第1話:カラノール

薄明の空が照らす光はバスレノスの城を照らし、ミズヤの部屋もカーテンの合間を通って差し込む。
優しい光は部屋全体に行き渡り、ミズヤ、そしてサラの頬を撫でていた。

ビシッ

しかし、サラの尻尾がミズヤのほっぺを殴りつける。
それによってミズヤは口を開き、ゆっくりと閉ざされた双眸を覗かせる。

「うにゅうっ……」

パチリと目が開くと、目の前にサラのお尻が見えた。
ペットの猫は顔の真横で眠っていたのだ。

「……ふぁ〜っ」

起こさないように、口に手を当てて小さな声で欠伸をし、ミズヤはベッドから立ち上がる。
交代で寝た割に、よく眠れた――そんな感想を抱きながら、いつものように笑いながら部屋を出た。

食堂にて朝食を食べ、他の側近に挨拶をしてからまた部屋に戻る。
するとサラも起きていて、ミズヤの帰りに扉へと走る。

「あはは……サラ、おいで〜」

ミズヤも笑顔で両手を差し出し、その両手にすっぽりと収まった。
スリスリとサラはミズヤの胸でねだるようにし、にゃーんにゃーんと鳴く。

「お腹すいた〜? 今日は特別な日だから、昔取ったマグロの刺身食べよーねー♪」
「ニャァッ♪」

主人の言葉にサラは声を弾ませ、2人は笑い合う。
というわけで、ミズヤが1年ほど前に海で捕まえたマグロを影から取り出し、勝手に調理場を使って調理するのだった。

サラの朝食も終わってから、いよいよ遠征メンバーが龍亭場に集結した。
白き巨大な龍が1匹停泊しており、グルルと喉を鳴らしている。

「…………」
「……おい、環奈。そんなに嫌そうな顔をするな。気にしても仕方ないぞ」
「……わかってるよ」

竜を見てげんなりとしている環奈に、キトリューは諌めながら肩を持つ。
その様子にクオンの側近とクオンは疑問符を浮かべるが、今回の遠征のリーダーであるクオンがパンッと手を叩いて注目を集める。

「みなさん、おはようございます。今回の遠征は7泊8日の約一週間を予定してますが、諸事情があればもう少し長くなっても構わないと言われています。それと、今回は西方基地に行くわけですから、死ぬ事はありません。気軽に行きましょう」
「気軽で〜すっ」
「貴様はいつも気軽であろうが」

ミズヤの呟きにケイクがすかさずツッコミを入れ、2人を見てやれやれと、少し嬉しそうに息を吐くクオン。
ヘリリアはあわあわとして縮こまっているが、キトリューと環奈も悪い顔はしていなかった。
そして、今回の主役たるサラは――

バチコンッ!

「いたっ!?」

とりあえずミズヤの頬を殴っていたが、それでこそいつも通りと言えるのだった。







「龍遅いわ〜、マジで〜」

飛龍の背で寝転がりながら呟いたのは環奈であった。
ひゅうひゅうと青い空を行きながらも、その速度は彼女が魔法で飛ぶよりずっと遅いのだ。
しかも、龍の上で遊べるようなものもなく、退屈極まりなかった。

「我慢してください、カンナ。私とケイクは【無色魔法】が使えないんですよ。それに、飛んで行けるだけの魔力を持っているのは、貴方とミズヤだけですから」
「アンタら善意も悪意も何もないんか!!!」

環奈が叫ぶとヘリリアが土下座をするが、それ以外の者は空笑いを浮かべるだけであった。
環奈はそれだけの魔力量を持っている――という事は善意か悪意があるといえばそうではない。
その理由を知らないのは模擬戦を見ていないミズヤだけだが、その理由もすぐにわかる。

