異世界リベンジャー

チョーカー

襲撃

 俺はモナルの名前を叫ぶ。
 しかし、声がでない。出てくるのは擦れた音。
 疲労か?それとも戦いのダメージが原因か?
 鉛のようにドロリとした液体が喉に纏わりついている。
 それでも、声を上げ続ける。

 「……モ…………モナ…ル…… モナル!」

 出てきた声は、しゃがれ声。まるで別人の声だ。
 それでも、声を張り上げる。

 「ユズル!どうして…何があったのです!」

 悲鳴のような声。やがて、声の主を見つける。
 彼女の―――モナルの姿を見た瞬間、体から力が抜けてくる。
 でも、ダメだ。
 彼女に伝えなければならない事がある。
 クルスの死を……

 「そ、そんな……」

 クルスの最後を知り、モナルの表情は見る見るうちに青ざめていく。 

 「落ち着くんだモナル。これを仕組んだ人間は、城の中にいる。それもクルスに命令ができる人物だ。誰か心当たりはないか?」

 モナルは首を横に振る。

 「わかりません。クルスに命令ができる人間なんて、私を除けば数人しかいないはずのに……」

 「……」と俺は無言になり考え始めた。
 クルスに命令ができる立場の人間は限られている。
 そんな人物は……モナルが言う通り数人しかいない。
 容疑者は数人に絞られた。しかし、それは良い事ではない。
 なぜなら、ソイツは間違いなく力を持っている。それも権力という力だ。
 ここに留まれば、留まるほど、ソイツはジリジリと包囲網を縮めていく。
 だから――――

 「モナル、俺と一緒に、ここから逃げ出さないか?」

 俺は彼女に手を差し出した。
 不思議だ。少し前までは、あんなにも疑心暗鬼だったのに――――
 モナルに会ってから、そんな疑いは起こらない。 
 彼女に裏切られたら、この世界で何も信じられなくなる。
 ひょっとしたら、俺の深層心理の奥深くでは、そんな考えがあって、無条件にモナルを信頼しているのかもしれない。
 けれども、それでも、おれは……

 「……」

 モナルは無言だ。彼女が浮かべる表情からは、困惑と不安が感じ取れる。
 それでも、俺は辛抱辛く、無言で待った。
 例え、彼女がこの手を振り払っても、俺は彼女を恨む事はしない。
 1人で、この世界を生き抜き。元の世界に戻って見せる。だから……

 やがて、モナルの表情から決意というものが見えた。
 そこに困惑と不安は消え失せている。
 彼女は俺が差し出す手を握ろとして……倒れていった。

 「え?」

 何が起こった?俺は前のめりに倒れていくモナルの体を慌てて支える。
 ぬるっとした手ごたえ。それは血だった。
 彼女の左胸から血液が流れ出ている。
 何が起こったのか? 魔力は感知しなかった。
 一体誰が、どんな方法で攻撃を仕掛けてきたのか?
 俺はモナルの体を抱きかかえると治癒魔法を発動させる。
 それと同時に周囲に向けて探索用の魔力を広げる。 

 そして、ソイツはすぐに見つかった。
 屋上の庭園。その小さな木に隠れていたソイツ。
 ソイツは――――


 探究者シェル

 ――――だった。
 

「異世界リベンジャー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く