異世界リベンジャー

チョーカー

死に場所を求め

 視覚を奪われたパワードスーツ。まさか、外に出てガラスの汚れをふき取るなんて不可能だろう。
 もはや、シェルに残された選択肢は逃げの一手だった。
 勢いよく、俺に背を向けて、全速力で遠ざかって行った。
 俺は、追撃を仕掛ける事もなく、見送るだけだった。
 さて―――
 俺はアセシを見る。彼の表情から内心は読めない。
 彼に取っての俺は――――姉殺し。
 肉親を殺した裏切り者でしかない。

 「……」
 「……」

 互いに無言の時間が続く。
 先に口を開いたのは、アセシだった。

 「姉はどうででしたか?」

 俺は少し考えて、「……強かったよ」とだけ答える。

 「……そうですか?それは正々堂々とした決闘でしたか?」

 「……」と、俺はその問いに答える事はできなかった。
 そんな俺の様子を、アセシはどう感じ取ったのだろうか?

 「貴方に殺されるなら、姉はきっと本望だったでしょう。認めた相手を戦い、命を散らす。むしろ、騎士の本懐と言っても過言ではない。だが、それは穢されていたのですね」

 アセシからが発しているのは怒りだった。

 「姉は裏切られた。忠義を尽くした国に、最後は内面をズタズタに切り裂かれた……では、僕はどうすればいいのでしょ?」

 「お前の好きにしろ」

 俺は投げやり気味に答えた。
 もう――――俺は――――
 それに答えてやる立場じゃない。

 「俺を殺したいと言うなら……全てが終わったら、それも構わない」
 「……それはユズルさん」とアセシは急に力を抜けたような口調になる。
 「それは、貴方が自分のために、死に場所を探しているだけでしょ?」
 「あぁ、そうだな」

 俺はあっさりと肯定する。
 そうか、俺は死にたくなっていたのか。
 けど、死ねない。なぜなら、死の直前にクルスからモナルの事を頼まれたから……
 ひょっとして、クルスは俺が死にたがる事を想定して、そう言ったのかもしれない。
 事実、俺はモナルを守るために死ねない。

 ……本当に?


 今も、腕の中で眠っているモナルの顔を眺める。
 モナルだけなら、狙われる理由はない?
 いや、ここまで大きくなった騒動に置いて渦中の人物であるモナルには、命を狙われる理由は大いにある。しかし、それと同様に彼女を守ろうとする勢力もあるはずだ。
 まさか、全ての国民が彼女の敵になるわけではない。
 それだったら……

 「アセシ」
 「はい、何でしょうか?」
 「モナルを任せられるような人物……任せて、必ず命を保障してくれる人物に心当たりはあるか?」
 「そりゃ、もちろん。たくさんいますよ」
 「……そうか。それじゃ、頼まれてくれるか?」
 「それは構いませんが……ところでユズルさん」
 「なんだ?」
 「僕は今まで、人に言えない事をやっていました」
 「あぁ、なんとなくは察してた」
 「実は、『魔王』軍と通じてました」
 「……驚かねぇよ?」

 「できるかもしれまんよ。貴方に――――貴方に相応しい死に場所を用意する事が」

 「……」

 この時、俺はどんな表情を浮かべていたのだろうか?

 
 

「異世界リベンジャー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く