異世界リベンジャー

チョーカー

輪廻転生

 「そもそも、人間ってのはアンタが想像している以上に死ぬもんだ。
 それこそ、名誉や信念。あるいは金銭目的でも死ぬ奴は死ぬ。それも、あっけなく、簡単にな」
 「あっけなく……簡単に…」

 俺は火野烈弥の言葉を反復していた。
 自分の考えソレをあっさりと否定され、少なからずのショックを受けてしまったのだ。

 「コイツは先の価値観の相違って奴に繋がるが……実の所、荻原みどりの死に関係はない……いや、ないとは言いきれないが、それは希薄なもんよ」
 「つまり、荻原みどりが死んだ理由は、名誉でも信念でも、ましてや金でもない。そういう事か?」
 「あぁ、そう思ってくれて構わない。ついでに付け加えると、アイツがお前に恋い焦がれた末に愛ゆえに死んだってのも違うぜ」
 「……」

 それじゃ、なんだ?どんな理由で?
 今の俺には見当もつかない。もっとも、俺は荻原みどり個人の情報がない。皆無だ。
 どんな人間だったのか知らない。だから、見当なんてつけられない。
 そんな俺の心情を読んだのか、火野烈弥は笑った。
 大笑いだった。笑い過ぎて、大きく呼吸を乱し、咳き込むほどだった。
 暫く乱れた呼吸を整え、真面目な口調で言う。

 「アンタは輪廻転生っての信じるか?」

 一瞬、「はぁ?」と出そうになった声を止め、俺は考える。
 ここは魔法がある世界。俺たち魔人は、魔法を感覚で使用できる。 
 しかし、それゆえに忘れがちな事だが――――
 魔法は理論が存在して初めて成り立つもの。
 その事から考えても答えは明白だ。

 「輪廻転生などあり得ない」

 俺は断言した。生まれ変わりの理論なんて人間が到達できる範囲外だ。
 それを魔法によって再現する事は不可能。
 現に今、俺は無意識に輪廻転生の魔法を練っているが使用できていない。
 しかし――――

 「だが、それに等しい現象なら可能だ」
 「……な、なん…だと?」

 俺は論理を修正する。限りなく輪廻や生まれ変わりに近い魔法。 
 その可能性の組み立て。
 まるで雲を掴むような話。雲を掴むが如く難易度。
 しかし、可能性は広まった。答えはでないけれども……
 そして、思い起こしたのは彼女の言葉。
 彼女を交わした最後の言葉は、酷く抽象的で意味は分からなかったけれども……いや、そのだからだろうか? 時が経過した今でも、奇妙なほど鮮明に思いだせる。

 
  『全ては貴方のため』
  『俺のため?』
  『そう、貴方の運命は険しい。これは予言より確実で、現象としては過去の事』
  『何を……それは、一体?』
  『貴方は裏切られる。この世界は貴方を裏切る。だから、私は命を対価に運命を―――せめて、貴方の運命だけを捻じ曲げる事にした』
  『わからない。お前が何を言っているのかわからない』

 輪廻転生が可能か、どうかはわからない。
 しかし、彼女の言葉を思い返せば、彼女自身が信じていたふしがある。
 魔人たる彼女が、理論的に納得できる輪廻転生が存在していたのだろうか?
 

「異世界リベンジャー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く