異世界リベンジャー

チョーカー

食虫植物たちの猛攻

 襲い掛かってくる食虫植物に、俺は火炎と放射する。
 だが、食虫植物の数が多い。 圧倒的に手数が足りない。
 燃やされるのを顧みぬ事もなく、食虫植物たちは前に出る。
 もっとも、植物である以上は、知性があっての行動ではなく、反応に近い動いなのだろうが……
 俺は構わず、放射前の火炎を拳に乗せて殴り倒す。
 剣にも炎を付加エンチャートさせて切り払う。
 それを何度も、何度も繰り返す。
 意外なのは植物に炎の効き目が弱い。
 サボテンが砂漠で平気なのは、水分の蒸発を防ぐ機能があると聞いた事があるが、水を中に溜め込んでいるのか? 
 食虫植物の根っこを見る。
 まるで人間の足だ。完全に二足歩行をしているようにしか見えない。
 植物は根っこから水分を吸収してたりするらしいが……
 植物の魔改造は、俺の専門外で想像すらできない。

 おっと、油断していると―――
 牙が生え揃った咢が、俺の服をかすめていく。
 牙に裾が引っ掛かり、その勢いで体が持って行かれそうになる。
 だが、抵抗するのではなく、勢いを利用する。
 そのまま、体を半回転させながら、勢いを載せて剣を振るう。
 回転切りだ。
 一体目……いや、一輪目か。
 一輪目を真っ二つにすると、さらに回転を強める。
 自身の体をコマのように加速させ、周囲の食虫植物に切りつける。
 連続回転切り。
 相手が植物とあってか、たぶん上から見ると、刃が回転するタイプの草刈機に似て見える事だろう。
 スパッ スパッ スパッと音を生み出しながら、食虫植物たちを一掃していく。
 気がつくと食虫植物が距離を取り始めた。
 無造作に襲っても、返り討ちにあうと理解したのだろうか?
 知能がないはずなのに?
 そして、十分に距離が取れたと判断したのだろう。
 自身のつるを鞭のように振るってきた。
 速い。 見てからの回避は困難。事前予想で剣を振るい、つるの鞭を追撃する。
 一撃、一撃を切り落としていく。不意に、視界の隅で異物を捉えた。
 高速で迫ってくるそれをギリギリで躱す。
 見るからに硬そうな球体。それは、どこからどう見ても植物の種。
 食虫植物たちは自分たちの種すら武器に使い始めたのだ。
 鞭と種。遠距離攻撃のコンビネーション。
 コイツら、もしかして、知能があるのか?
 数に物を言わせた隙のない連続攻撃。
 ジリ貧だ。このままだと、いずれは力尽きて倒れてしまう―――否。
 集中力が途切れただけで、集中砲火を受けてしまう。
 これは、もう対処方法が思いつかない。
 それがわかっているのか、心なしか植物たちが笑っているように見える。
 「……だめだ。これはダメだ。対策が練れない。もう少し早く使われていたら……

 負けていた」

 俺が言い終えた。そのタイミング。
 食虫植物たちは……
 勢いよく、バタバタと音を立てながら倒れ始めた。

「異世界リベンジャー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く