異世界リベンジャー

チョーカー

謎の落下物

 文字通り、城から飛び出した。
 下に広がる城下町の光を浴びながら飛翔。
 星と人工物の光。こんな時でも上下の輝きが美しく、幻想的に感じられる。
 それも、すぐに飛び越えて落下が始まる。
 落下先は漆黒の暗闇。 地理的には森が広がっている……はず。
 俺の単独飛行なら、自由落下に身を任せてもいいが、負傷し、意識を失ったモナルは、着地の衝撃に耐えられないだろう。
 俺は一瞬だけ魔力を放出させ、着地の瞬間に訪れた衝撃を相殺する。

 「……なんとか逃げ切れたか」とため息を一つ。
 緊張した感情を弛緩させ、力を抜く。
 腕の中で眠るモナルの容態を確認する。
 状態は安定している。 このまま、問題なく完治するはずだ。

 「さて……これからどうしたものか……」

 少し悩む。
 俺一人だったら、元の世界に帰還する選択肢がある。
 しかし、モナルが一緒ならどうするか?モナルは、俺の世界についてきてくれるか? 
 いや、別に俺がこの世界に残ってもいい。
 どこかで、田んぼでも作って人目を避けながらでも生きていける……はずだ。
 まぁ、そんな事を考えても、結局はモナル次第だ。
 俺は……モナルの選択肢を受け入れよう。それでいい……いや、それがいい。
 俺がそんな事を考えていた時だった。

 それは背後からの爆音。そして、衝撃。

 「――――なッ!?」

 思わず、振り返る。

 ほんの数十メートル先で何かが、落下している。
 俺は反射的に空を見上げた。隕石だと思ったのだ。
 メテオ系の攻撃魔法?
 どうして、魔法で隕石を引き寄せて攻撃に使用するのか、よくわからないが―――――
 しかし、違う。 魔力が残っていない。
 空にも、ナニカの落下地点にも……

 じゃ、何が起こった?

 たまたま、偶然にも隕石が落下してきた?
 ない話ではない……かもしれないが、確率的には天文学的な数字ってやつになるだろう。
 俺は警戒心を強めながら、落下地点に近づいた。

 それはクレーター。 地上に大きな穴が開いている。
 周囲には衝撃に巻き込まれ倒れた木々。
 相当な熱量があったのか? 多くの木々には火がつき、燃えている。
 そして、その中心点には――――

 「なんだありゃ?」

 思わず、声にでた。
 中心点にあったのは、黒い塊。
 形状を例えるなら、丸まったダンゴムシに近い。
 しかし、当然ながら、ダンゴムシではない。
 ダンゴムシにしてはデカすぎるのだ。
 大きさで言えば、2階建ての民家と同等のサイズ。

 ――――いや、俺はこの世界の生態系を知らない。
 こういう空から落下してくる生態を持った巨大ダンゴムシが存在しないとは限らない。
 なんせ、ここは異世界。 今だに見た事はないが……モンスターとか言われる生物が存在しないとは――――

 『いやはや、まさか、待っててくれているとは思ってみませんでしたよ』

 声。
 クレーターの中心部から―――― 巨大ダンゴムシから――――
 聞き覚えがある声がする。
 聞き覚え? いや、少し前に会話していた人物の声だ。

 シェルの声が聞こえてくる。

  

「異世界リベンジャー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く