話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

この夏俺は世界を守る巫女に生まれ変わりました

りょう

閑話3約束

 ある日の晩、あの夢の続きを見た。

 今度は視界がはっきりしていて、目の前には巫女服の女性がいる。私は彼女と何かを話しているみたいだった。でもこの夢、一つ不思議なことがある。

(何だろうこの、すごく現実感のある夢は)

 今まさに私がその場にいるかのごとく、夢は続いていく。いつの間にか場面は切り替わり、今度はどこからか帰ってきた巫女と、私が二人きりの空間。私はその場にいる。こちらから声をかけようと思ったが、それよりも先に声がした。

「向日葵?」

 それは紛れもなく私が求めていた咲ちゃんの声。でも何故だろう、この声が目の前の巫女から聞こえているような気がする。口を動かしているせいか、余計に彼女が喋っているかのように思えた。

「この声、咲ちゃんなの?」

「そうだよ。俺は今ここにいる」

「やっと、私会えたんだね」

 ずっと聞きたかった。姿が見えなくても、たった一度から声を聞きたかった。そして今彼の声が聞こえているということは、まだ彼は生きていることが分かった。

(私はそれだけでも嬉しいよ咲ちゃん)

「どうやらあるべき場所に戻るみたいだな」

 だがその再会の時間はあっという間で、本当はまだまだ話したいことがあったのに、私の意識は徐々に薄らいでいく。

「「絶対にまた会えるよね?」

「ああ。今度はちゃんとそっちで再会をするから、もう少しだけ待っててくれ」

「分かった。絶対に帰ってきてね咲ちゃん」

「約束だ」

 その言葉とともに、私の意識は完全に空間から離れていった。

 ◼︎◻︎◼︎◻︎◼︎◻︎
「え? 咲田生きているって?」

 翌日、雄一にこの事を話した。咲ちゃんが生きているという事実だけでも分かれば、もう絶望する必要なんてない。それだけでも嬉しかった。

「うん。信じられない話かもしれないけど、私咲ちゃんと話をした」

「そっか。生きていたのか」

「疑わないの?  結構私アレな話をしていたけど」

「前にも言っただろ? まだ生きているかもしれないって。それが現実になっただけなんだから、疑う必要もないよ」

「そうだよね。本当夢みたいだけど、生きていたんだよね咲ちゃんが。よかった……よかったよぉ……」

 ずっと不安だった。咲ちゃんにもう二度と会えないんじゃないかって。でもその不安も今なくなって、私の中には希望が広がった。だから自然と涙が私の目から流れていた。

「でもその涙は、あいつに会った時に取っておけよ」

「うん……」

(私達ちゃんと待っているから、絶対に帰ってきてね咲ちゃん)

 ◼︎◻︎◼︎◻︎◼︎◻︎
 セリーナがわざわざ手配した飛空挺でグリアラへと向かう中、俺はなかなか眠りにつけずにいた。

(今回は何とか向日葵を助けられたけど、また起きそうなんだよな……)

 どうしても一昨日までに起きた全てが、再び起きそうな予感がしていた。何とか今回は難を逃れたが、また次いつ起きるのか分からない。それにあの時の言葉は俺のものではない。一体あれは誰の声なのだろうか?

「こんな時間まで起きていたら、明日大変ですよ巫女様」

 ボーッとしていると、いつの間にいたのかセリーナが声をかけてきた。

「分かっているんですけど、色々考え事をしていたら眠れなくなって」

「一昨日の事ですか?」

「はい……」

 一応セリーナには細かく話してはおいたので俺が悩んでいるのか、彼女は理解してくれている。

「まさかコロナさんが、巫女様の命を狙っていただなんて思いませんでしたよ私」

「そもそも彼女は既に死んでいる。それなのに他の身体の魂を借りてまで、晴らそうとする恨み。私には理解しがたいです」

「でも恨みを買われるのは、仕方がないかと……」

「仕方がない? どうしてですか?  私が水の姫巫女がかつての惨劇のトリガーだからですか?」

「そうは言っていません。全て巫女様のせいではないです」

「全部ではないけど、原因の一部ではあるんですね」

「あ、えっと、それは……」

「もういいですよ。分かりましたから」

「巫女様……」

 別に直接的な原因が自分にあるわけではないのに、どこか責任を感じてしまっている。当時、どんな名前の人が水の姫巫女をやっていて、何をして何を起こしたのか今の俺には知ったことがない。でも、同じ水の姫巫女である以上責任がある。だから命を狙われても……。

『ごめんなさい、この世界の人間でもないあなたを巻き込んでしまって』

「え?」

 突然どこからか声がする。この声は……。

「もしかしてラファエルに襲われた時の……」

『突然な形でごめんなさい。でもあれだけは守らなければいけなかったんです。あの先にあるものは、確実に悲劇を再び生み出してしまいます』

「あの扉の先に何があるのですか?」

『あなたも知っていると思いますが、数百年前にこの世界は大きな災害に見舞われました。扉の先には、その災害の中枢と言えるものがあります』

「でもそれと、どうして水の姫巫女が関係あるのですか?」

『水の姫巫女はその中枢の鍵とも言える存在。二つが一つになった時、この世界は本当に滅んでしまいます』

「そんな大げさな」

『大げさと思ってしまいますが、事実なんです。だからあなたには知っておいてもらいたい、私達水の姫巫女の全てを。かつての惨劇を』

「水の姫巫女の全てを?」

「この夏俺は世界を守る巫女に生まれ変わりました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く