異世界リベンジャー

チョーカー

荻原みどりの死

 「……12年前?何を言っているんだ?」
 心当たりはない。
 当たり前だ。12年前の俺は、まだ小学生にもなっていない。
 そんな年齢で、他人を助けられるのか? 
 助けたとしても、そんな印象的な出来事を忘れているのか?
 例え小学生だとしても、記憶がないはずがない。
 そう、心当たりはない……はず……

 本当に?

 本当にそうなのか?何か誤魔化していないか?
 自分で自分を偽っていないか?

 俺の心が問いかけてくる。
 嗚呼、普段の俺なら気がつかないだろう。
 しかし、今の俺は『比類なき神々しい瞬間』が発動している。
 フル回転している脳は、眠っている希薄な情報をサルベージを行っている。
 過去に出会った人物の顔を掘り下げ、荻原みどりの顔を認証していく。
 膨大な情報量を瞬時に処理した結果……
 当てはまる人物が浮かび上がった。

 「そんな……そんな馬鹿な…」

 当てはまった人物。
 それは、俺に取っては、暫く前の出来事。
 迫ってくる鋼鉄の物体。 今でも耳に残る甲高い音。
 俺がこの世界に来る事になったきっかけ……
 反射的に道路に飛び出した俺。

 「そうか……君だったのか」

 もはや、誤魔化しきれない。

 彼女は――――彼女の正体は―――― 

 「ようやく、思い出してくれましたか」

 彼女は笑みを浮かべる。優しい笑顔は痛々しさが見て取れる。
 俺は、そんな彼女を見ながら頷く。

 「あぁ、思い出したよ。君は―――

 あの時、道路に飛び出した子供だったのか」

 そうだ。俺は、道路に飛び出した子供を助けた時の衝撃で、この世界―――異世界に飛ばされたのだ。
 全ての始まりの少女は、俺の手によって、胸を貫かれ、死に向かっている。
 既に俺の手から治癒の魔法を傷口に放出されているが――――その全ては弾かれている。
 魔法を弾く魔法。荻原みどりは、俺からの治療を否定する。
 幾人もの生命を救うであろう魔力が延命治療の代わりにしかならない。
 そして、弾かれた魔力は空気中にまき散らされ、草花の成長を促進していく。
 裂き乱されては枯れていく花々。その光景は、ごく僅か時間で四季を演出する。
 まるで、本来ならば、荻原みどりは歩むべき年月を肩代わりするかのように。 

 「なぜ、こんな事に?」

 俺にはわからなかった。
 なぜ、彼女は俺の目の前に立ちはだかったのか? なぜ、俺と戦い死ななければならなかったのか?
 そんな俺の疑問に彼女は答える。

 「全ては貴方のため」
 「俺のため?」
 「そう、貴方の運命は険しい。これは予言より確実で、現象としては過去の事」
 「何を……それは、一体?」
 「貴方は裏切られる。この世界は貴方を裏切る。だから、私は命を対価に運命を―――せめて、貴方の運命だけを捻じ曲げる事にした」
 「わからない。お前が何を言っているのかわからない」

 気がつけば俺は叫んでいた。叫び泣いていた。
 それは不思議な事だった。
 たった2度。そうたったの2回しか会った事のない少女。
 その死の間際に立ち会っている。それが、どうして、こうも揺さぶられるのか?
 まるで、足元がガラガラと音を立てて崩れていくような感覚を味わっているのか?
 全てがわからない。
 ただ、わかる事は、俺のために――――俺の知らない理由のために命を散らしたという事だけだった。

「異世界リベンジャー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く