話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

影が薄いけど魔法使いやっています

りょう

第13話滅びた村と大剣少女③

「ほ、本当の理由なんてあるわけないでしょ。私はただ、この村から離れたくないだけで」

「僕も話を聞いた時はそう思った。この村を、自分の居場所を守りたいって。でも、ハルカの家に入って気がついたことがある」

「気がついた事?」

 見た目は普通の部屋だし、何の違和感もない。でも僕が目に付けたのはそこではない。彼女が住処としたこの家の構造だった。

「ここ元は家とかじゃなくて、何かを守る為に作られた建物でしょ? 普通の家と比べたら部屋は縦長だし、それに」

 僕は部屋の奥に視線をやる。その地面には人が通れるような扉があった。恐らくあの地下の先に何かがあるのだろう。

「変な観察力持っているんだね。……でも正解よ」

「離れたくないんじゃなくて、離れないんだよね?」

「うん。これだけは何があっても守りたいから、私」

 そこまでして彼女が守りたいものが何なのかは分からないけど、もしそれが本当ならば彼女は、この先もそれを守る為に居続けるのだろう。
 たった一人でこの村に。

「そうか、それなら」

「納得してくれた?」

「うん。ミナさんにもそう説明しておく。だけど、一つ頼みを聞いてくれないかな」

「頼み?」

「僕達にもそれを守るのを手伝わせてくれないかな」

「え?」

 思わぬ言葉が出たからか、驚きを隠せていないハルカ。この先も彼女が一人で居続けるなんて、あまりにも可哀想すぎる。一年だけでも本当は辛かったはずなのに、更に何年も一人でいるなんて僕だったら耐えることができない。

「て、手伝うってどうやって」

「ここからアルカンディアまで半日かかる距離だから、毎日というわけにはいかないけど、定期的に僕のパーティのメンバーがクロムにやって来る。そうすればハルカだって、一人ぼっちにならなくて済むでしょ?」

「そ、そんな事本当にできるの?」

「やってみるさ。皆だって話せば理解してくれる」

「嬉しい……。でもいいの? 本当に」

「何度も言わせないでよ。やるって決めたからには、やる。理由はそれ以外にない」

「ありがとう、ユウマ」

 この世界に来て、間もなく一週間。こういう事をどうしても放っておく事ができない僕は、また新しい挑戦を始めることになったのだった。

 ■□■□■□
 結局その日は、ハルカと長話をしていたせいで大した睡眠時間が取れなかった。でも長く話したおかげで、ハルカとは打ち解けて、なかなかいい一晩を過ごせたのだった。
 そしてまだ皆が寝静まっている早朝。

「ふわぁ」

 一番最初に起きた僕は、外の空気を吸いに外へ出ていた。

(やっぱり慣れないところで寝ると、ぐっすり寝れないなぁ)

 まだ宿のベットは寝やすかったけど、ここは布団もなかったので地面で寝ていた。その為、起きるのも自然と早くなってしまった。

(それにしても……)

 改めて村を見直すと、魔王軍の力がどれほどのものだったのがよく分かる。一年経っても、こうして形に残っていて……。

(あれ、よく考えたらおかしくないか)

 村が滅びたのは一年前だというのに、どうしてここまで形をキープ出来ているのだろうか。一年も経てば、こんな風に当時のような形を残せるのなんて普通は難しい。

(ハルカが守ろうとしているものって、もしかして)

 時間を止める何かとかなのだろうか。

「永遠の魔法、我々はそう呼んでいる」

 声がどこからか聞こえる。

「誰だ!」

 僕は声がした方を向くが、そこには誰もいない。

「ここだよ、少年」

 背後から声がしたかと思ったら、僕は強烈な眠気に襲わる。

(睡眠魔法か)

 僕はギリギリのところで意識を保ち、声の主と対峙する。

「あの狂戦士を討ち取った者と聞いたが、まさか私の睡眠魔法に耐えきるとは」

 僕を襲撃したのは、フードを被った人物。顔は認識できないものの、声からして女性だろうか。

「お前は何者だ」

「それはこちらが聞きたいところだが、それはいい。それよりこの村の事を知りたいのだろう」

「何か知っているの?」

「知っていると言えばク嘘になるかもしれない。しかし、この村にかかっている魔法については知っている」

「そういえばさっき、永遠の魔法って言っていたけど、それの事?」

「永遠の魔法、それはまさに言葉の通りで、すべての時間を止めて、永遠の時を過ごす事ができる。ただし、その代償としてその魔法を使ったら、その者と周囲の人間の時も止めてしまう」

「それってどういう」

「そこにいる少女に聞く方が早いだろう」

「あ」

 背後から声がする。そこにはハルカが立っていた。

「ハルカ」

「ごめんユウマ」

 それだけ言うとハルカは逃げ出してしまう。僕は急いでその姿を追う。

「待ってハルカ、君はもしかしてこの村に」

「私は……私は」

 彼女の足取りは重かったのか、すぐに追いついてその手を掴む。

「何かあったならちゃんと教えてほしい。僕やアリスにも分かるように」

「私はただ、この村を永遠のものにしたかったの。たとえ魔王軍の襲撃でボロボロになったとしても、形だけを残しておきたかった。たとえそれが、大きな代償を払う事になったとしても」

「じゃあハルカは本当に」

「私は一生この姿で過ごすの。しかも死ぬ事もできない。だから一人で……ずっと過ごしていたかった」

「じゃあもしかしてミナさんは」

「それも分かっていて、私を保護しようとしていたの。でも私はもう……」

 そこまで言ったところで、ハルカは泣き崩れてしまう。たぶんずっと誰にも話せなくて、辛かったのだろう。でも今は彼女の側には僕達がいる。

「昨日も言ったけど、ハルカはもう一人じゃない。僕達が協力する。それだけは絶対に約束するから、信じてほしい」

「ユウマ……」

 気がつけば空は、今の彼女の心を表すかのように雨が降り出していた。

「影が薄いけど魔法使いやっています」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く