話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

この夏俺は世界を守る巫女に生まれ変わりました

りょう

第52話喧嘩するほど

 咲田が倒れて、シャイニー達が慌てている頃、グリーンウッドでは未だに大暴れする二人がいた。

「はぁ、はぁ、いい加減倒れなさいよ。クスハ」

「そっちこそ」

「お主らは何でそこまでして喧嘩するんじゃ。全く分からぬ」

 かれこれ二時間以上に渡る戦いは、両者ボロボロになりながらも決着つかず。それをずちどと見ているだけのムウナは、呆れてものが言えなかった。

「何で……いつもそうやって、喧嘩っ早いのかしらね。あなたは」

「そっちこそ……」

「次で……終わらすわよ」

「ええ」

 最後の一撃と言わんばかりに、相手へと向かう両者。二人とも武器は持っておらず、最後の一撃を全て己の拳に託していた。

「終わりよクスハ!」

「そっちこそね、グリアラ」

 お互いの拳が交差しあい、放たれるクロスカウンター。二人の拳は相手の拳を捉え、そして攻撃を食らった両者はその場に同時に倒れた。どうやら決着はついたらしい。

(いつからボクシング漫画みたいな展開になったんじゃ? この戦いは)

 やれやれとため息を吐きながら二人に歩み寄るムウナ。

「お主達はそこまでするくらい、不仲だったのか?」

 そして疑問を投げかけた。どう見ても仲がいいように見えない二人なので、ムウナは思わずそんな言葉を発してしまった。

「何言っているのよムウナ。これはクスハを正気に戻す為のものに決まっているじゃない」

「正気って、彼女は何かに囚われていたのか?」

「そうよ。そうでなきゃ私だって、ここまで本気でやらないわよ」

「そんな事考えているようには、妾には見えなかったがのう」

 会うなり始まった喧嘩だったので、果たしてグリアラがそこまで考えていたのか疑問であるが、あえてそれをムウナは聞かなかった。

「いたた、もう何でそこまで本気でやるのよグリアラ」

 そんな会話をしている間に、しばらく意識を失っていたクスハが目を覚ます。お互いかなり怪我しているのに、よく生きていてられたものだ。

「クスハの方が本気だったでしょ? 途中から正気に戻っていたくせに」

「あー! 分かっていてやったのね。許せない」

「もう一戦やっとく?」

「えーい、二人ともその辺にするのじゃ!」

 その後二人の喧嘩は、倒れた咲田をシャイニー達が連れてきても続くのだった。

 ◼︎◻︎◼︎◻︎◼︎◻︎
 目が覚めた。

 もう無理かと思っていたが、目を覚ませた。

(こういう所だけタフなんだな、俺って)

「目を覚まされましたか、咲田さん」

 ベッドにでも寝かされているのか、視界の端にライノの姿が見える。

「ここは?」

「グリーンウッドにある宿の部屋です」

「グリーンウッド?」

 どうりで見覚えがあるなと思ったら、ここって収穫祭りの時に宿泊した宿屋か。

「え?! それ本当?」

「はい。森の姫巫女さんと歌姫さんにもお会いしました私達」

「そっか。何とかなったんだな二人」

「ただ、少し問題がありまして」

「問題?」

「実は私達が到着した時、お二人はかなりボロボロの姿でした」

「直前まで戦っていたからだろ? そのどこに問題が?」

「それがですね」


「俺はここまで馬鹿な人間を見たのは初めてだよ。特にグリアラ!」

「はい」

「ムウナを守るどころか、放置するとはどういう事だ! 呆れてものが言えないぞ」

「だって……」

「だってもなにもあるか!」

 三十分後、事情を知った俺は二人揃って説教。丸一日喧嘩しているとか、どれだけ仲悪いんだよ。

「まあ、何とかなったならいいけどさ」

「ツンデレかな」

「ツンデレですね」

「ツンデレじゃな」

「誰がツンデレだ! いつそんな言葉を覚えたんだよ」

 とにかくこれで光の歌姫と森の歌姫については一件落着。

「さて、次なんだけど……」

「その前に、咲田君に私達からお話があります」

「何だよシャイニー、改まって」

「咲田君、この前あなたに起きた事説明してほしいんです。何故あなたが倒れたのかを」

「何でって、それは……」

 俺の残りの命が、確実に少ないからだと思う。

 と口に出すことができなかった。何でかは分からないけど、それで余計な心配をかけたくなかったからだ。

「駄目ですよ咲田君、隠し事は」

「だから大した事ないってば」

「近づいてるのね。終わりが」

『え?!』

 グリアラの言葉に、他の三人が驚きの声を上げる。そういえばムウナは細かいところまで知らなかったっけ。

「終わりが近づいているってどういう事じゃ咲田。お主は元の体に戻っただけじゃないのか?」

「大体はあっているよ。けれど、まだ話していないことがあるんだ。歌姫二人にも聞いておいてもらいたいんだけど」

 俺は全ての経緯を三人に話した。

「それは……本当なのか?」

「ああ。そしてこれは、まだ誰にも話していなかったんだけど」

 一息を入れた後、俺は言葉を続けた。

「俺はもう長くはもたない。アライア姫にも言われたんだけど、俺は一度死んでいる身だから、いつこの体が終わりを迎える。勿論その魂も終わりを告げるんだ」

「そんな……まだ会ってそんなに経っておらんのに」

「元から俺はこの世界の人間じゃないんだ。帰るべき場所もある。だから許してくれ」

 もうすぐ本当の別れを迎える。それは寂しいけれど、向日葵達に一度だけでも会いたい。

(でもその前に、この世界を救わないとな)

 その後を考えるのは、世界に光が戻ってからだ。

「この夏俺は世界を守る巫女に生まれ変わりました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く