話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

この夏俺は世界を守る巫女に生まれ変わりました

りょう

第59話悲しみ残したまま

「咲田に、ムウナ……よかった無事で」

 俺達の声に反応したスウは、ムウナの姿を見て安心したかのようにその場に倒れこんだ。

「スウ、スウ!」

 俺の背中から飛び降りるような形で、ムウナは彼女の元へ急ぐ。とりあえずスウはムウナに任せて、俺は大地の歌姫を相手する。

「あんたが大地の歌姫か?」

「そうですわよ。わたくしは大地の歌姫ミラ。あなたがそこの彼女が言っていた異世界の人間ね」

「ああ、そうだ。だからどうした?」

「わたくしその子に言われたんですわよ。あなたに協力してほしいと」

「スウ、お前……」

「私は最初、反逆者の話などほとんど聞く耳持たずでしたわ。それでも彼女は必死に私に訴えかけてきましたわ。ずっと」

 ずっとということは、あの大きな揺れの後からという事だろうか? そうだとしたらもう既に、一時間以上は経っている。その間ずっと彼女は一人で戦っていたのか。ムウナの無事も祈って。

「あなた、世界を元に戻す為に私の力が必要なのでしたわね」

「ああ。今地上は闇に包まれて、光の一つもない。そこから光を取り戻すには、四人の歌姫の力が必要なんだ。あんたも含めてな」

「全く自業自得ですわよ。私達を地上から追い出した挙句、また世界を闇にしてしまうなんて。本来なら協力する気なんてありませんでしたが、この大地の歌姫、協力してあげることにしましたわ」

「え? いいのか?」

「いいも何も、私の力を必要としているなら協力いたしますわ。今回だけ特例ですわよ」

「ミラ……」

「それに、私も思うんですわよ。いつまでも拒絶していたって変われないって。そこの彼女が教えてくれましたわ」

 スウを見ながらミラはそう言った。その彼女は今にも息絶えそうで、ムウナが抱きかかえながら彼女の名を呼んでいた。

「スウ! まだ死んではいけぬ。お主にはまだ伝えたいことがあるのじゃ」

「情けない顔……しているんじゃないわよ全く。それじゃあこの先……大地の姫巫女やっていけないわよ……」

「何を言っておる。お主が大地の姫巫女じゃ。妾はもう普通の人間じゃ」

「だったら……私が……今あなたに継承するわ。大地の……姫巫女を」

「駄目じゃスウ! お主にはまだ生きてもらいたい! 妾の友として」

 涙で顔をぐしゃぐしゃにしながらも、必死に言葉を出すムウナ。友という言葉を聞いたスウは、少し微笑んだ後、

「やっと……なれたのか。私達……友達に……」

「やっとではない! 気づいていなかっただけで、妾達はずっと友だった。それはこれからもずっとじゃ。だから……」

「よかっ……た」

 安心したかのようにゆっくりと目を閉じる。そして彼女は、二度とその目を開くことはなかった。

「す、スウ? 返事をしておくれ。スウぅぅぅ」

 ◼︎◻︎◼︎◻︎◼︎◻︎
 その後、大地の歌姫のおかげもあってか、何も起きることなく地下を出た俺達。だが無事にとは言えなかった。ムウナは大切な友を失い、俺も大切な仲間を失ったという代償はあまりにも大きく、皆と合流してもしばらく言葉が出なかった。

(これが運命なのか? いや、絶対に違う。本当ならスウは死ななくて済んだ。それなのに、どうして……)

 ウォルティアに帰るのは明日になり、今日はグリーンウッドで休むことになったのだが、ショックが大きすぎて休むなんて事ができなかった。

(ムウナ大丈夫かな)

 ようやく友達になれたのに失うなんて辛すぎる。立ち直るのに、どれだけの時間を要するのだろうか? 俺は彼女にどう接すればいいのだろうか?

 分からない。

 何も分からない。

 彼女の痛みも。

 これからの事も。

 そう、今の俺にはどうすればいいか分からない。

 コンコン

「はい?」

 扉をノックする音が聞こえる。誰だろうか?

「咲田おるか?」

「む、ムウナ?!」

 俺は慌てて部屋の扉を開く。開いた先には、いつものように元気なムウナがいた。

「少しお主と話がしたい。部屋に入って良いか?」

「あ、ああ。いいけど、大丈夫なのかお前」

「何のことじゃ?」

「えっと、その……」

 かなり落ち込んでいると思っていたのが、いつも通りのムウナで思わず言葉を失ってしまう。

「と、とにかく中に入れよ」

 何も言葉が思いつかないので、彼女を部屋に招き入れる。

「何じゃ咲田、もしかして妾が落ち込んでいるとでも思っておったのか?」

「当たり前だろ。正直な話、俺だって落ち込んでいるんだから」

「お主の心は弱いのう。もっと強くならんと」

 笑顔でムウナはそう言った。だがその笑顔を見て、俺は気がついてしまった。

「何だよ、お前の方がもっと弱いじゃんムウナ」

「お? 負け惜しみか。情けないのう」

「負け惜しみじゃないよ。お前の顔に出ているんだよ」

 ムウナは我慢しているのだと。彼女は笑ってはいるが、その笑顔は引きつっている上、目からは大粒の涙が流れていた。

(全く無茶しやがって)

 泣きたいなら先に言えよ。

「な、な、何を言っておるのじゃ。わ、わ、妾はどうてことないぞ」

「無理すんな。涙を流している人間が、何もないわけないだろ」

「こ、こ、こ、これ、は……えっぐ」

「涙を我慢しても何も意味がないぞ。泣きたい時は、泣け」

「そう……うわぁぁぁん」

 泣きながら俺に飛びついてくるムウナ。俺はそれをしっかりと受け止めてあげた。

「ごめんなムウナ……スウを……助けてやれなくて……」

 そして俺も、もらい泣き、いやずっと我慢していた涙を流す。もっと早くに気づけば、こんな事にならなかった。だからムウナには申し訳なかった。無事に帰るって決めたのに、一人の命を守れなかったことを。

「そうたぁぁぁあ」

「ごめんな、ごめんな」

 こうして俺達のムウナ救出作戦は、悲しみだけを残したまま終わりを告げたのであった。

「この夏俺は世界を守る巫女に生まれ変わりました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く