異世界リベンジャー

チョーカー

VS荻原みどり

 俺は地面と強めに踏みつける。
 まるで噴水のような勢いで水柱が立ち上がる。

 「ここまで緑が茂り、若葉が萌える場所ならば、地下に大量の水分があるはずだ」

 俺は、地下水を操り、食虫植物の根っこに送り込んだ。
 血管に入り込んだ針が体内を循環するように、水分は植物のキャパシティを超えて……
 「まぁ、要するに強制的に寝腐らしを引き起こしたわけだが―――そろそろ、出てきたらどうだ?」
 枯れているのは食虫植物だけではない。視界を妨げていた周囲の森林も腐り倒れていく。
 つまり、彼女の身を隠していた場所が消えたということだ。
 そして彼女―――荻原みどりは姿を現す。

 「よく言うよ。ただの水で私の操る植物が腐る?何か手を加えただろ?」
 「そりゃ、魔力を微調整して作った不純物を含ませたけどね」

 彼女は愉快そうに笑う。……その不自然なほどの余裕は、俺が警戒を強める理由に足りる。
 彼女の姿は、まるでアマゾネスだ。胸元は頼りなさげな布で覆われ、下半身は水着のパレオを腰に巻きつけている。
 およそ、森の中で戦闘するには、相応しくない装備ではある。
 もっとも、地面と自然を操る魔法が主力なら、肌を露出したところで怪我はしないのだろう。
 それよりも気になる事は―――

 「おや?こいつが、私の相棒が気になるのかい?」

 彼女は自分の武器を自慢するかのように見せ付けてくる。実際に自慢しいるのだろうけど……
 彼女の武器は木刀。いや、正確には違うのかもしれない。
 長さで言えば木刀。しかし、その形状だけならば、棍棒のような鈍器に近い。
 一番、近いのは野球のバットか?
 その武器を右手でつかみ、左の手のひらでポンポンと軽く叩いている。

 「おや?コイツが!私の、わ た しの相棒が気になるのかい!?」

 余程、自慢したいのか?口調を強調しながら、さっきと同じせりふを繰り返す彼女に俺は
 「いや、この展開で姿を見せた理由が気になったから考えてただけだが……」
 正直に答えた。

 「よし。殺そう。殺すとき、殺せねば、ぶっころ!」

 次の瞬間―――

 荻原みどりは目前に迫っていた。
 しゃがみこんだ俺の頭上を低い風きり音が通過しいく。
 ぎりぎりで彼女の鈍器を回避した。しかし―――次の攻撃は避けられなかった。
 しゃがみ込んだ俺の顔面に、彼女の蹴りが入る。
 体が跳ね上がり、後ろに倒れそうになるも、何とか踏みとどまる。
 が、浮遊感。
 いつの間にか、腰の手が回され体をロックされている。
 視界は加速していく。
 最初は自然の緑。それが空の青に変わり、再び緑。
 そして、視界を覆ったのは土の色。

 その技の名前は岩石落とし。

 かつて、ルーテーズというレスラーが世界に広めた投げ技。


 別名 バックドロップ
 

「異世界リベンジャー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く