連奏恋歌〜求愛する贖罪者〜

川島晴斗

第16話:ファースト・コンタクト②

 色を操る【白魔法】を使い、透明化しながらミズヤ達は進んでいた。
 だが、ヴァムテルは屋上へ向かうといい、ミズヤは3階の階段で見張っていたのだ。
 いずれはバレること――そう分かってはいたが、早過ぎると感じていた――。

(……なぜ子どもがこんな所に? この賭博場に居た大人の連れ子……?)

 一方、フィサは無言でミズヤのいる理由を探る。
 軍人の着ているジャージもなく、異国の服装の少年。
 しかし、その手に持つはドライブ・イグソーブと一本の刀。
 敵かもしれない――しかし、ただの子供なら殺す理由も無い。
 ドライブ・イグソーブも刀も、拾った可能性があるのだから。

 フィサは一度姿勢良く立ち、ドライブ・イグソーブを太ももに固定した。

「君……ここに迷い込んだの?」
「……それはバスレノスに、かな? そういう意味ならそうかもね」
「…………」

 意味のありそうなミズヤの言葉に、フィサは口を閉ざす。
 しかしその意図を読み取ることはできず、質問を重ねた。

「君は、私の敵?」

 率直な質問だった。
 感情の無い声で、微笑む少年へと問い掛ける。
 すると少年はニコッと笑い、短く答えた。

「そうだよ。僕はお姉さんの敵です」

 その言葉が放たれた刹那、フィサはドライブ・イグソーブを手に取り、2つの機体から魔法弾を発射した。
 もはや躊躇う余地はなく、その動作に一切無駄は無い。

「【力の壁フォース・ウォール】」

 ミズヤも魔法を発動し、圧縮空気による壁を生み出した。
 高密度の粒子の壁を魔法弾は乗り越えられず、見えない壁を前に爆散した。

「へぇ……その武器って、そうやって使うんだね? 僕も持たされたけど、なんだかよくわからなくてさ……このボタンかな?」

 ミズヤもドライブ・イグソーブを構え、カシャンとボタンカバーを外して2番目のボタンを押す。
 すると――

 ジャキン!

「……あれ?」

 ミズヤの間抜けな声が響く。
 それはドライブ・イグソーブが、上下から飛行機の羽のようなものを出したからだった。

「……えっ、あれ? じゃあこっちは?」

 間違いだったのを自覚し、おそるおそる1番上のボタンを押した。

 ゴォォオオオオ!!!

 羽からジェット噴射が起き、ミズヤの体は引っ張られるがままに前にぶっ飛んだ。

「にゃにゃにゃにゃ!!!?」
「ッ!? こっちに来るな!!!」

 フィサが制止を呼びかけるも、ミズヤは止め方すら知らない。
 ミズヤはドライブ・イグソーブを掴んだままフィサに突進し――

 ガンッ


 ――フィサの頭を、ドライブイグソーブが激突した。
 ぶつかった衝撃でミズヤは武器を手放し、ドライブ・イグソーブは1人でに飛んで行く。

「ぐうっ……」

 ぐらりと倒れ、フィサは意識を失った。

「わーっ!? ごっ、ごごごごめんなさいっ! 悪気は無いんです! 死なないで〜っ!」

 敵を倒したとはいえ、こんな不慮の事故では申し訳ない――というよりも、前世のあるミズヤとしては、人を轢いてしまった事と同義に思い、即座にフィサを揺するのだった。

「何の音だ!?」
「フィ、フィサ様!?」

 暴れるドライブ・イグソーブの音を聞きつけてレジスタンスが続々と駆けつけてきた。

「え、えと……ご、ごめんなさい! 事故で倒しちゃってその……」
「君、フィサ様に何があったのか教えてもらうぞ」
「え? あ、はぁ……はい」

 ポンッと肩を掴まれ、ミズヤは事情聴取されるのだった。



 ◇



 同刻――最上階。
 下が煩く、紫髪の男とミュベスは一旦屋上へ降りていた。

「騒々しいな……。フィサはこういうのは嫌いなはずだがな」
「何かあったのかしら? お兄様、見てきても?」
「……そうだな、頼む」

 男に指示を受け、ミュベスは速やかに階段を下りていく。
 この場には男1人になり、言葉もなく静かだった。

「……さて」

 男は呟き、空を見上げた。
 今にも此方に参ろうと飛んでくるバスレノスの大群、その中でも頭一つ抜けて速い人物が流星の如く空を駆ける。
 銀髪をなびかせ、右手にはドライブ・イグソーブ、左手にはトンファーの形をした銃――ラージ・イグソーブが握られている。

