連奏恋歌〜求愛する贖罪者〜

川島晴斗

第7話:セカンド・コンタクト①

 反省会も終わり、各々がクオンの部屋から退室した。
 単独行動を認められた――とはいえ、クオンが部屋に居る際に最低1人は扉の外で待機する事になっている。
 ケイクは夜番があったためこれから眠り、ヘリリアも今夜の夜番である。
 よって、ミズヤが部屋の前待機していた。

「いいですか〜サラ? これからはクオンやヘリリアさんとも一緒に行動するから、女性に嫌がったりしちゃダメですにゃ」
「にゃー……(わかったわよ……)」

 部屋の前で胡座をかいて座り、足の上にサラを座らせて撫でていた。
 この座り方はよくしているが、廊下でするのは初の事で、通る人がよくチラ見をする。

「ニャーッ」
「ん? どーしたのー、サラー?」
「……(なんでもないんだけど)」
「……ふにゃーっ」

 ミズヤはだらしなく息を吐き、ぼんやりとしながら猫をスリスリと撫でる。

「……サラ〜っ。僕も側近になって、お友達増えたよ〜っ」
「……ニャ?(アレを友達っていうのかしら?)」
「この国では僕も犯罪者じゃないんだし、仕事もこなしてるしっ、良かったね〜っ」
「……ニャー(……まぁ、アンタがいいならいいわよ)」

 サラの本当の言葉が伝わらなく、ミズヤにはニャーニャー言ってるようにしか聞こえない。
 だからこそ本音で話す。

「こういう当たり前の事、ちょっと憧れてたんだ。贖罪でもあるけれど……クオンと、この生活を守らないとね――」

 優しい口調で呟きながらサラの顎を撫でる。
 少しは前向きになったミズヤに、サラはコクリと小さく頷くのだった。



 ◇



 日が暮れると、散りばめられた星々の映える美しい夜空が空を満たしていた。
 紫、赤、黄色、様々な光が月とともに空にある。
 バスレノス城、塔の上にはトメスタスが仰向けに寝転がり、星々を眺めていた。

「こんな所にいていいのか?」

 彼の背後に1人の女性が姿を見せる。
 月夜に照らされる銀色のポニーテール、鋭い碧眼は煌めき、夜の光もまた彼女を映えさせる。

「姉上こそ、こんな所で油を売っていていいのか? 第一皇女であろう?」
「今日の用事は済んだ。不出来な弟の様子を見に来たら、やはり怠けている。貴様にも第一子の窮屈さを味合わせたいものだ」
「鍛錬もしているからそうなるのだ、っと」

 トメスタスは上体を起こし、屋根の上に胡座をかいて座る。
 ひゅうひゅうと吹く冷たい夜風は彼らの髪を揺らし、何事もないかのように過ぎていく。

「……なぁ、ラナ」
「なんだ?」
「あの小僧……ミズヤにつっかからなくていいのか? 奴は神楽器を持ってるんだろう? お前がずっと欲しがってた、な……」
「…………」

 弟の言葉に、ラナは考えるように目を伏せて黙した。
 10秒ほど経って、漸くラナは口を開く。

「何故いきなり、そんな事を問う?」
「……ハッ。俺だって気にしているのだぞ? 第一子のお前ではなく、俺が小太鼓を持っている事にな」
「貴様はあのマフラーがなければ飛べない。それだけだろう?」
「確かに。俺も【無色魔法】が使えれば、な……」

 トメスタスは自分の右手を見つめ、強く握りしめる。
 神楽器は、3点セットなのだ。
 マフラー、刀、楽器、これらが揃っている事が通常である。
 その内マフラーには【羽衣天韋】と言うと羽衣となり、空を自由に飛ぶ事が可能なのだ。

 空を飛ぶには【無色魔法】がいる。
 だがマフラーがあればそんなものは関係なかった。
 皇族は4〜5色の魔法が使用でき、それだけであらゆる面において有利であり、神楽器の魔法、【羽衣天技】も多数使用できる。

 しかし、ラナは知っていた。

(……それだけでは、ないのだがな)

 トメスタスに神楽器を託された別の理由を。
 飛べない、それも事実ではある。
 だが根っからの理由は別なのだと。

「……ラナ?」
「いや、なんでもないさ」

 ラナの顔つきから心配そうにするが、彼女はトメスタスにそう言って空を見上げる。

「話を戻すが、確かにミズヤから神楽器を託されれば、皇族2人が神楽器を使うと国の士気が高まるだろう。だが、ミズヤは“全色”の魔法が使える。そして何年も神楽器を持っていた。アイツに使わせてた方が、国のためになるのだ」
「……。そうか」
「あぁ、そうだ」

 国のためになる、その言葉を聞いてトメスタスも納得する。
 無言に帰ると、2人は空を見上げた。
 こうして姉弟で星空を見ることは、そう少なくない。

 何もない静かな夜。
 空気が吹き抜け、城下町に映る光が街の賑わいを表していた。
 その景色を見るのが、2人の昔からの楽しみでもあったのだ――。

 ドォン――!!

「……!?」
「爆発かっ!?」

 だが、その平穏も今は昔――

「ラナッ!!」
「あぁ!! くぞトメス!!!」

 今日もまた、諍いが始まる――。



 ◇



「えーっ!? また僕も行くのぉぉお!!!?」
「いいから来い」

 廊下に座っていた所をラナに襟首掴まれ、ミズヤはじたばたしながら無駄なあがきをするのだった。

「僕はクオンの側近なんだよーっ! トメスさんも助けてぇえーっ!」
「お前は強いだろう。いいから、まずは軍議会議室に行くぞ。今なら父上がいるはずだ」

 トメスタスも止める気がなく、3人で城の1階軍議会議室へ向かうのだった。
 部屋に着くと、そこには皇帝のカライアスがボードを使ってテーブルに着いた者達に何かの説明をしていた。

「会議中失礼! レジスタンスが動き出した! 父上、指示を!」

 扉を開いて早々にラナが声を張り上げ、緊張感が会議室に伝わる。
 皇帝もその言葉を聞き、ボードに差していた棒を置いた。

「ヘイラ、トメスタス」
「んあー?」
「む?」

 会議の椅子に座る1人の男と、トメスタスが疑問符を返す。
 皇帝はそれらを無視し、もう1人やの名前も呼んだ。

「そしてミズヤ。この3名は先に出ろ。ラナは城の警備に努めなさい。後ほど増援を寄越す。行け!」
『ハッ!』
「は〜いっ!」
「うーっす」

 バスレノス姉弟はサッパリとした返事を、ミズヤとヘイラはだらしない返事を返すのだった。

「連奏恋歌〜求愛する贖罪者〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く