異世界リベンジャー

チョーカー

クルスの疲労感とお姫様抱っこ

 「よう」と俺は片手を上げ、クルスに簡単な挨拶をする。
 しかし―――
 「・・・・・・」とクルスは無言で階段を下り続ける。 
 俺を無視してるのか?・・・いや、違う。
無言のまま、迫ってくるクルス。俺は階段の端によると、そのままクルスは通過していく。
 すれ違い様、間近に見たクルスの様子は―――

「おいッ!」

 俺は思わず、大きな声を出す。
 焦点が合わない瞳。憔悴しきった表情。どう見ても尋常ではない。
 「あっ? あぁ、ユズルか、いたのか。まるで気がつかなかったぞ」
 「気がつかなかったって…お前……」

 一体、彼女に何があったのか?
 そう思ったのも一瞬。すぐに原因に思い当たる。

 「お前、ずっとモナルの護衛を行っていたのか?不眠不休で?」

 俺は逆算する。魔人化してからの俺は睡眠時間が大幅に減少している。
 そのため、時間間隔にズレが生じ、正確な日時の判断能力が狂っているのだ。

 「……2日間、寝てないのか?」
 「当たり前だろ?私は、名誉ある親衛隊の隊長に選ばれたんだ。本当なら、今でもモナルさまのそばに使えなければならないのだが……どうやら私の役立たずな体では、そんな簡単な事も出来ないらしい。モナルさまから、休息を取るように強いられてしまった」
 「……」

 確かに……いつ、どのような方法で現れるかもしれない敵。そんな相手から、常にモナルを守れる判断力と瞬発力を持った人間は、ナシオンでも数人しかいないだろう。
 しかし、その疲労は想像以上だろう。 休む事が許されず、常に気を張り続けないといけない。
 それは、いくらクルスとは言え、激しい体力の消費が代償となる。
 それを防ぐために、親衛隊を組織し、クルスの消耗を抑えようとしてたのだろうが―――
 (たぶん、コイツは……全部、1人でやろうとしてしまったのか……)
 しかし、クルスは心配ないと言う。

 「心配するな。30分だ。30分で体力を取り戻し、体調を整えて見せる」

 クルスは今にも倒れそうにも見えるが、そんな体でも気丈に宣言する。
 そんな彼女を見て、俺は―――

 「お前、馬鹿だろ」
 「なっ!私が馬鹿だと?」
 「そういう時は、人を頼れ。信頼しろ。最悪、俺の体だってモナルの盾になってやるよ」

 俺は一気に捲し立てた。
 ひょっとすると、クルスも俺を裏切り者だと思っているかもしれない。
 ―――けれども、構うものか。
 一方、クルスは「……」と無言だ。
 やっぱり、ダメか。そう思い、クルスの表情を窺うと、彼女は驚きの表情を見せている。
 だから、俺は言葉を続けていく。

 「別に俺を信用しろとは言わない。でも―――」

 それをクルスが遮った。

  「いいや。お前なら信用できる人物だ。……頼むよ。モナルさまは強いから……常に強くあろうとしてるから……モナルさまも弱さが必要なんだ。お前が、ユズルがそうなってくれれば……」

 クルスは最後まで喋れなかった。
 気を失い。前のめりに倒れていく。
 地面に衝突する直前、何とか間に合った。
 俺はクルスの体を抱きかかえるように支える。
 その体は想像よりも軽い。

 「……やっぱり、お前は馬鹿だよ。強くあろうとしてるのは、お前も同じじゃないか」

 しかし―――
 「しかし、どうしたものか?」
 大声を上げれば、誰か来て、手伝ってくれそうだが……
 大声を出した結果、体を休めているクルスの目を覚まさせたくない。

 「仕方ないか。これは不可抗力。そう、これは不可抗力なんだ」
 そう、自分に言い聞かせ、クルスの体を持ち上げた。
 俗にいう、お姫様抱っこってやつだ。
 この世界にも、お姫様抱っこは……あるだろうな。
 そう言えば、モナルと街に出た日も、モナルの正体がばれて、お姫様抱っこで逃げたんだった。

 「……」
 その直後、殺意を振りまいて現れたクルスを思い出してしまった。

 「しかし、まぁ……」

 人間、変わるものだな。……いや、人間が変わるんじゃなくて、互いの関係性、あるいは立場か……
 別に、俺もクルスも、変わってないはずだ。
 だったら、もっと―――

 世の中、平和になる方法はないものかな?

 敵対していた俺とクルスに、少しばかりの信頼感が生まれたように……
 そんな事が考えながら、俺はクルスが休める場所を目指して、歩き始める。
  

「異世界リベンジャー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く