異世界リベンジャー

チョーカー

そして死闘にて

 俺は、炎の弾丸を作る。指1本に弾丸1つ分。
 今の俺の魔力では、これが精いっぱい。死に至るほどの威力はでない。
 だが、それでいい。俺はクルスを殺すつもりなんてない。
 何とか無事に制圧できればいい。むしろ、そっちの方が難易度が高めではあるが……
 そして、弾丸を放つ。 しかし――――クルスは回避も防御も行わず微動だにすらしない。

 「避けない!なぜ!?」

 俺は思わず、驚きの声を上げる。
 しかし、その疑問は、次の瞬間に解決した。  
 5つの弾丸は、クルスに着弾した瞬間に形状が瓦解し、崩れ落ちた。

 「対魔法防御用を仕込んでいやがるのか!」

 その時が来る。 天井に張り付く俺に重力が仕事を開始する。
 クルスが放つ対空技。 放たれれば、見てからの回避は不能。
 そして、それは――――


 放たれた。


 跳躍……というよりも、それは飛翔。
 高速で飛来するそれは、肉眼で捉えるのが不可能な領域に侵入する。
 それに対して俺は――――

 「ち、畜生、畜生があぁ!」

 左手で右腕を掴む。魔力による回復力も全自動超回復も低下しているが、神経や血管は繋ぎ合っている。

 それを俺は―――――



 無理やり引きちぎった。


 塞ぎかけた血管が、再び―――そして無理矢理に―――開かれ、勢いより飛び出した鮮血によって空間を赤の液体で染め上げる。
 俺とクルスの間合い。そこに存在していなかった障害物が、突如として現れる。
 言ってしまえば、ただの目つぶし……
 しかし、肉眼で捉える事すら困難なレベルで飛ぶクルスにしてみれば、極僅かな障害物ですら―――

 確かな障害になる。

 事実、俺の鮮血を顔面に浴びたクルスの剣先は、俺の体に達する事はなかった。
 大きくぶれた一撃は、俺の背後にある天井に着弾した。

 城を大きく揺さぶる振動。
 天井にできた巨大なクレーター。
 部屋は紅で染められている。
 空間には、新たな鮮血が舞い上がり、落下している。
 これが2人の人間の闘争によるものだと、誰が信じるだろうか?
 ――――いや、ちがうのか。 これは魔人と、それを退治しようとする人間の戦いか?
 おそらく、それは正しい。
 だから、クルスは、もう俺に言葉をかけてこない。
 修羅のように、悪鬼羅刹のように、俺を殺しにきている。

 けれども――――だからと言って―――― 
 割り切れるほど、俺たちは――――

 「なぁ、どうしてだよ?どうして俺たちは戦っているんだ?……答えてくれよ」

 俺はクルスに対して言葉を投げかける。
 独り言と同じようなものだ。決して帰ってくるはずのない言葉だと理解した――――

 「なぁ、ユズル。私はお前の事が……たぶん好きだ」
 「――――ッッッ!?」

 帰ってこない。決してコミュニケーションが不可能だと思っていた。
 そのクルスからの返答に俺は、心底驚いた。

 「私には、これまでなかった、よくわからない感情だった。もちろん異性として好きだ。敬愛し、憧れ、人として魅かれている。しかし――――」
 「なら、なんで俺たちは――――」
 「私は女である前に国家の剣である事を選択した。それだけだ!」

 クルスの目に燈るのは殺意の炎。 黒い意志が瞳に揺れている。
 次にクルスが取った構えは――――

 彼女の剣技において最強の一撃。
 かつて、俺に放たれたソレとは違い。
 真剣で――――
 聖剣で――――
 魔人を殺す事に特化しているであろう剣で―――― 
 俺に向けられている。


 

「異世界リベンジャー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く