連奏恋歌〜求愛する贖罪者〜

川島晴斗

第14話:決着と来襲

 猫であるサラの瞳のさらに向こう――そこにはサラ・ユイス・アルトリーユの姿がある。
 寝室で座りながら、猫の目を通して彼らの様子をずっと見ていたのだ。

 ミズヤの急な魔力の回復には、彼女も少なからず驚かされた。

(【魅了チャーム】を使ったけど、魔法が強くなる事はない。何故かしら……?)

 彼女はあごに手を当てて思考する。
 ミズヤには彼女が目があったときに【魅了チャーム】を使用した。
魅了チャーム】は名の通り、人を魅了し操ることができる魔法。
 しかし、魔力が強くなるなどということはないのだ。

 ミズヤに【力の雨フォース・レイン】を回避させるべく体の操作を一時得ようとした彼女には、予想外の事だった。

「それはだね、ミズヤが"愛の力"を魔力にできるからだよ」

 突如聞こえたのは中性的な男の声。
 不意に声が聞こえた声に対し、サラは発信源を的確に殴りつけた。
 天蓋付きベッドの傍で一人の男が呻きながら倒れる。

「……君、もう少しまともな挨拶ができないのかい?」
「アンタにくれてやる挨拶は、これで十分だっての」

 悪態をつきながらサラは脳に直接届く映像を見続け、倒れた男はやれやれと起き上がる。
 ミズヤと全く同じ顔立ち――だが細目のその男は、別世界の神だった。

 サラとミズヤが居た世界、【ヤプタレア】の神、アキュー。
 彼は少なからず2人が巡り会えるよう手助けをしている。
 が、元はと言えば彼の妻が原因で2人が別離となったため、サラの当たりも悪いのだが、それはまた別の話。

「……で、何? ミズヤがそんな力持ってるの?」
「おおよそ察しがつくだろう?」
「……。愛律司神ね?」
「そうそう」

 うんうんとアキューは頷き、にこりと笑った。
 ミズヤの前世――1度目の転生まで、彼の中には愛を司り、愛について誰よりも知る神が住んでいた。
 愛律司神という少女が残した力が今回のそれなのだ。

「でも、愛がそのまま魔力になるにしても、どうして急に?」
「さぁ? こっちを見てから強くなったんだし、心のどこかで君を愛してるからじゃないか?」
「…………」

 急に顔が赤くなり、サラは掛け布団に顔を埋めた。
 投げやりに言ったアキューもサラの様子には「相変わらずの相思相愛っぷりで」と肩を竦める。

 しかし、彼も自由律司神という神であり、一応はミズヤの事も把握している。
 ミズヤがサラと視線を交わしたあの時――何かが“共鳴”した。

(これが愛というやつかな……)

 アキューは不敵に笑い、再び頭に流れ込む戦いの映像に集中するのだった。



 ◇



「なに――!?」

 驚きの声はカイサルから上がる。
 自分の魔法があのまま押し切れば勝てるはずだった。
 だが、彼の魔法【力の雨フォース・レイン】は防がれ、破壊しかけた結界は復元されてしまった。

 何が、どうして、どこにそんな力が――?
 思考をめぐらしても答えは出ない。
 だが、これだけミズヤが魔法を使っていれば、ミズヤの魔力は残りわずかという確信はあった。

「ミズヤ、いつまで保つ!? 今降参するなら許してやるぞ!」
「…………」

 見えない攻撃の雨が降り注ぎ、中庭の地面にいくつもの穴が開く。
 だが、ミズヤを守る結界は破れることなく現状を保っていた。

(……一撃必殺がいいな)

 ミズヤは空を見て思う。
 もうじき雨が降るし、この戦いはもう終わらせたい。
 2度も必殺の攻撃を行うも防がれたが、あれは単純に威力不足で、策を使ったものだった。
 今度は力任せの魔法を使う――そして終わらせる。

(……サラ)