「ラナか……性懲りも無く現れやがる。貴様もな、ヴァムテル」

 その言葉を呟いた刹那、彼の背後に四方2mほどの紫色の結界が出現した。
何もないはずのそこから、透明化していたヴァムテルが姿を表す。

「やはり気付いていたか」
「この建物は俺の結界が4重構造で覆っている。その中の1つは検知用だ。1階分は住民を逃がすために空けといたが……わざわざ俺の結界内に入ってくる愚か者が2名居たからな。体格まで感知する俺の結界で、貴様を違えるわけがない」

 男は振り返り、紫色の結界に手のひらをくっつける。
 自らが生み出した結界を優しく撫でると、彼はニヤリと笑った。

「この紫色の結界にはいればどうなるか……お前ならわかるな? とっ、そもそも俺の結界は破れない」
「それは貴公が“ブラッドストーンの瞳”を使っている時に限る。我を殺すに至らんぞ」
「どうかね……」

 既に男の瞳はブラッドストーンのように緑と赤、オレンジの入り混じった禍々しい色へと変貌していた。
 しかし――右目はさらに青く変色していった。
 深い海のように青く輝く、新たな宝石の瞳。
 それはまるでサファイアのようで――

「――ぐうっ!?」

 瞳が完成した刹那、ヴァムテルの体は浮き、結界の中でもがき出す。

「ぐっ……ぼごっ……」
「結界内を海へと変える、“サファイアの瞳”だ! そこで溺れて死ね、ヴァムテル!!」
「ッ――!」

 ヴァムテルは咄嗟に拳を振り上げ、ドゴン!という破壊音と共に床を破った。
 穴から下へ抜け出し、結界の中は空になる。

「……ハッ。単身で結界の中に入ってくるとはな。もう貴様は出られない。ねっぷりといたぶって殺してやる……」

 ククククと笑う。
 敵の大将を1人閉じ込め、もはやヴァムテルは結界を出ることができないのだから。
 もっとも――結界を破壊するだけの、強力な力・・・・があれば別なのだが――。



 ◇



「ふえーん、ひどいよひどいよ〜っ!」

 一方3階では、ミズヤは縄に捕らえられ、わんわんと泣いてジタバタしていた。
 ミズヤは素性を明かさなかったため、レジスタンスは迷子の子として捕虜にしている。
 見張りに男女一組の甲冑を着た兵がミズヤを見張っており、2人ともミズヤの様子を見て苦笑していた。
 そのうち、女性の方が屈んでミズヤに言葉をかける。

「ごめんね、ボク? もう少ししたら、作業班と一緒に帰してあげるからね」
「…………」

 帰してもらえる、その言葉にミズヤは首を傾けた。
 建物1つ占領し、人をたくさん殺した。
 そんな悪い人達が、ミズヤの事は解放するというのだから。

「あの……僕は殺さないんですか?」
「え? そりゃあねぇ……子供は悪くないし。巻き込ませちゃったのは私たちの責任だから、ちゃんとお家に帰すけど……」
「…………」

 ミズヤは口を噤んで俯いた。
 帰れない人をたくさん作った人達がそんなことを言うのだから――。
 ミズヤも人を殺している、だから思わないことがないわけじゃない。
 しかし――

「ボク、なんでそんなことを聞くのかな……?」

 核心を突くような質問に、ミズヤの心臓はドクンと跳ねた。
 だってそれは――


 ――お姉さんが、悪い人だから

 ――人殺しは罪だから




 悪い人は――殺さないと――

 そのミズヤに備わる狂気の蓋が開き、ドクンと心臓が脈打つ。
 自身が罪人だからこそ、他人に贖いの辛さを味あわせないための――狂った衝動が、ミズヤの全身を駆け巡る。
 ドクン、ドクンと脈打つ鼓動。
 見開いた目線はレジスタンスの女性を射抜き――

 ドゴン!!!

『!!?』

 刹那に聞こえた破壊音に、全員の視線は奪われた。
 音の先には瓦礫と共に落ちてきた巨漢、ヴァムテルが着地し、3階フロアを走り抜けていた。

「こうなれば仕方ない……戦闘を開始する!!」

 ヴァムテルはその両腕にドライブ・イグソーブを握り、銃器より出現する魔法の刀を構えるのだった。

(ヴァムテルさん……。僕も行かないと、ね)

 ミズヤは手に【黒魔法】で生み出した短刀を握り、バレないようにロープを斬った。
 少しアクシデントはあったが、しかし――ここからが戦闘の始まりだ――。

「連奏恋歌〜求愛する贖罪者〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く