「あー暇。キトリュー、なんかしよー」
「俺に頼るな」
「じゃあミズヤで遊ぶかねぇ……」
「僕ですにゃー?」

呼ばれたミズヤはゴロゴロと竜の背を転がって環奈の元まで行き、サラと一緒にひょっこり起き上がる。

「……あー、サラもいるんか。どうよ? ミズヤに“猫として”愛される幸せは?」
「ニャァーッ!! ニャニャニャニャーッ!」

質問にいきなりブチ切れ、ビシビシと環奈の足にパンチするサラ。
しかし環奈にはまるで効かず、かえって頭を撫でられてあやされる。

「よしよし。相変わらずわかりやすいねぇー、あんさんは。ミズヤもさー、この子一応メスだし? ……メス? まぁいいや。メスだから、おっぱい触ったりしちゃダメよ?」
「……普通に胸やお腹撫でてたけど、大丈夫でしょうか?」
「うん、飛び降りていいよ」

非情なる死刑宣告とともに、本当にミズヤは蹴り落された。
なんとか魔法で飛べるミズヤはそのまま1人だけ、魔法で飛びながらカラノールへ向かうのだった。







飛び続けること4時間。
ミズヤがマフラーをバサバサ、鈴をリリリリンと鳴らし続け、漸く一向はカラノールへ到着した。
バスレノス城ほどもある巨大な要塞、その周りに広がる寂れた街。
貧困街のその中心にある建造物こそがバスレノスの西方軍事拠点――。

黒塗りの鋼鉄でできた長方形の建物、その屋上に竜を含めて全員が降りる。
すると竜は単騎で身を翻し、来た道を戻っていった。
クオン達が帰りになると、またやってくるのだ。

「……さて、一先ずはこの基地の最高司令官に会いに行きましょう。遠征ですからトレーニングのために、私を含めてみんなには対戦をしてもらいますよ」

クオンはみんなにそう言いつけると、1人で屋上の扉へと歩き出す。
他の者もその方へと足を向け、ゆっくりと続いた。

しかし、ミズヤだけは屋上の壁よりに向かって、貧困街の光景を見た。
ヒビのある白塗りの建物が連なった、寂れた街。
その様相はなんとなく、彼が見たフラクリスラル領に似ていたからだ。

「……ここはそんなに、酷くないはずだよね」

ポツリと溢れた言葉は、この地に住む民を思っての言葉だった。
フラクリスラルで垣間見た、あの日常的な殺し――それはこの国には存在しないとミズヤは信じる。
バスレノスの皇帝、そしてその皇子達の誓ったいくさは人を殺さないもの、貧民も無闇に殺したりしないだろう。

「…………」
「ミズヤーっ! 置いていきますよーっ!?」
「……。……今行くよー」

クオンの呼び声に振り向き、ミズヤも下の階を目指すのであった。
鉄筋造りの建物は壁まで鉄でできており、通路間にある扉はアルミで包まれた木製である。
重い金属で覆う、若しくは金属そのものが扉だと、開くのに力がいる。
木の扉をアルミで覆う事で外観を保っていたのだ。

魔法によって自動扉を作ることも不可能ではないが、そのためには膨大な魔力貯蔵装置や【魔法入力板マジシャン・ボード】を巧みに使える設計士が必要であり、それだけの技術はまだ【サウドラシア】にはなかった。
そうは言いつつも設計できる者はいる。
例えばミズヤ――それに魔王であったり――。
というのも余談であり、ミズヤは見慣れぬ光景に目を輝かせているのであった。

「ひゃーっ……なんだか凄いねぇ、サラ」
「ニャーッ」
「【黄魔法】で電気通ってんのねー。凄いじゃん、150年後の【サウドラシア】。でも、あの城は松明だったんに……工事面倒なんか」

ミズヤと環奈周りの様子に感心しつつ壁に触れたり、少し飛んで照明を見たりする。
道は3人並んで歩くのがやっとの広さだが、多くが子供なので困ることもなかった。

1つ階を下り、3階。
道が少し広くなり、ジャージを着た人も通るのが見え始める。
クオン一向はそれらを無視して進んだ。

「ここですね」

わかりやすく紙の表札に司令室と書かれた部屋に着く。

「マフラー取ったほうがいーい?」
「当たり前でしょう。帽子も脱いでください」
「にゃーっ」

ミズヤはクオンに言いつけられ、帽子とマフラーを外す。
その時環奈はまた何かを感じたようだが、今は何も言わなかった。

「では、入りましょうか」

クオンがそう呟くと共に、扉にノックするのだった。

「連奏恋歌〜求愛する贖罪者〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く