 もう一度、彼は自分のペットしである猫を見た。
 赤い瞳を持ち、じっとミズヤを見据える猫。

「……ほんと、なんでだろう」

 言いながら、ミズヤは左手で柔らかく空を掴む。
 その手に赤い魔力光が包み込み、やがて光は弓の形に変わる。

「サラが応援してくれてるの、目を見たらわかるんだ。だから――」

 右手に持った刀を捨て、弓の弦を引く。
 するとたちまち、結界内にはポウポウッと赤い光球が出現する。

「――"沙羅"の前で、情けない姿は晒せないよ」

 赤い光球は100を超え、構える弓にも赤い矢が神々しく収められている。
 夜を赤く染め上げるような、眩い光が発せられた。

「なっ――どこにこんな魔力が――!?」

 膨れ上がる魔力を感じ、カイサルは【力の雨フォース・レイン】を止めて結界を張り巡らせる。
 まともに喰らえばヤバいという直感があったのだ――。

(……この魔法、どこかで見たなぁ)

 ミズヤはふと思う。
 自分の使う魔法がどこかで見たことのあるものだったが、なんだったかは思い出せずにいる。
 きっと何かのアニメかと自己完結し、改めて矢をカイサルへ向けた。

「【狂気色インサニティカラー、赤】」

 バチバチと光球が放電する。
 絶縁破壊を起こしながらも数百の光球が光を放ち、そして――

「【羽衣天技はごろもてんぎ】――【七千穹矢ななせんきゅうや】」

 そっと魔法の名を口にし、矢を放す。
 ヒュンと空気を切って矢が進み――その後を追うように、全ての光球が矢と同速で突き進む!

「ッ――!!!」

 カイサルは目を見開き、結界に全魔力を注ぎ込む。
 喰らえば死ぬ――目に見えてわかる現実に、彼は必死だった。
 やがて、先頭の矢がぶつかる。
 ゴウンと唸り挙げて衝撃を生むや、矢はすぐに爆発した――。

「ぐぉぉぉおおおおお!!!」

 爆発の衝撃で今度はカイサルの結界に亀裂が走る。
 そして息づく間も無く、次々と次弾の光球達がぶつかり――大爆発した。

 轟音が響き渡る。
 敷き詰められた夜の雲とは別に、大きな黒煙が空に広がる。
 その中から、1つの物体が落下をしていた。

「…………」

 ミズヤは無言でその物体に【無色魔法】を掛け、ゆっくりと浮かせて自分の前に寄せる。
 ゆっくりと運んできたのは、かろうじて意識のあるカイサルだった。
 爆発のせいで黒く肌が汚れ、服は一部が吹き飛んでいる。
 だけど、体に目立った外傷はなかった。

 カイサルの疼く目がミズヤを捉え、かろうじて彼はミズヤに問うた。

「何故……手加減、した?」
「……殺す気はありませんから。【黄魔法カラーイエロー】、【治癒ヒール】」
「……そうか」

 ミズヤはカイサルに回復魔法を掛け、戦いの傷を癒した。
 外傷もあまりないカイサルはすぐに回復し、ミズヤの魔法なしで立ち上がる。

「……見事だミズヤ。お前の言う事はもっともだと、私だって昔から思っていたんだ。叶えられるかはわからないが、国に言ってみよう」
「はい……。ありがとう、ございます……」

 約束を交わすものの、ミズヤは哀愁に満ちた目をした。

(勝った……けど、メイラは……)

 彼の友人だった少女は戻って来ない。
 領地を探すにしても、まともに探せるような場所でもない。

 少年は勝ったはずなのに、膝をついた。
 戦いが終わり、家族に等しい人を失った現実が彼を襲う。
 だが――





 ドォォォオオオオ!!!

『!!?』

 直後に響いた爆音に、彼は再び立ち上がる。
 後ろを振り返れば、彼の家は半壊し、瓦礫が崩れ落ちる最中であった――。

 その上空には黒い骸骨のようなモノが2体。
 まだ思慮に浸るには早いらしい――。

「連奏恋歌〜求愛する贖罪者〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く